2007年06月20日

八人八色(その内一色ソロ活動中) −SOLO Collection tune−

どうも〜!
アルバムPR活動中のダビング作業に追われてるAYA〜♪ですけども〜。
しかもチャンネル権がないんでなかなか作業にかかれなくて
ついでにPCがなかなか立ち上がってくれなくて
正にストレスいっぱいのAYA〜♪ですけども〜。
癒してくれよ〜マイダーリン♪
ってなワケで、なかなか仕上がらんかったソロ曲の感想を一気にどうぞ。


■琉我
コッレは誰が何と言おうと…
っていうか、誰も何も言わんと思う。

正調すばる節

…よねぇ。うん、いかにもすばるくんの歌。
この『琉我』ってタイトル、
ど〜んな意味が込められてるんやろう!
って思ってたら「〜るわ」やったのね。
漢字の意味まで調べたってのに…ヤられたわ。
でもすばるくんって
『エロい』でもない…
『色っぽい』でもない…

『エロっぽい』

よね…ニュアンス汲んでね。

■わたし鏡
これマジ完成度高いよね〜!
私、元々ヤスくんの作る曲好きなのよ。
『ONE』とか『アメちゃん』とかね。
でもさ…
なんか歌詞で小細工してらっしゃるでしょ?(←ザ!シツレイ)
日本語苦手なわりには凝ってらっしゃるでしょ?(←やっぱシツレイ)
それがど〜も…こそばくてね。
入りきれないモンがあったのよ。
ぃやでも、やっぱイイ歌よ。
じっくり聞くと込み上げてくるモンあるよね…。

■MAGIC WORD 〜僕なりの…〜
この曲、ワイドショーのコンサート映像でチラッと聞いて
いちばん気に入ったのよ。
でも、まさか「パァーン!」「テキサース!」の曲やったとは…。
これを歌にしてしまおぅと思ったマルちゃんってスゴいよね。
あ、いやいやHANNYA MANやったね…。
途中のセリフは完璧よね…さすがマルちゃん!
最初にカラオケで歌うソロ曲はこれかもね〜。

そっか…「パァーン!」する時はヒトに当たったらあかんねや…。
その辺の気遣いもマルちゃん!…か?

■まもりたい

………大倉さんやぁ………

もぅねぇ…
確信犯大倉にしてこのタイトル!
…にしてあのパフォーマンス!
いやぁん!直視できなぁ〜い!
これで世のおねぇちゃん方が堕ちちゃわれるんだわ…。
んでもキレイな曲よね。
星空の下で歌ってほしいよね。

■WONDER BOY
実はこの曲がいちばんスキ♪
ラップはまぁまぁやねんけど、
空を駆け抜けるような流れるメロディがエエわ。
最初の

「ついてこい beauty な my ガール」

のヨコ…めっちゃカッコエエ!
ちょっとドキドキしちゃうよね〜☆

■Forward
いやぁ…エエ曲付けてもらって良かったねぇ。
すごくイイ感じやと思うよ。
なんかヒナちゃんが仕事終わりに
スポーツバーでサッカー観戦してる姿が目に浮かぶわ。
この詞に書かれてるのがヒナちゃんの心情そのままなんやとしたら
自分の弱さを自分の可能性で塗りつぶして
一生懸命気持ちを奮い立たせて
前に進んでるんやなぁ…って。
すごく後押ししてあげたくなっちゃったわ♪
しかし歌ヘタやなぁ…。
ダンスで魅せてくれるのを期待してるよ〜。

■stereo
亮ちゃんの詞って、言いたいコトがいっぱい詰まってて
一生懸命聞かんとあかんから
実はちょっとしんどいなぁって思ってたのよ。
んでこの歌は歌詞があまりにリアルやって聞いてたし
逆にテキトーに流して聞いててん。

うんリアル。
確かにリアル。
妙にリアル。

やだ…亮ちゃんったら♪
でも、サビからの亮ちゃんの歌い方…
狂おしく叫ぶような歌い方…
すんごく胸が熱くなるね。
そう思ってからなんかこの歌好きになっちゃって…。
今では2番目に好きな曲ですねぇ。
いやぁ…こんな風に愛されたい!

■いつか、また...。
ま…今更言うコトって何もないよね〜。
エイトです…これぞエイトですね。
しっかし、あんだけガヤガヤ騒いでて
よぅあんなゆったりとイイ感じに歌えるねぇ。
終わった後の中華はさぞかし美味しかったでしょうねぇ。
ヒナちゃん…確かに間違えてる…しかも遅れてる…。(でもラヴ♪)

この『ソロコレクション』すんごくイイよね!
みんなのカラーがわかりやすいぐらいキチンと出てて。
「誰がどの歌か線で結べ」って言われても
エイターならきっと100点満点やろうね。
『エイトコレクション』ももちろんバラエティに富んでるけど
こっちはそれ以上やと思うね。
ホント…マジみんなに印税って入るの?
そしたらカラオケで唄いまくるのにねぇ。
posted by AYA〜♪ at 16:55 | Comment(0) | CD・DVD

2007年06月14日

ズッコケてない!全然ズッコケてないよ! −KJ∞ Collection tune−

どうも〜!
最近、『村上』という文字に反応するどころか
『信五』しか『しんご』と読めなくなってきてるAYA〜♪ですけども〜。
えっと、『慎吾』…まき…じゃない。『進悟』…すす…あれ?
…残念ながら実話です。
ま、それはさて置き…ボチボチCDの感想なんぞを書いて行きたいと思います。


■Big Sky Blues
タイトル聞いたイメージでは凄く爽やかな感じしてんけど、
曲聴いてみたらいきなり汗臭いね。
哀愁と共に力強くて好きな曲やわ。

■Speedy Wonder
正にズッコケって感じですか?
すごく焦ってる感じが出ててイイわ。
エイトは誰もドン臭い恋愛しそうなイメージないんやけどね。
フレーズはド頭の「ドッピーカン」ってのが気に入った。
あ…ほんで、最後の「チョッ、チョッ、チョッ、チョッ…」のとこってヒナオさん?
「まってくれよ〜♪」が上手に歌えてるやん!音ちゃんと取れてるやん!

■二人の涙雨
出ましたよムード歌謡!
ジャニーズではエイトだけちゃう?このジャンル。
思わずマイクを横向きに持って小指立てちゃいそうよね。
でもね…この曲
サザンの『私はピアノ』や『夏をあきらめて』に似てるのよね〜。
サビでは『雨の西麻布』もチラッと聴こえたり…。
まぁそれもこれも…左へ受け流す〜♪けどね。

■強情にGO!
この上中さんってヒトは言葉遊びが巧みやねぇ。
上手いコト韻を踏んでらっしゃるわぁ。
コンサートで盛り上がる曲なんやろね。
ヒナちゃん…セリフは上手やね。

■Great Escape 〜大脱走〜
う〜む…AYA〜♪はどうもGATZ氏にハマったようですね。
軽いけど厚みがあって、小ジャレた感じが良いわ。
ホント、アイドルっぽくなくて良い曲ですわ〜。

■さよならはいつも
こういうバラード、エイトって好きなのよね。
まぁ歌えちゃう歌唱力あるからね〜。
AYA〜♪は元々ガチャガチャうるさいのや
技巧をこらしてひねりまくったのが好きなんで、
この曲のようなストレートなバラードって
あんまり耳に残らないのよ…。
でも何回も聴いてだんだん好きになっていくんやと思うわ。
あ、そうそう…最後の超高音のハモりは誰?マルちゃん?

■地元の王様
この歌、関西人が書いたってわかってるから許せる詞よね。
愛すべきアホな街のアホさ加減を歌ってる感じあるもんね。
最初の方にある「そうなん?」「そうやねんで」が気に入った!
「ちゃうな…」と思いつつも勢いで「エエねんて!」とゴリ押しする感じがね。

■エネルギー
何事も重厚長大がお好みのAYA〜♪
最初に聞いた時はあまりに軽すぎて物足りない感じがしたんよ。
でも全体の流れの中で聴いたらホッとするね。
『E・N・E・R・G・Y』はとりあえず『G』しか聴いてないよ…。

■旅の涯には
いいねぇ〜!出だしの力強い三連符!
実はAYA〜♪はこの曲がいちばん好きっす☆
ヤスくんがカッコ良かったからこの曲が好きなのか…
この曲が好きやからヤスくんがカッコ良く見えたのか…
っていうのは冗談で。
荒野の遥か向こうにある山に向かって
なに振り構わず風切って歩いてる感じがして
すごくパワーが湧いてくるのよ。

■ありがとう。
すばるくんが推したヨコの出だし…
こっぱずかしくってまともに聴けないんやけど、
でもヨコ推し分かる気がするわ。
ヨコの声って透明感があって心の中にスーッと入ってくる感じするモンね。
この曲は詞がサイコーに嬉しい…涙が出るよ。
エイトとエイターが支えあってココまで来たよって言うてくれてるんやんね。
エイターに「ありがとう。」って言うてくれてるんやんね。
中でも「迷い道もいい経験だった」ってのがグッとくる。
すばるくんが同じようなコト言ってたのを思い出すよ。
エイトと一緒にこの曲歌って、お互いに「ありがとう。」言いたいね。

最初にこのアルバムを聴いた時に思ったんが

あ…『米米(クラブ)』みたいやん! 

ってコト。
それも『BIG HORNS BEE』が別グループ扱いになってた頃…
中期頃の『米米』の曲調に似てるって思った。
ファンキーで、ホーンセクションが充実してて
マジメな感じもふざけた感じもあるし
ダークでオトナ〜な雰囲気こそないけど、
これはアイドルのアルバムやないなって思ったわ。
よく考えると、エイトそのものが『米米』に似てるとも言えるよね。
ファンク・ロック・フォーク…んで歌謡曲もこなすゴチャ混ぜ感。
エンターテイメント性の高いステージ。
曲のタイトルや歌詞に笑いを盛り込んでたり、
コスプレのような衣装でイロモン的な要素も強く
『K2C』…あ!偶然にも『KJ2』って似てる〜!!
まぁそれはオマケなんやけど…
違うトコと言えば若干ベタや〜いうトコですかね…。
それが関西人エイトの魅力やからね〜。

今回のアルバムは『F・T・O』に比べると
グッとオトナっぽく仕上がってたように思います。
何も知らずにこのアルバムを聴いたヒト…
まさかジャニーズのアイドルグループやとは思わんやろうね。
どこに出しても恥ずかしくない!
エイターとしても鼻が高い作品でございます!
posted by AYA〜♪ at 03:54 | Comment(0) | CD・DVD

2007年06月07日

ズッコケお宝DVD

どうも〜!hydeくんみたいな作品を生み出せるヒナちゃんっていないのかしら…と
真剣に考えるAYA〜♪ですけども〜!
あ、歌唱力もhydeくんみたいなら言うコトないね。

…とまぁ、ノッケから『Forward』を若干否定気味のAYA〜♪ですが(←比べたアカンて)
いやぁ〜いいねぇ!ショートムービー!
ちょっとした時間で見れるからリピり放題だよね!
VIVA!ショートムービー!!

ってコトで…
CDは車で聴くとしてDVD!
期待どおりめっちゃエエっすねぇ〜〜!!

AYA〜♪ダダハマり!

マジ何回リピったコトか…。

まずあんなにきっちりストーリーが出来てると思わんかったのよね。
なんかまた変わった衣装着てガチャガチャやってるぐらいかな〜って。
まぁ衣装は確かにコスプレ楽しんでるだけみたいやけどね。
お宝争奪なら『インディジョーンズ』みたいなんでエエねんモンね。
やのにあのムダにきらびやかな衣装。
しかも賢者の賢さが垣間見えるワケでもなく…
勇者が勇敢に戦ってるワケでもなく…
狩人に至っては弓矢が別の凶器になってたモンねぇ。
強いて言えばすばるくん、魔法使いやからアフロに変身出来たってぐらいかな。
大臣役のヒナちゃん…せっかくのスラッと長い手足が…。
あんなにボサッとガニッと立ったらただのアホの子でんがな!!

さて最初の見所!人物紹介となる即興コントですわ。
まぁ立派にオモロイことオモロイこと。
私らがエイトの人物像をわかってるからこそってのもあるやろうけど、
いじる方もいじられる方も、これだけ出来たら充分ちゃうの?
まずはヒナちゃん。
『ゴンザレス』として王様の元へ進み出る腰の低さ!素早さ!
んで他のモノたちには偉そうにするあの憎たらしい態度!
ホンマよろしいわぁ。さすがエエしもべですわ。
マルちゃんの『グルス』もめっちゃオモロイ!
やっぱ「無」からモノを作り出す力はマルちゃんが一番かもね。
『スミス』のハマり具合にめちゃウケるすばるくん。
いや私は『雷鳥2号』がいちばん気に入ったよ。
どうもヨコヒナでは笑うツボが真逆っぽいようで…
どっちかが冷静でどっちかが笑ってたね。役割分担出来てるねぇ。
しっかしヨコ…見事に全っ部噛んでたね「仕えるのだぞ」

さぁっ!そんでですねぇ…こっからが本題のお宝奪取ですな。
もぅねぇ…
私の中のねぇ…
ヒナ熱がねぇ…
ちょっとお冷めになりましてねぇ…

ヤスッ!ヤスッッ!!ヤスッッッ!!!

ガ〜ッゴエエ!!

ふっ…(えぇっ?)
なぁっ!宝ってさぁ…アレ一人でもらってエエの…(いやん!)
へっへ…!(きゃ〜〜!)

やっぱ悪人だ〜!悪人ヤスなんだよ〜!
んでホントは「S」だよ〜「S」だよ〜「ドS」だよ〜!
「SHOTA」の「S」は「ドS」の「S」なんだよ〜!
んもぉ〜〜!

めっちゃスキ♪

いやね、ヤスくんは好きなのよ…前からず〜っと好きではあるんやけど、
さすがにヒナパワーには到底勝たれへんから、
もぅ2度と堕ちるコトはないと高くくってましたのよ!
それが…あぁ…不覚にも…。
いやいや、でもねヤスくんだけじゃないの…みんなカッコエエ!

ニヤッと笑顔の亮ちゃんてやっぱカワイイやん♪
大倉くんのダンスもやっぱカッコエエし♪
ヨーヨーを避けるヒナちゃん…
あれ、あのまま『胴回し回転蹴り』出来るで!(←空手家AYA〜♪評)
んでヤスくんをいたぶるのはやっぱすばるくんってのがイイよね。

んで、久々に思い出した…マルちゃん。
『国盗り物語』でマルちゃんの死に際の演技見て以来
私…殺られるマルちゃんに弱いんやった…。
タライやら雷にヤられてフラフラになってるマルちゃん見て
なんかゾクゾク〜ザワザワ〜。めちゃソソられます…。
その後の狂気の笑顔も不気味で萌える〜。
ついでにあの太もも…ヨダレ出そう…。(←コラコラ)

その後一気に宝物の所まで走り抜けて行くシーン見て気付いたよ。
ヒナちゃん…バナナマン日村に似てる…。
大倉くん…片瀬那奈に似てる…。
マルちゃん…ますおか岡田に似てる…。
まぁ、どうでもイイんですけどね。

最後、亮ちゃんの言う通り(?)ゲームやったっていうオチね。
「連続パ〜ンチ!」言うてコントローラーかちゃかちゃするヒナちゃんカワイ♪
んでパンチする時の「ゴメンやで」がエエわ〜。やっぱ好きやわ〜。(←簡単)
でもパンチと頭突きで戦うヒナすばが、
先日の新潟コンでの話を聞いちゃった後やから、どう見てもラブラブ♪
グルスの一発芸見て「やっぱグルスおもろいなぁ」って言うてる亮ちゃん…
確かに賢者スミスもグルス見て笑っとりますねぇ。
もっかいゲームやり直すコトになって、
なぜがおもむろに電話機を取るすばるくんの小ネタも面白いわ。
ヤスのせいにしといたら、なんとなく丸く収まる感じもエイトやわ〜♪

私さ、このDVDの「音」が凄く気に入ったのよ。
アルバム曲の使い方はもちろん、その他の効果音とかもね。
すばるくんがボールをぽこぽこヤスくんにぶつけてる時の音なんかめちゃエエわぁ。

んで、とにかくテンポがイイよね。
そんな凝った内容でもないし、
特にアフロなんて、すばるくんがやりたかっただけやん!って感じやのに
短い時間でパッパと入れ替わるから飽きんかったわ。
やっぱショートムービーやからエエんかな。

VIVA!ショートムービー!!

ってコトかな。
posted by AYA〜♪ at 13:01 | Comment(2) | CD・DVD

2007年05月01日

アマアマAYA〜♪のちょい辛批評 −ズッコケ男道−

『Ray』のヒナすばの記事を読んで
ビジュアルでは全くヒナちゃんの好みにハマってないのを再確認し、
ビンディでも付けてやるか…と思ってるAYA〜♪ですけども〜。
中身ではぶっちぎりのトップ当選やねんけどなぁ…。(←ムダな自信)

さてエイトの6枚目のシングル『ズッコケ男道』ですが…
ズッコケるコトなくよく売れたようで、ホント嬉しい限りですよ。
しかしAYA〜♪の評価は『関風ファイティング』が殊の外高かったせいか
多少キツめになっておりますの。
いや、好きなんだけどね…。

詞の方は『THEイナズマ戦隊』の上中丈弥氏。
ちょっと前にNHK大阪の番組に出てたのを見たけど、
その時に「Liveでの締め方」を
M−1GP2006完全優勝芸人『チュートリアル』に伝授してもらってましたわ。
そのノリからしてエイトと同じにおいのするヒトたちって感じでしたね。
ジャニーズのキラキラ感の全くない…
男臭い、ドロ臭い、汗臭い…
でも力強い、味のある感じが
エイトの雰囲気とマッチして、
とっても嬉しい詞に仕上がってると思いました。

んで、曲の方はピエール氏…ん?だ、誰だ?
「トレビあ〜ん!ピエールざます」のムッシュ・ピエールか?
「ピエールなんだぬ〜ん!」のピエール瀧か?
…んまぁどっちも違ったワケなんですが。

この曲を最初に聞いた時、まず思ったのが

『ウルフルズ』やん!

でした。
そう、関西発『AAP(アホアホパワー)』炸裂する4人組!
大阪太郎『浪花やで!』の生みの親!(←ちょっとした勘違い)
ソウルフルなウルフルズの曲によく似てるなぁと…。
でも最後まで聞いて思ったのが…ぶっちゃけ…

所詮『ウルフルもどき』

『ウルフルズ』に似てるけど、
『ウルフルズ』ほどの熱さやパワーを感じる曲じゃないなぁって。
大手スーパーのPB商品のように、
どっかメーカーもんとは格が違うなぁって。
そんなコトを思ってしまったんですねぇ。
今想えば「何サマだよ!」って感じですが…まぁ正直ね。

それからピエール氏について調べたら
現在鳥取県の米子で活動中のバンドのギタリストさんやと判明。
鳥取…ウチの母親の郷だよ。
ブログ辿ったら…甥っ子ちゃんの写真まで載ってるよ。
そゆコトまで知ってしまった今では情も移り、
まぁでもエエ曲やん…なんて態度を軟化させてしまう凡人AYA〜♪。
後半のサビの繰り返しんトコなんてめちゃいいよね♪
最後の底力を振り絞ってる感じが出てて、パワーみなぎっちゃうね♪
なんて誉めちゃったり…無節操上等ってコトでね。

でもこの曲って、かなりエイトのキャラに助けられてると思いますよ。
今回のPVすんごくイイんだもん!かわいいんだもん!
撮り方は原始的でも、編集でお金かかってるみたいやしね〜。

全体的には70年代…
まだまだバンカラで硬派な男臭さの残る時代を意識した雰囲気。
私はヒナマルヤスのじゃがいもチームの衣装が好きだなぁ。
…そもそもなんでヤスくんが「じゃがいも」なのかわからんが。
動物から植物に降格か!?
まぁ言われてみればじゃがいもにも見えたりするので、いいとして(←いいのかよ!)
チューリップハットでの行進は、遅いテンポで撮影した映像を
通常通りのテンポで再生して作ったそうで…
そっかぁ…だからやたらとキビキビしてるのね。
マルちゃんなんて口の動き早すぎてるもんねぇ…でもらしくて良いわ。
ヤスくんの満足気な表情もめちゃかわいい♪
途中のディスコティック(クラブじゃないね)なシーンもカッコ良くていいよね。
ホントはもっと明るい所で見てみたいくらい。
んで、なぜかしゃかりきに自転車漕いだりして
…ヨコはムダに姿勢イイよね。『ポール』か『スティーブ』だよね。(←はぁ?)
後半はいいのか?ってくらいフリーダムで…
ヤスくんが手を替え品を替え虐げられてるのがおかしい。
最後なんか帽子被ってないもんね。すばるくんに捨てられてたもんね。

さてさてここらで…萌えちゃっていいですかい!?
意外に似合ってるサンバイザーのヒナオさん…ステキ〜!
お!っと空を指差すヒナオさん…かぁわいい!
ガバッとジャケット広げたヒナオさん…あぁ飛び込みたい!
1列に並んでニッと笑うヒナオさん…ベリキュート!
ノーエロ腰のヒナオさん…いやん嬉しい♪
しなやかなディスコダンスのヒナオさん…カ、カコエエ〜〜!!
3人揃ったヒナオさん…キャ〜!どこ見たらいいの〜?
自転車を漕ぐ後ろ姿のヒナオさん…おっさんじゃないわ〜!
涙をこらえるヒナオさん…ヘンなの!(←結構冷静)

でもでも全体を通してカッコ良かったのは亮ちゃんだわ。
キックもグラサンも、もちろん泣き顔も。
タイトルが『ズッコケ』とは思えんよね〜。

んでですねぇ…この『ズッコケ男道』…
みんな結構「いい曲!」「大好き!」と言ってるなかで、
なんで私は手放しで「イイ!」と思えないのか…。
いろいろ考えた結果、わかりました。
わかりたい方だけどうぞ…
posted by AYA〜♪ at 05:37 | Comment(3) | CD・DVD

2007年02月19日

【懐かしエイト】ヘタレなあなたがいとおしい −Can do! Can go!−

先日、不定期恒例「ジャニ鑑賞会」でして…。
長々とお借りしてた『新宿少年探偵団』のDVDを返さんならんので、
その前に…と見納めでリピリピ萌え萌えしまくっておりました。

このDVD、本編の他にオマケが付いてるんですよ。
当時のJr.による歌とダンスの『Can do! Can go!』(ロケ地:ハワイ)
滝翼・山P・嵐を筆頭に総勢25人のJr.たち!
我がエイトからは、この映画出演のヨコの他、ヒナ亮マルヤスが出ております。

まだまだ幼いジュニアたち…。
いかにもパターンどおりのジャニダンスを繰り広げております。

ヨコは昔っから踊り方が変わってない…。
マルちゃんはまだまだあまりウマくないね。
ヤスくんはやっぱすんごく元気!シャキシャキかわいい♪
亮ちゃん…めちゃちっちゃい。上里亮太く〜ん、前に立たないであげて…。

そんな中…AYA〜♪の目はもちろんヒナちゃんに釘付け☆
ビジュアルはめちゃめちゃ好み…髪型や服装なんか今より好きかも。
でも、この頃のヒナちゃんは今のヒナオさんに非ずです。
今とはホント全っ然違うの。

まず笑う余裕がない…眩しく目を細めてるだけ。
フリ以外の動きが出来ない…なんとなく揺れてるだけ。
画面から見切れる…メイン集団にかろうじてくっついてるだけ。
カメラ前アピールが出来ない…顔は見切れたまま手を広げるだけ。

ものすごくヘナチョコなんです…。

この頃のヒナちゃんって、まだまだ自分に自信がないみいたで、
見た感じ、幼稚園時代の私にそっくりなのよ…。
自分は大して何も出来ないのに、
なぜか中心人物の輪に入れられてるって感じが…。
だからなんかすごく痛々しくってね。

この後、きらびやかな世界を知った上で…
自分のダンスの立ち位置を気にしたり
自分の出てない番組に出てるコに嫉妬したり
ヨコに付くかすばるくんに付くか悩んだり…(←死活問題)
嬉しいコト悲しいコト、楽しいコト辛いコト、
いろんなコトを体験して、今のヒナオさんになるんやなぁ…と。
そう思うと、このヘタレなヒナちゃんがすんごくいとおしい。
今はヒナ鳥さんでも、いずれ大きく羽ばたくんだよ!と言ってあげたい。

実際この25人のジュニアのうち、残ってるのは13人。
半分のジュニアが辞めていったという中で
ヒナオさんはしっかり残ってるのよね。
その自信が今のヒナオさんの強い柱になってるんやろうな。
正に「継続は力なり」だよ…。よく頑張ったよ…。

昔の姿からは想像も出来ない
いつも明るく堂々としていて
うるさいぐらい元気で
力いっぱい動いて
きちんと自分の位置を確保できるヒナオさん。
そんなしっかりとした強いヒナオさんが大好きなんやけど、
なぁんも出来ない無防備なヒナちゃんも
AYA〜♪にとっては可愛くて可愛くて仕方のない
愛すべきヒナなんです。
posted by AYA〜♪ at 09:34 | Comment(4) | CD・DVD

2007年02月11日

まだまだヘビーローテーション! −関風ファイティング−

ヒナちゃんの関テレ露出も落ち着いてきたんでそろそろお歌の感想なぞを。

初の首位を目指した戦略がミエミエではありましたが、
カレらの今までと変わらぬ地道な草の根プロモ活動の甲斐もあり…

よぉ売りましたなぁ!売れましたなぁ!

すごいよエイト!私も鼻が高いよ!
いやいや実は私『関風ファイティング』…

め〜っちゃめちゃ好きですねん!!

『桜援歌(Oh!ENKA)』の座は譲れないって感じやけど、
今まで出したシングルの中ではいっちばん好き!
思い入れとかは抜きにして、単純にこの歌が大好き。
たまにさぁ…朝、頭に浮かんだ曲が、昼になっても夜になっても
グルグル回って消えないコトってない?
「もぅ〜!またこの歌出てきた〜!」ってイライラしたりするでしょ?
それが、この『関風ファイティング』だけはそんなコトないねん。
何回グルグル回っても全然不愉快じゃない!

「タ〜ラコ〜タ〜ラコ〜♪」とは大違い…あいや失礼。

むしろ、聞けば聞くほど味がでる感じ。
「タラコ」じゃないよ「スルメ」だよ♪的な…。(←笑えよ〜 By.たかしひろし)

Aメロの辺りは完全に導入部って感じで、
そんなに印象的でもないねんけどね…
どっちかっつーと後でムリヤリ押し込めた感もあんねんけどね…ぶっちゃけ。
んでも、すばソロぐらいからはすんごく良くってめちゃめちゃ好きです。
パワーもらえるよね。拳作って空を見上げちゃうよね。頷いちゃうよね。

サビの部分はね、私の中ではなぜか亮ちゃんが主役なの。
亮ちゃんが目尻の辺に薄っすら涙を溜めながら、
でもちょっと清々しい風を受けて中華街を歩いてるの。
その後ろにドラゴンが空から舞い降りてくるのよ。
それに気付いた亮ちゃんが振り返ると、向こうの空で、
雲をまとわりつかせながらドラゴンが力強く踊ってるのよ〜。
動きは激しいのにね、亮ちゃんを見つめる目はすんごく優しくって
その姿を見て、亮ちゃんはさっきよりも明るい表情でまた歩き出すのよ。
未来に向かって、しっかりとした足取りでね。
…なんて妄想も繰り広げつつ。

PVもすんごい好きですよ。
最初はチャイナチャイナ〜な感じを期待しててんけどね、
謎の黒スーツもいいっすよ。カッコ良くって。
でも、悲しいかな…今回のPV…

萌えたのはヒナちゃん以外のエイトメン全員です…

あぁ…ごめんなさいねマイ★ダーリン。
三つ揃いのスーツ…ステキだったわよ
アクロバットも素晴らしかったわよ
でも特別コレと言って…
いつもと同じで…
あ、わかった!
あなたのカッコ良さには免疫が出来てしまってるのよ…きっと!
うん、そうに違いない!
いつもどおりカッコ良かったってコトよ!
…ってコトにしときます。

だってまずすばるくんの三つ編み!
かわいいのにカッコいいってどういうコト!?
んで、ヨコとマルちゃんは全編通してグッドなのよ。
亮ちゃんはこの歌に関しては私の中でスペシャルやしね。
「男さ〜♪」で目をつぶって頭を横に振りながら歌うヤスくんにドキッ!
歌のエンディングチラッと映るオトコマエの大倉くんにドキッ!
風に吹かれて大倉ジョニーやわぁ…。(←テキトー)
…ってなワケでヒナりんは霞んじゃってたのぉ。許してね♪

最後の最後で、
キメのポーズとって一人ずつがスライドショー的に映るでしょ
あっれ、すんごく好きでね〜。
もちろんみんなカッコ良いんやけど、
ココでテンションがMAXになりますの。
ドラゴンがこっち向いて火を吹くってのもエイトのPVらしくっていいしね〜。

でもさぁ…実際のPVよりさぁ…
このシングルのCMとかぁ
「dwango.jp」のCMとかの方が

キラッキラでいいよね〜!

あんな仕上がりになってるんか〜って期待してたっつーの!
CMの方が見応えあるPVっていったい…。
うぅん…やっぱ「Mステ勝ったな!」って感じかしら〜。
posted by AYA〜♪ at 03:50 | Comment(2) | CD・DVD

2006年09月07日

Heat up!してCry Cry Cry!

日にち変わりまして、昨日届きました…
関ジャニ∞ LIVE DVD 『Heat up!』

実はまだ1chap.しか見てません…。
それは…

The Detective

黒いスーツに緩めのタイのヒナオさん…
エクステはずした前髪長めのヒナオさん…
あぁ…カッコいい…

そう…
開場中がヒナオファンになってしまわないか
気が気でなかったヤツですよ

ヒナオさんが
踊ってるよ〜
笑ってるよ〜
照れてるよ〜

AYA〜♪号泣!!

カッコ良すぎて号泣!!

涙止まらずドクターストップ
だって心臓もぎ取られそうなんですもの!

後はボチボチ…
体力回復してからね。
posted by AYA〜♪ at 03:51 | Comment(2) | CD・DVD

2006年06月18日

∞SAKAおばちゃんROCK

第4弾シングルリリースおめでとう!そしてありがとう!
いやぁしかし、またもやエイター内でも賛否両論沸き上がりそうな曲ですねぇ。
「また大阪押し?」的な…。
確かに若干「ギリかな…」って気持ちはあるけどね。
でもでも、よく出来てると思うよ〜。

作詞はベタな大阪の方かと思いきや、
広島出身、私の好きな久保田洋司さんやて、ちょっとびっくり。
もぅご存知ですよねぇ。
『果テナキ空』とか『DREAMIN’BLOOD』を書いてる方でございます。
私久保田洋司さんはバンド時代から好きなんすよ。ちょっと内くんのような歌声でね。
だからエイトに曲書いてくれるのはすごく嬉しいわ。
でも、詞の大阪的なトコはほとんどエイトが考えたそうで…大したモンやね。
大阪の人たちにも、それ以外の人たちにも、両方にウケるように考えてんて。
なるほど、あまりにコテコテやと共感してもらえんかもしれんモンね。
実際「冷やしアメ」も「よばれよ」も、わからない人が多々いらっしゃるようやし。
私のイチオシはやっぱ「犬逃げてるよ〜!」ですねぇ。
「それあるある〜!」と「そんなコトあらへんで〜!」のビミョ〜な線って感じがグッドっす!
しかしですなぁ…現役おばちゃんとして1つ言わせていただきますと…

「おばちゃん」と「おかん」の区別が明確でない!

私の中での「おばちゃん」はあくまでも対外的に使われる呼称であって、
家庭内…特に親子間でのやりとりに関しては
「おかん」として捉えた方がしっくりくるように思うんす。
だから、冒頭の「よそはよそ!うちはうち!」っつーのは正に「おかん」のセリフなのですよね〜。
まぁ、若い彼らのサンプルはどうしても「おかん」になってしまうんやろうし、
おばちゃんをの姿を見て自分のおかんを想うエイトって感じも出てるからいいんやけどね〜。

曲調も、よくある…いやいや耳慣れた曲なんですごく入りやすいよね。
ヘタな小細工なしで直球ストレートって感じが良いよね。
フリも覚えやすいからホント楽しい!
えっとでも…大方の関西人の方々、
お笑い好きの方々はうすうす気付いてらっしゃると思いますが…。
人差し指を立てて交互に上げるフリ…これ

ビッキーズのパクりですやん!

関西人の7割は突っ込んだに違いありません…。
ヒナちゃんは言われて初めて気付いたらしいけど。
いやぁ良かったよ…カップリングが三兄弟の『アメちゃん』じゃなくって。
天下のジャニーズも吉本は敵に回すべきやないやろうに…。

そしてPVです!コレいいよね〜。
全体的に茶色っぽいトーンのライトが華やかに見えるよね。
みんなキラキラ輝いてます!
結構なお笑い系の曲やのにエイトはみんなカッコ良い!
クラシカルなガイコツマイク持って頭振りながら歌ってる姿はさすがにステキですわ。
中でもすばるくんはホンマ「めっちゃべっぴんさん」やわ!
豹柄セーターの値段を「なんぼや思う?当ててみぃ〜」って言う時の顔がすんげ〜かわいいっ!
顔色も良い!おでこもきれい!100点満点でございます〜。
我がヒナオさんも、細い足としなやかな動きがとても女性的で美しい!…んですが、
セリフは全部おっさん!おばちゃんではないな…。
おばちゃんイラストの動きもかわいいし、
フリーダムなおばちゃんビッグバンドも意外とうるさくないし、
とってもステキに仕上がってると思いま〜す!

元気が良くて景気も良い!
関ジャニ∞の『∞SAKAおばちゃんROCK』
B'zがいなけりゃ1位だよ。
posted by AYA〜♪ at 17:41 | Comment(5) | CD・DVD

2006年03月16日

めっちゃファンキ〜♪

おぉ〜〜!!届いてたよ〜!

『KJ1 F・T・O』

早速聴いてみたけど…

いいっ!すごくいいっ!!

私こういう、ジャンルを超えてバラエティに富んだ曲をこなせるグループが好きなのよね〜。
他のグループのコトは知らんけど、ジャニジャニしてない感じがすんごく良いわぁ。
まださらっとしか聴いてないんやけど、とりあえず私の気に入った曲っす。

F・T・O
悲しい恋
大阪ロマネスク
Carnival
無限大
Heat is on
ミセテクレ
桜援歌(Oh!ENKA)
ONE
大阪レイニーブルース
プリン


元々…
メジャーな曲よりマイナーな曲
静かな曲よりうるさい曲
軽めの曲より重めの曲
が好きなんで、こんな選曲になりました。
でも、たぶん聴き込むうちに全部好きになるでしょう!うんっ!

中でもですねぇ…「F・T・O」冒頭のヤスソロ!!
それに続くヨコソロ!!
め〜っちゃよろしいわぁ〜!!
二人ともとってもステキな声〜〜!
うぅん…メロメロっす〜〜!

んで…次の…

どぉんどぉんっ花火が…!!

うっく…か、かわいい…。
手応え…あり…?
posted by AYA〜♪ at 02:40 | Comment(7) | TrackBack(0) | CD・DVD

2006年02月22日

「大阪レイニーブルース」PV 〜濡れるオトコのセクシー方程式〜

なんや意味わからんようなタイトルやけど…。 なんか雑誌の記事みたいでっしゃろ。

*CRO*さんがヤバイと絶賛する「レイニー」のPVを見て、す〜っかりハマってしまいました。
だぁってさ、だぁってさ…マジヤバ!よ…これは。 R15指定よ!

濡れるオトコはどうしてこうもセクシーなのか…。
あのさわやか笑顔のじゅんの王子でさえ、服を着たままバスタブに入れられちゃった日にゃ、
オンナを見下すエロエロ目線のデビルじゅんのに早変わり。
アイドル誌でも、濡れ度の高い順に売り切れてるしね〜。(←未確認)
「1リットルの涙」でムダに濡らされた亮ちゃん見てよくわかったわ…制作者の意図ミエミエよん!

海辺やプールなどの明るい遊びの場合を除いて、やはり「濡れる」=「本意でない」という
状況が、どこか陰のある表情のオトコを作り上げてるんやろうね。
苦痛に歪んだオトコマエの顔って大好き!
キメたオトコが何かにやられてるってだけでそそられちゃいます〜!
「水も滴るいいオトコ」とはよく言ったもんで…古今東西、濡れるオトコはいいオトコなんだ。

んで、この「レイニー」のPV。
夜の冷たい雨の中、悲しみとともに徐々にズブ濡れになっていくエイトたち…。
つらく、切ない、身を切るような想いや、狂おしいほどの感情で、エイトは乱れて行くの。

亮ちゃん…亮ちゃんの悲しい表情…ホントに悲しさが伝わります。
内くん…ズブ濡れになった内くんはマジすんごく美しいです!
すばるくん…オトナの表情に諦め感が漂い、ぞくぞくします。
倉氏…長い前髪の向こうに垣間見える目に、悲しみに耐えるオトコを感じるわ。
ヤスくん…ちらっと覗く舌にドキッとしちゃいます。
マルちゃん…切ない表情をさせたら右に出るモノはいないでしょう。ホント、胸が苦しくなります。
そしてヨコ…
あの最後の表情なに〜〜っ!? 「はぅっ…」っていうあの表情!!
いや〜〜ん!! セクスィ〜!! 文句なく「★★★★★」5つ星です〜〜!!
オトコマエとかそんなんじゃないねんよ〜〜〜。
だってあれは…

ヨコの 感じてる顔に違いない!

…と思うと、キャ〜〜!恥ずかし〜〜!!
久々の30禁黒ハート! あ、みゆうたんのためにもっと下げるか…。20禁黒ハート位で。ははは。
いや、申し訳ないけど、このPVは確実にKAT−TUNに勝ってるよ。良かったねエイト。

あ…忘れてるぞ〜。 1人足りないぞ〜。
えぇっとぉ……あ、せやせやヒナちゃんヒナちゃん。
愛しのマイダーリン、ヒナちゃんはめっちゃかわいいですよ〜。
「セクスィ〜」なんてどこの話?
ポジティブ先生ヒナちゃんには蔭りなんて微塵もありませんので!
びしょ濡れになってても、
「うわ〜めっちゃ降ってきたなぁ…」「びしょびしょなってもぅたやんか…」
「え〜!?いつまで降んねん…」
…にしか見えません。

愛するヒナさま…オチに使ってすんまそ〜ん!
posted by AYA〜♪ at 17:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | CD・DVD

2006年02月13日

浮かれポンチのAYA〜♪より皆様へ

ば…番協行ってきました…!
なんとか行き倒れにならずに帰って来るコトができました。
今にも泣きそうなこの気持ちを押さえて、
日頃オバカなAYA〜♪の様子を見に来てくださるエイトファンの皆様に
とっておきのプレゼントをさせていただきます。

関ジャニ∞ 1st.フルアルバム!

3月15日発売決定!!

タイトル『FTO』

F〜! Funky!

T〜! Town!

O〜! Osaka!


だそうです!
思ったより早くてびっくり!!

番協の感想は後ほどゆっくり…
噛みしめながら…
泣いても大丈夫な環境になってから…
書きたいとおもいます…
posted by AYA〜♪ at 19:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | CD・DVD

2006年01月29日

マーメイド 『Spirits!!』より 〜ヨコヒナ歌唱力対決!〜

暗い夜の海…水面に映る月
神秘的で幻想的なとても美しい歌。
LaLa LaiLaLaLaiLa…♪
ヨコヒナの澄んだ声、きれいなハーモニーが響く。
二人が花道を並んで歩く姿を見て、こんなにもわくわくするのはなぜ…?
待ちに待ったというワケでもない。
特別なコトをするワケでもない。
なのにとても胸が騒ぐ。
彼らの放つ独特なオーラに次第に引き込まれて行く。
動きも揃っていない。
むしろ全然違うモノのように見えたりする。
そう二人は
お互いを必要とし
補い合って
最高で最強のオーラを放出する。


ってなワケで…
彼らの関係はそのまま歌にも反映されているコトに気付いたAYA〜♪
先日ラジオでヨコが「オレとヒナどっちがヘタクソなん?」
自分たちの歌唱力について問うたところ、
すばるくんが「二人が重なったらすごくいいんです」と…。
そん時は「へぇ」ぐらいに思ってたんですが、この『マーメイド』を聴いてよくわかりました。

まずはヨコ。彼の声は結構良い。
透明で伸びがあり、艶もある…わりと色気のある声。
でも歌い方は声と反対で男性的。
汗を飛び散らし、マイクから一瞬手を離し、浮かすように持ち直す仕草が私は好き。
でも…音が少し下がっていても多分彼は気付かない。
そしてヒナちゃん。彼の耳は悪くない。
「フラットしたから…」という理由で、最初から歌い直したというぐらいやから音程は正確やと思う。
でもそのキチッとした彼ならではのキチッとした歌い方が、一本調子の声を生み出してる。
真っ直ぐに伸びてブツッと斬ったような声は彼の歌から余韻を奪っている。
彼の場合も歌い方は声と反対…とても女性的な動きをする。
しなしなとした手のフリ、伏せた目線と上目遣いには、そこはかとない色気を感じる。

この曲『マーメイド』では、彼らの良い部分が重なり合って、すごくいいモノに仕上がっている。
似ているようで正反対…この凸と凹のような二人がタッグを組むコトで
最強のモノを生み出せるんやと思う。
でも、悲しいかな一人一人やと「普通」って扱いになってしまう彼ら。
そんなヨコヒナ…愛してるよ!!
posted by AYA〜♪ at 08:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | CD・DVD

2005年12月04日

大阪ロマネスク

CD未収録曲『大阪ロマネスク』
これは、め〜っちゃエエ曲ですねん〜〜るんるん
たぶんエイトファンの9割9分はこの曲好き黒ハートなはず…そんでなぜか涙たらーっ(汗)するはず。

しっとりとしたバラードで、とてもきれいな曲ぴかぴか(新しい)
タイトルに「大阪」って付いてるから、またあいつらか…的な感じするけど、正直「大阪」やなくても成り立ちます。
そりゃ大阪の地名が入ってて、それを彼らが歌ってカラオケるんで、感動も倍やねんけどね。
まぁ言えば、サラリーマンとOLの普通の恋の歌ですわ。
別れても彼女のコトを忘れられないオトコの切ない気持ちを歌った歌なんすよ。
しかしこの歌をジャニーズで歌えるのは彼らしかいてません手(グー)

少年隊…管理職クラスなので歌えません。
SMAP…もう日本を背負って立つ大きな存在なのでちゃんちゃらおかしくて歌えません。
TOKIO…汗と土の香りがするので歌えません。
KinKi…マニアックな恋愛をしそうなので歌えません。
V6…トニセンが「ウコンの力」を飲みながらバリバリ働く男なので歌えません。
嵐…学生気分の抜けない新入社員っぽくて合コンに忙しそうなので歌えません。
タッキー&翼…お城の舞踏会に出てそうなので歌えません。
NewS…サークルで汗を流す爽やかな彼らなので歌えません。(亮内はエイト扱いで)
KAT−TUN…ブーヤでぶいぶい言わしてそうなので歌えません。

ほぉらご覧なさい目
等身大のサラリーマンの気持ちを歌えるのは、ごく普通のにぃちゃんに近い彼ら…
ん? それって芸能人オーラがないだけ?ふらふら

今年のサマコンで、最後に歌われたこの曲(アンコールを除いて)。
先日発売になったLiveDVD『Spirits!!』ではマルちゃんの切ない表情がなんとも言えません揺れるハート
エイトのみんなも感極まって、うるうる涙目たらーっ(汗)
この曲のエンディングで、ステージの上段に全員が並んで手をつなぎ、礼をしてハケて行くんやけど、私はこの曲とこのシーンで100%号泣ですもうやだ〜(悲しい顔)
この曲がCD化CDされてみんなに聴いてもらいたいような、エイトとファンだけの宝物にしておきたいような複雑な気持ちです。
posted by AYA〜♪ at 04:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD・DVD

2005年10月01日

桜援歌(Oh!ENKA)

CD買ったはいいが安心して聴いてなかったんですわ。
んでなんとなく今聴いてみてんけど…
め〜っちゃエエッ!!! ハンパね〜っ!!!
もともとこの曲はアニメ「忍たま乱太郎」のエンディングテーマやったんで、
子持ちの私はそこそこ知っててエエ曲やなぁとは思ってましてん。
だから彼らのファンにならなくてもTSUTAYAレンタルはするつもりでしてん。
しかし今回このアレンジ聴いたらもう涙出そうなぐらい気に入った!!
私の感動のツボにずっぽしでしたるんるん

もちろん(?)ビデオ見ながらフリの練習してるワケやが…。
ダンス得意のヤスくん仕様やから派手でメリハリあってめちゃ格好良いけど…難易度高いっすあせあせ(飛び散る汗)
いつかカラオケで披露したします。(←カミどんっ(衝撃)
posted by AYA〜♪ at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD・DVD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。