2009年03月07日

If or...

どうも〜!
『シンナゴヤエキマエ』が
『シンゴ』にも『イナゴ』にも見えてしまうAYA〜♪ですけども〜!
『オオサカシゲスイドウ』も『シゲ』に見えちゃうんですけどね…。



遅くなりましたがヒナ舞台『If or...』の感想を…
一言で言いますと

にぃさん腕おまんなぁ!

ですな。
いやぁ〜ホント立派な芸人っぷりでしたよ!
なんせねぇ「ヒナ舞台」なんて言うてますけどね、
実際は

ぴかぴか(新しい) 村上信五お笑いソロライブ ぴかぴか(新しい)

でしたからね。
チケットやグッズなんかはす〜んごくオシャレに作ってるけど
実際は全編ひとりコントですよ。
こんなトコで演っちゃってイイの?花月じゃなくてイイの?

まず会場に着いてビックリですよ…
結構な数の花!花!花!
やっぱエイトは…特にヒナは関西がホームだなぁと改めて感じましたよ。
だって京セラのNEWSコン…スタンド花が1本だったからね…。
コレはコレでビックリだったんだけどね…。

座席は1F中央よりやや後ろの舞台向かって右端。
隣りは中学生ぐらいの男の子で、なんだか別世界…落ち着く〜。
その中学生のボク…一人で座ってるおばちゃんが相当不思議だったらしく
何かある毎にチラチラ〜チラチラ〜っとこちらを見るんですよ。
ワタシはキミの方が不思議だったよ。

■村上じぃさん■
おじぃちゃんになったヒナがプーな孫に説教をするという一人コント。
このじぃさんがねぇ…すんごい良かったのよ。
実はワタシ、このじぃさんがいちばんのお気に入り♪
もうねぇ…こんなじぃさんおるおる!って感じ。
とにかくずっと手が震えてて、急須かちゃかちゃ鳴らしててさ
孫に「おじぃちゃんはな〜〜〜!!」みたいに怒鳴りつつしゃべってたかと思うと
すぐ振り返って「あぁばぁさん…」と表情や声の大きさを変えるという(←伝わるかしら?)芝居
コレがホント気に入っちゃってね〜!
このね…

緊張と緩和

往年の枝雀師匠の芸ですよ!
几帳面なヒナちゃんがエエ加減にだらしな〜くて、
素晴らしくじぃさんってモノの描写が出来てるなぁと感動!
ネタもさるコトながら、この見事なじぃさんっぷり!AYA〜♪は絶賛ですよ。

■もしも村上信五が「嵐」「上田竜也」「ジャニーズJr.」だったら■
これはウォーミングアップ的な小ネタ集ですね。
まぁベタな笑いって感じで。
っつーか、ホントこのヒト裸になるのがスキだなぁ…。

■クイズ「村上くんを探せ!」■
昔ウッチャンナンチャンの番組でありましたねぇ「ナンチャンを探せ!」
アレのヒナちゃんバージョンですよ。
コレをさ、大阪人なら誰もが知ってる(?)梅田の横断歩道…
「青信号になるまで…秒」って表示されるせっかちな大阪人の象徴となってる横断歩道ですよ。
あそこでロケしてたんですね〜。
そりゃもぅみんな…
えぇ〜!?こんなトコで?
いつロケした〜ん?
いやぁ〜ん!ワタシいっつもココ通ってるのに〜!
いろんな意味を込めた「えぇ〜!?」を口々に発してましたよ。
その次はHEPの前でギャルギャルな格好して…
またもやみんな「えぇ〜!?」ですよ。

■もしも村上信五が「歴史教師」だったら■
コレですよ〜ヒナちゃんが本領発揮するのは。
歴史の年号を覚える語呂合わせとか、
この年に何が起こったか
ってのを、全部ジャニーズのネタに置き換えてるだけなんですけどね。
いやぁココのしゃべりがホント素晴らしい!
ある程度台本があるんだと思うけど、それを暗記してしゃべってる感じは全然しない。
ホントにみんなで歴史の授業を受けてるようでしたね。
細かい数字を引用しながら流暢に、熱く語る姿はもう…

やしきたかじん? 島田紳介? 上沼恵美子?

ヒナちゃんの目指してる位置がよく分かりましたよ。
しかし面白かったのが
歴史の節目には大きな革命が起こってる…と(←ニュアンス)
「産業革命」「IT革命」…
そして今、日本では大きな革命が起こってます!
気付きだす観客に気付くヒナちゃんも半笑い…そう!

「愛・革命!」 (By.滝沢秀明)

舞台の端から端まで滝の如く水を流す圧巻のセットを紹介しながら
自分もスタッフさんに言ったと…「オレも水流してくれ!」
するとスタッフさん「水流さんと汗流せ…」

ドンドン!チャカチャンリンチャンリンでんでん!

さすがにぃさん…素晴らしいオチを付けてくれましたよ。
ハケる姿も堂々としたモノ。

■もしも村上信五が「グラビアアイドル」だったら■
ウワサの女装ですよ…。
アレどうなんかな〜
ワタシが前みたいにどっぷりヒナ担やったら
どう見えてたんかな〜
とりあえず今のワタシの目で見た感想は…

めっさキモい! いやマジでマジで…

あまりに「キモ〜ッ!キモ〜ッ!」を連発するおばちゃんに
またもや隣りの中学生が怪訝な顔してこっち見てましたよ。
だってね
腕見たら…カッチカチやぞ!
足見たら…ガッニガニやぞ!
この間めっちゃカワイイ女子高生テゴにゃん見たコトなんですものー
出来ればくりくりオメメとキラキラ八重歯を中心にした
アップ多めのグラビアが良かったな〜。
上目遣いで八重歯覗かしてはにかんじゃいなよ。

■M−1グランプリ■
コレはWEBにも載せてたけど、過去のヒナちゃんのグラビアを何枚かピックアップして
どちらがスキか競わせる「村上−1グランプリ」
いやぁ…これさ…

まともな写真ないやんけ!

って感じでしたなぁ…。

オールバック村上 VS エクステ村上
どじょうすくい村上 VS カツオを持つ村上
牛乳を飲む村上 VS 掃除をする村上
初めてのお仕事村上 VS 初めての裸村上

うーむ…どれもこれもねぇ…
結構知った写真が多かったんですけどね、
あんな写真やこんな写真…他にイイのいっぱいあんのにさ!
それでもなんとかワタシは自分の感情に忠実に選びましたけど、
他の方々…関西人はね〜おもしろぉしてナンボですからねぇ…。

なんで1位がどじょうすくいやねん!

ワタシがことごとく皆の意見と違う方で拍手をするモンやから
またもや隣りの中学生にチラ見されたじゃねーか!
もう一方の写真も見てみたかったなぁ。

ココは内容よりも、ヒナちゃんが雑談風に
普通にみんなとおしゃべりしてた感じが良かった。
ちょっと欽ちゃんっぽい気もしたよ。(←例えが古いか?)

■もしも村上信五が「売れないミュージシャン」だったら■
コレ、ネタとしてはすごく良かったんじゃないかしら。
スカしたキャラのジャンベを持ったレゲエなヤツが
自信満々でオーディション(面接)を受けてるってテイ。
でも、いとも簡単にこの自信とキャラが壊されちゃうのよ。
「オレはさぁ〜」なんて偉そうにしてても、ちょっときつく質問されると「あ、はい…」みたいな。
まぁ…ひとりコントなんで、相手の面接官らしき人間のセリフはないんだけどね。
で、その歌…タイトルは英語でカッコイイ(失念)けど、完全なネタ。

『オカンオカンなんでやね〜ん!オレの中学ン時のジャージはくなや!』

…という、あるあるネタを集めた歌ですよ。
これには『コンパバージョン』もあって、こっちはPVとして映像で流れてました。
波がドドーン!と打ち寄せる岩の上で歌ってたりとか…モロ合成の映像。

『コンパでコンパでなんでやね〜ん!わざと遅刻してもあんま意味ないで!』

まぁ…若手芸人が見たらとりあえず
「村上にぃさん、勉強さしていただきました」って挨拶するやろうね。

■村上孫■
最初の茶の間セットで、村上孫登場。
どうもじぃさんは逝ってしまった様子。
27歳の孫はもっとじぃさんの言うコトを聞いとけば良かったとしんみり…。
帰り際にじぃさんからのビデオレターを見つけ再生。
で、またヒナちゃんがじぃさんの衣装で登場し、孫へお説教。

一生懸命頑張ってれば見てくれてるヒトはきっといる。
人生は「もしも」の連続だ…と。
ここで今回のテーマをもってくるあたり、しっかりしてる〜。

そして若い頃に聞いて、涙が出た曲がある…
と言って『戦場のメリークリスマス』のピアノ演奏をして終わり。

この時、ピアノを弾いてる映像も同時に流れてたんですが、
「ホシイモノハ」と比べたら、ヒナちゃん結構ウマくなったと思いました。
前みたいに手がガチガチのロボットくんではありませんでした。
まぁ…じぃさんあんなに手が震えてたのに…と突っ込むのはヤメておこう…。

■挨拶■
黒いスーツをビシッとキメて登場。
いつもどおりの流暢な挨拶を終えて、振り返ると
後ろはスーツが切り取られたようにハダカという…

キミはなぜそんなにも肌を晒したいのかぁ〜〜〜!

『人間…生まれた時はみんなハダカやったんや』ってのが持論だからしょうがないか…。
若干姑息ではあるけど、最後まで笑わそうという気持ちはよく伝わったよ。

■MC■
大阪に帰ってきて起きた出来事の話。
御堂筋線に乗って心斎橋やら梅田やらに移動してたと…

何人の観客が「ワタシもその日乗ってたのに〜!」と思ったでしょう…

で、お友達とパチンコ屋の近くにある
居酒屋がいっぱい入ったビルのもつ鍋屋に行ったと…

何人の観客がこの舞台の後そのお店に行ったコトでしょう…

超ネガティブなお友達が、「たられば…」の話ばっかりするところにヒントを得て
今回のテーマが決まったらしい。

そんなフツーな話が出来ちゃう関西ってやっぱエエね♪
最後はとりあえずヒナちゃ〜ん☆と手を振ってきました。
モチロン隣りの中学生に見られながら。


今回の舞台は、また少しヒナちゃんのやりたいモノが
はっきりしてきたんではないかと思います。
歌うコト、踊るコト、演じるコト、いろいろある中、
ヒナちゃんは特に「しゃべるコト」が合ってるんだなぁと再確認しました。
ワタシ的には

ヒナソロコン < 未定『壱』 < If or...

と、だんだん良くなって見やすくなってると思うし、
ヒナちゃんにとってもだんだん自然に近い形の舞台になってったと思います。
観客をいじったり、アドリブで返したり
ココまで普通に観客と一体化出来る力は
やっぱ場数を踏んでるというのが大きいだろうなぁと
ちょっと前まではヨコすばなど、突っ込みという役柄的にも
誰かがいてこそ光るタイプだと思ってたけど
一人なら一人で、また違った光を放つなぁと、
改めてヒナちゃんの力を見せ付けられた気がしました。

 
 
 
ワタシのハナシ
posted by AYA〜♪ at 16:39 | Comment(0) | 生エイト

2008年08月19日

この夏最後のエイトコン参戦に向けて −福井コンの復習−

どうも〜!
当初20Gの容量があったPCが5Gになるほど
エイトのラジオを保存しちゃってるAYA〜♪ですけども〜!
いやぁ…『レコメン!』恐るべし!!
ってなワケですっかりご無沙汰しちゃってたワケですが。
そう…ここ最近ずっとラジオとテレビの編集作業に追われておりました。
まぁその間、もうひとりのダーリン★シゲの舞台に3回も入ってたんですけどね。
どうもワタクシ、インプットとアウトプット作業を
同時にこなすコトは出来ない性質のようでして、
行事が続くと全く書けなくなってしまうという…
『掃除とブログは溜め込むべからず』
と、松居一代が言うてるかどうかは定かではありませんが
わかっちゃいるけど、この年にもなると生活習慣を変えるのは至難の業でね
…おっと、こんな前置きを長くするからチャカチャカ書けねぇんだよ。
そんなこんなで、数時間後に始まる京セラドームコンを前に
先日の福井公演を思い返してみようかなぁと。
で、ダーリン★ヒナオくんの勇姿を頭に描いて
初の自力アリーナ参戦の気構えを新たにしたいなぁと思う次第です。

前にも書いたとおり、福井コンはすごく良かったです。
何が良かったて…MCが2回とも面白かった。
まぁ今更レポったってね…
皆さんもうあっちこっちで書かれてると思うんで
そないに一生懸命には書きませんが(←手抜き宣言)

まず、マルちゃんが焼肉奉行っていう話。
いいわぁ…マルちゃん。
焼肉焼く時にマルちゃん仕切るんやって。
んで、食べる時も号令かけるんやて。
いちいち「焼けたぞ〜!フォオォ〜♪」ってホラ貝吹くマネしてね。
「カルビの陣!」とか言いながら。
んで最後はゲップ付きで「終戦!」って…出来すぎ!
いやぁ…1回でいいからマルちゃんと一緒に焼肉行ってみたいわぁ。
って、あんまり食べられへんかもしれんけどね。
大体すばるくんは網の上にお肉をガバッ!と載せるんやって。
それをマルちゃんが「キレイに並べろ」って怒るらしい。
Aガタンの癇にさわるOガタンの図やね。
ワタシでもすばるくんがOガタンっぽいとなんか嬉しいわ。
亮ちゃんがOガタンっぽいとイヤやねんけど。(←なんで?)

ヨコがまたケータイ忘れた話も面白かった。
お風呂屋さんに行った時、
コインマッサージしてて、そこに忘れたらしい。
んで取りに戻ったら、おじいさんが座ってマッサージしてたんやけど
お尻の下のケータイに全然気付かんかったんやて。
なんでか…何回かケータイ鳴らしたんやけど
そのバイブがお尻のマッサージやと思ってたみたい。
コレも出来すぎやん。ネタやん!
しかしヨコ…相変わらず忘れ物多いなぁ。
ちょっとカワイイ♪

今回のコンサート、大倉くんの和太鼓ソロがあるんですが…
ドンドン!カッカ!ドカッ!ドコドン!と太鼓の達人よろしく
勇壮なバチ捌きを見せ、
その最後に大きな掛け声を掛けてド〜ン!と終わるんですが…
その掛け声が亮ちゃんには「はぁ〜んっ!」と
力の入ったような抜けたような…
妙に色っぽい声に聞こえるそうで。
亮ちゃんそのモノマネをやってました。
うん…確かにその声を聞くと

果てたな…という感じでございます (←コラコラ)

亮ちゃんは裏にいるんで、その様子を見るコトはないんやけど、
大倉くんの「はぁはぁ…!」という声がインカムから聞こえてくるらしく
これは正にAVやと…申しておりました。
うん、今日はこの辺をしっかり聞いてこなくては!

ノドを気遣う歌姫のすばるくん…
入る回によっては、一言もしゃべらない日があるんですが
今回はしゃべってくれて嬉しかった♪
それも、ヒナちゃんの刀捌きが素晴らしいと。
いつ見ても安定してて気持ちにブレがないと。
「七人の剣客」っての?
そん時に刀を振りかざしたりするんやけど、
ヨコやすばるくんは、走る時なんかに
その手をどこへ持っていっていいのかわからんって
完全に刀を持て余す時があるらしいねんけど、
ヒナちゃんはそれを上手く使っててすごくキマってるって。
で、その動きをみんなにレクチャーしながら見せてくれたんやけど、
確かにカッコイイ☆ムダがない☆ホレボレ♪
そして言った言葉が

「歌詞の意味分かってるか? 愛のため己のために やで!」

カレ曰く、歌詞の意味を理解してサムライになりきれと。
それはキミがナルちゃんだから出来るんだよ★
と言ってやりたい気持ちも無きにしも非ずですが、
実際完成されたカレのパフォーマンスを見ると
納得せざるを得ないって感じですなぁ。
カレは常日頃から「歌は気持ち!」と、
まるで自分の辞書に「歌唱力」という文字はないかのように語っており、
それを聞いてワタシは、
…の割りには感情のこもってない歌い方やね〜
なんて思っておりましたが
ちゃんと気持ち込めてたのね…ゴメンね♪
まぁ、今日はこのサムライ★ヒナオの姿も改めて目に焼き付けてこようかと思います。
やっぱヒナちゃんが跳んでる姿を見ると嬉しいのよ。
慣れた感じで踊ってるのをみるとドキドキするのよ。
今日は近くで見れたらいいな♪

そうそう、
福井では2階席にゴンドラが現れ、(←イイでしょ〜福井♪)
なんとヒナちゃんがワタシたちの前に来たんですよ!
結構近くてね、表情もバッチリ分かるぐらい。
そこでですねぇ、ミラクルな(と思い込むコトにした)出来事がありましたの!
それは、ワタシたちの前をヒナちゃんが左から右に通り過ぎようとした時
ワタシと目が合うや否や、
おもむろにかがんでサインボールを取り出し、
ワタシの方に投げたんですよ!
キャーッ!ボールに群がる周辺の他担なヒトたち…
ビミョーに外れたワタシの前で繰り広げられる戦い…
そんな福井の陣には参戦出来ずに見ておりますと
皆ボールを見失い、あら?あら?
そこへ、あらぬ方から飛び出てきたボールを
ワタシの後方から走ってゲットしたヒト…

オッサン!!

そう…あやPちゃんによりますと、
そのオッサンはヒナうちわをもっており
ヒナちゃんはそのヒト目掛けてボールを投げたんではないかと…
ぐっ!…きっとそうだね。
しかぁし、アレはワタシに向かって投げられたボールなんだ!
と思い込むコトにしましたからね!それが何か?
いや…正直ね、
ヨコ担のライバルが子供であるように…(未確認)
ヤスマル担のライバルがお年を召した方であるように…(未確認)

ヒナ担のライバルは目下…オトコなんだ!!

わかってるんですよ。えぇえぇ。
もぅねぇ…ヒナちゃんに「オトコのエイター!」って言われたら
低めの声で「ウォーッ!」って叫んじゃおうかなんて思ってるぐらいよ。
しかも今日はアリーナ。
ヒナちゃんが一番見ないところだけに
なんとか周りにはヒナ担が…
それだけでなく、男性もいませんように!
そう願うAYA〜♪でした。

さぁ!今年の夏最後のコンサート。
天気は悪く、しかもダンナに車をぶん取られたという
朝から胸クソの悪い状況ではありますが
思いっきりはっちゃけてこようと思います!
では、これにてドロン!
posted by AYA〜♪ at 11:13 | Comment(0) | 生エイト

2008年06月01日

ローリスクハイリターンなオトコたち −2008春コン−

遥か天空の彼方より
幾重にも重なり立ちはだかる無数の障壁の隙間から
時には右に時には左に
身体を伸ばしたり縮めたりしながら
眼下に広がる小さな世界を眺めていた私
いつになったらあの地に降り立つコトが出来るのだろう
そういつも思っていた
そんな私に友が力を貸してくれた
私と一緒に行きましょう
そして私は遂に大地に足を下ろした。
そこには無限に広がる輝かしい世界が待っていた


いやぁ…いいっすねぇ!アリーナ!!

なんつーの?入る時からVIP気分?
しかも涼しいのよ!立ち見と違って!
立ち見は上からの太陽熱と下からの熱気の板挟みだからね〜!
んで今回は特にセンターステージ寄りの前から2番目で
私とステージの間は、丁度フェンスの角っこで
誰も立たないから、さえぎるモノは何もない状態!
信ジラレナ〜イ!こんなに良く見える席があったの!?
ホント見るコトに集中出来て嬉しかったっすよよよよ〜!

ま、それでもほとんどヒナちゃんしか見てなかったんすけどね、
ワタシの周りにはどうもヒナ担ゼロ★でね(←かなり嬉すぃ)
こいつぁヒナちゃんのファンサ独り占めだぁい!
な気分でいたんですが…
やはり覚悟してた通り…

最前泣かせ&アリーナ殺し★ヒナオ

だったぜよ!
近場なんか見やしねぇ!てやんでぇバーロー!
しかもワタシの入った回にモモコが来てて、
丁度ワタシの前辺りがモモコを真正面に捉えやすいみたいで、
確実にあっちばっか向いてましたよ!カレは…えぇ。
でもね…♪
カレはぁ〜アタシのぉ〜視線を感じながらぁ〜
踊ってたに違いないわ♪んふんふんふ〜♪(←アイタタ)
まぁそうでも思わんとアイツのファンはやってらんねぇ。

そんな話はさて置き
コンサートの感想を述べたいと思うんですが…
まずはポイントポイントで。

ソロ曲はエイターたちも見たい曲が多いのかな?
結構盛り上がるよねぇ〜♪
ヒナソロは前日全く見えなかったから、
見えるトコでやってるってだけでカンド〜!
エビバデでスクリームしてきちゃったわよぉ。
ヨコソロも良かったわ。
ヨコは最初の挨拶の時やったかな?
朝までモンハンやってたって言うてたけど
踊ってんのを見ると、やっぱジャニーズやねぇ…しっかり動いてましたよ。
亮ソロのバックに付いてる倉マルがカッコイイってんで
申し訳ないが亮ちゃんより二人を見てたさ〜!
うん、確かにステキやったけど、やっぱワタシは
倉ソロの時のヤスくんが良かったわぁ♪
キビキビもしてるしシナシナもしてる。
ヤスくんってあんなに上手かったっけ〜?
って…やっぱたまにはヒナちゃんもジュニアもいないステージが必要よね。
久々にヤスくんのダンスを見た気がしたわ。
んで、いよいよ三馬鹿揃い踏み…すばるくんの『愛してる愛してない』ですよ。
いやぁ…ヨコヒナが軽い足取りで
ずんずんこっちに向かってくるのってホントわくわくする!
あの頃のヒナちゃんは一生懸命って感じやったけど
さすがに余裕のダンスがステチ♪
「休め」の姿勢で下向いて、時々ヒザだけクッ!と出すフリがあるんやけど、
そのヒザを出す瞬間腹筋にクッ!と力が入るのよ♪
あぁ…ヒナちゃん生きてるわ〜。実感!
しかもそんなトコまで見えちゃうアリーナ♪ビバ★アリーナ!
どなたかのレポで、あの時のMステと同じだった…
みたいなコトを書いてたけど、それ読んだ時は、
何言ってんの!同じワケないじゃん!今のヒナちゃんは進化形でっせ!
なんて思わず反論してたのよ。
でも、いたよ!口をキュッと結んで踊るヒナちゃんが…。
あ〜!あの頃と同じ顔!なんだか愛しくなっちゃいましたよ。

エイトレンジャーは嬉し恥ずかし(?)ヒナメイン♪
生死を扱うなんて、結構思い切ったよね。
重くてもアカンし、ちゃかしてもアカン題材やもんね。
んでも、横アリなんかではピコピコハンマーやなしに
ナイフを使ってたとか…?コレはさすがに却下になったのね。
そしてヒナちゃん…飛びましたよ!飛んじゃいましたよ!
WSで見た時は、わざと下手クソにやって笑いを取る気では…
と思うほどのひどさで若干引いてしまったんですが、
あら♪上手くなってんじゃん!
歌まで歌わせてもらっちゃって!良かったね。
しっかしこのエイトレンジャー…
最近長すぎるって専らの評判よ…!
ヨコ…頭に浮かんだボケを全部言おうとしなくてイイんだからね。

この日のMCでは、マルちゃんが免許を取った話題。
ヨコがマルちゃんに、免許の必要性をとくとくと説いてるんですが…
ワタシを含めエイターの多くは
「あれ?マルちゃん免許取ったんじゃなかったっけ??」
状態やったと思います。
マルちゃん何も言わずフンフンと受け答えしてるんで、
やっぱただのウワサやったんやろか…なんて思い出し始めた頃
大倉くんがガマンし切れなかったからか「もぅ言うたら?」と。
んでマルちゃん…ヨコに免許を取ったコトをネタばらし。
そん時のヨコの驚き様ったらないよ!
んで…ヨコは自分だけ知らなかったと思ってたけど、
次のユニットコーナーの準備でみんながハケた後、
残ったヒナマルの会話によると、
すばるくんにも言うてなかったとか…。
う…すばるくんは実際知ってたんか?知らんかったんか?

で、そのユニットコーナー。
すばヤスの歌がす〜んごく良かったわぁ〜♪
やっぱワタシ、ヤスくんのハモりが好きやわぁ。
しかもこの二人ってだけで気持ちラブラブ♪
とってもイイ気分でしたわ〜。
ウワサの亮倉★
ワタシの中ではカレらのランキングがあまり高くない方なんで…
キャー!いや〜ん!なんてコトはなかったんですが、
亮ちゃんのダンスが結構スキでしたわ♪
最後はヨコヒナマル。
ヒナちゃんがピアノ頑張って弾いてて…
スクリーンに映し出されるヒナ手にドキドキ♪
でもマルちゃんの作ったこの曲…ヨコには荷が重すぎたんじゃないかと。
マルちゃん…自分の歌唱力に合わせて作ったわね!?
なぁんか慌しく終わってしまいましたわ。
あ、ヒナちゃん、BJでもピアノ弾いて頑張ってたよ〜!
前に比べたら、顔を上げる余裕も出て、すごいじゃん☆なんて
思っててんけど、手の動きはまだガチガチのロボットくんでした…はは。

んでですねぇ…アリーナならではのミラクル!
ワタクシ『トロッコ』ってヤツを初めて体験してしまいました!
コンサートも終盤に差し掛かった頃、
今まで何も言わなかった係のおにぃさんが
ご自分の座席の所で見てください…と、
通路に若干はみ出したワタシを注意しに来まして。
あ…やっぱアカンかったか…なんて思ってたんやけど、
今思えばあれはトロッコが通るから危ないよ…ってコトやったんやね。
ヨコに亮ちゃんにヤスくん。
せっかくのトロッコではありましたが、チラッとだけ見てワタシは
場所を譲って空いた所で
向こうでまたも鳥獣戯画のカエル(注:イメージ)のように飛び跳ねてる
ヒナちゃんを見ておりました♪
でも、すんごくそばにエイトがいるんや…!っていう
興奮は味わえましたわよ!ホント…ビバ★アリーナだわよ!

今回、他人のふんどしでアリーナ席に入れちゃったワケですが、
何の障害もなくしっかり観れるってコトが、
こんなにも気持ちの良いコトやとは知りませんでした。
それと引き換えに(ヒナによる)ファンサはなかったんやけど、
それ以上に満足の出来る席やってコトがよぉくわかりました。
ヒナちゃんがスタンド後方のヒトたちにばかり手を振っても許しちゃうわよ。
で、そんな恵まれた環境で観れたから…というのも理由のひとつかもしれんけど、
ワタシ的にはめちゃめちゃエエコンサートやったと思います。
ジュニアがいなくても全然見劣りしないし、
シンプルな構成にも関わらず中身が濃くて全然飽きない。
メンバー一人一人が各々の仕事をしっかりこなし、
主役になったり脇に回ったり、
バンドであったりダンスであったり、
多種多様な組み合わせで楽しませてくれました。
ヘタな小細工なしで…まぁフライングはエイトレンジャーネタの一環として…
自分達の持ってるものだけで見事に1つのステージを作り上げたエイト。
正にカレらはローリスクハイリターンなオトコたち!
ファンサがメインで、あんまりコンサートを見た気がしないなぁ…と思いつつも、
徐々にそれに馴らされ始めてきた頃
エイト自身が原点に立ち返って、自分達を魅せるコトに徹してくれた気がして
ワタシはやっぱり

エイトは間違いない!

と思うコトが出来ました。
その安心感が、ワタシの母性本能の覚醒を促したのかもしれませんが…
ナニワ友あれ…ワタシはアナタ達にずっとついて行きます!
末永くヨロシクお願いします!
それと最後にもう1度…

ビバ★アリーナ!

いつかは自力で…。
posted by AYA〜♪ at 11:15 | Comment(3) | 生エイト

2008年05月05日

エイターちあ♪とりまコンの感想だお

タイトル…
最近でいっちばん嫌いなギャル語を並べてみました。
敢えて…でも意味なし。

昨日

城ホ参戦してきました〜!

立ち見でね★
それなりに見えた…
それなりにしか見えなかった…
やはりココはポジティブに
それなりに楽しんできました!

立ち見の上に浮気中…
そんなアウェイな感情の中、
自分自身どの程度楽しめるのか
いささか心配ではありましたが
我がダーリンは偉大でした…

ヒナちゃんが帰って来いってゆってる!

ダーリンが赤い糸をグイグイ引っ張ってくるモンだから
あっさりヒナきゅん♪
ただいま★ダーリンっすよ!

弁護士ぼっちゃんはおとなしくお勉強してなさぁい!
それをネコちゃんに観察されちゃいなさぁい!
またすぐ行くから(←行くのかよ!)

ってなワケで麗しのダーリンの活躍っぷりは
明日のアリーナ参戦がすんでから…
で、グッズの感想です。

ホントに購入出来るのかしら…
と思うほどすごかった横アリのウワサを聞いてたんで
さぞかし長蛇の列だと思いきや…!
待ち時間なし!
なんて時もあったりと…少々肩透かしでしたね。
売り場面積が広がったんかもね。
ヨコやヒナちゃんたちが改善したいって言うてくれてたもんね。
進言してくれたのかもね。

今回のグッズは特にカワイイよね!
あのハチの絵が…
めっちゃワルい顔してるにもかかわらずなんかカワイイ。
一緒にグッズ買いに行ったNEWSのファンのコが
バラエティ豊かなグッズたちをうらやましがっておりました。
…そのコはワタシよりもたくさん買ってたという…。

あ、その一緒に行ったコたちね
それぞれヨコ担・ウチくん担・山P担でね、
皆こぞって黒のレンジャーポーチ買うって言うんだけど
理由は

使えるやん♪

無難だからね…ははは。
ヨコ…自分の人気の証だと勘違いするべからずよ。
もちろんワタシはナス色ポーチ。
これがなかなか評判悪くって…。
周りから聞こえてくる声も
付き添いで来たようなおばちゃんが
「ワタシ紫買うわ〜!がっはっは!」
完全にギャグに使われておりました。
イイんだよ…いろいろと慣れてるから。

念願の∞型のペンライト…
これはすんごく迷いましたねぇ。
今回のコンサートの記念やし…
∞型やし…
ストラップ付いてるし…
え?買わないワタシはエイターにあらず?
なぁんていろいろね。
でも、どうしても前回のムラサキペンライトを持ちたい!
黄色にはそそられん!
と思って買いませんでした。
生粋のヒナ担(のフリをする)のワタシ♪
壊さないよう大事に使っていくわ!

メモ帳なんかも、どうしようかなぁって思ったんやけどね
DVDやCD配る時に使うよね(だよね〜!)
…なんて思ったんやけどね、
結局ボンビ〜AYA〜♪は買わず…。
ひょっとしたら夏コン、福井参戦ってなコトになるかもしれんしね。
ココはグッとガマンしましたですよ。

結局後は
めちゃ欲しかったメールガード
集め続けてるマジカルバンド
賢い主婦の必需品エコバッグ
それとパンフでごちそうさま♪
と相成りました。

今回のパンフいいねぇ。
誰がカッコイイって…

すばるくん! …いやマジでマジで

なんてオチにしようか…なんて思いながら
次々ページを進めてたら

はぅっ!!

我がダーリンのページで息を飲んでしまいますた。
いやぁん♪
ダーリンダーリンイイジャナイ〜♪
そっからはもぅヨコヒナだし〜!
マイクの寄り添い具合にも萌えちゃうし〜!
ヒナちゃんにしてはエロ度満載だし〜!
まぁ…あの上目線が
逆にどっか締め上げられてるようには見えますけども。
すんごくステキなパンフでございました!

『ワッハッハー!』リリースからこっち
いろいろ思うところありましてですねぇ
それを含めてまた語らせていただきたいと思います。

それではワタクシ…
今日たこ焼きパーティやねん!
関西人らしいGWを過ごし、明日に備えますです。
posted by AYA〜♪ at 13:25 | Comment(3) | 生エイト

2008年03月18日

ヨコソロすんで…日が暮れて…

去年の暮れに参戦した
『横山YOUがやっちゃいますコンサート』
レポもなんも上げんまま今日に至ってるワケですが
昨日、『第2弾コンサート』に(も)参戦した
菜月さんのレポを読んで思うところあったので、
少しではありますが感想文などを…。

どんなコンサートであったかは
すでに皆さんご存知でしょうから割愛しますが、
とにかく

みんなが期待しているヨコを全て見せる

という感じでした。

その時期ベリホットであったヨコ清四郎はモチロン
ブラックレンジャーも時夫くんも登場したコント。
ジュニアを従えバリバリに踊るヨコ。
スクリーンを使ってメンバーを登場させつつ、
真剣に歌うかと思えばパロッたり落とし込んだり、
ヨコならではの愛情のこもったメンバーソロのコーナー。
そして『おにぎし』で見せる切ない場面。

ファンの気持ちをちゃんと理解してる
ヨコやからこそ出来るコンサートでした。

すばるくんは自分の(と大倉くんの)コンサートと比べて
自分のコンサートは「オレのやりたいコトはコレや!」という
気持ちを前面に押し出したようなコンサートやったけど、
ヨコのコンサートは「お客さんを楽しませよう」という気持ちが溢れてた
…と言ってましたが、
ワタシは、ヨコにとっての「やりたいコト」=「楽しませるコト」
なんやろうなぁと思ってました。
すばるくんと同じで自分のやりたいコトを前面に押し出したコンサート…
だからヨコはすごく満足出来たやろうなぁと思ってました。

でも、先日の菜月レポ(@国際フォーラム)を読んで少し思い直しました。
その日のコンサートにはドラマで忙しい亮ちゃんを除く6人がやってきたそうで。
レンジャーに飛び入り参加したり、
MCではいつもの立ち位置に行こうとするヨコを制してセンターに立たせたり
「オレらの大事なメンバー横山裕!」と紹介したり
コレはす〜んごい嬉しかったやろうなぁと。

ファンが喜んでくれたコトはモチロン嬉しかったと思う。
でもそういう気持ちの表れをコンサートで充分に発揮するヨコを
メンバーが認めてくれてるというコトが
それ以上に嬉しかったんじゃないかなぁと。
そういえばメンバーソロのコーナーをメンバーに見て欲しかったって言ってたよね。
ヨコのメンバーに対する気持ち(いじり方やね)の
再確認みたいなコーナーやったもんね。
いちばん近くでずっと一緒に戦ってきたメンバー。
心底大事に想ってるメンバーに囲まれてすごく幸せやったやろうね。
ヨコにとってのホントの満足はココにあったのかも…。
そう想うとワタシも自然と目頭が熱くなっちゃいましたよ。

そしてヨコは

「ファンの皆さんは9番目のメンバー」

って言ったそうです。
ファンの安心する言葉もちゃんと知ってるよね。
B.A.D.の二人も、ヨコの背中には安心感があると。
愛するモノのためには自らを犠牲に戦ってくれそうな…
何かあった時は絶対に助けてくれそうな…
そう思わせるヨコやから
どうしよぅもなく子供なピーターパンやけど
みんなヨコのコトが大好きなんやろうね。

ワタシはその場にはいなかったけど
ファンのみんなも
他のメンバーも
ジュニアのコたちも
そしてその中心にいるヨコも
すごく幸せな時間やったんやろうなぁと
とっても温かい気持ちになったよ。
コンサート大成功おめでとう!
本当にありがとね…ヨコ♪
posted by AYA〜♪ at 04:39 | Comment(2) | 生エイト

2008年02月18日

心に残ったあの舞台 −「未定」壱(レポもどき編)−

いざレポを書こうとしたら、あれもこれも書きたくなって
あまりにまとまらないので、少し分けてみるコトにしました。
しかしなにぶん日にちも経っておりますので、
間違ってるトコも多々あると思われます。
雰囲気だけ掴んでくださいませ。

■オープニング楽屋コント
二人の楽屋風景。
ヒナが先に来て新聞を読んでるところにすばる登場。
話し掛けようとすると同時に声を出してしまったりして
なかなか話せない。
す「あの…」
ヒ「ん!ぅん!!」(咳払い)
何度もトライするが失敗。アンガールズのネタ的な気まずさ。
ヒナにかかってくるお誘いの電話の相手が気になるすばる。
す「だぁれ…?」
あわよくばその飯会に便乗しようとしたりする。
その後のすばるにかかってきた電話を今度はヒナが気にする。
ヒ「だぁれ…?」
押したり引いたり、言い合いしたりしながら、
結局はお互いがお互いを必要としてる感じが伺える。
そしてそのまま未定「壱」の舞台へ。

■オープニング
宝塚のような大階段の上から
きらびやかな衣装をまとったすばるがゆっくり降りてくる。
フライングのためのヒモが何本か見えている。
勢いよく走り出すすばる、そして…!

びよよよ〜〜〜〜ん!

着ていたキラキラ衣装が脱げ、
ハゲズラに腹巻ステテコ姿のすばるがぶら〜んと漂う。
本人曰く、ココがいちばん笑うトコらしい。
ゆっくり回りながらぶら下がってるすばる。
時々身体が正面に向くと、ヨッ!と手を挙げる。
す「「未定」壱はじまるよ〜!」

■「未定」いち…ぃ散歩?(VTR)
新大阪の町を二人でぶらぶらする映像。
いろんな店に立ち寄り、ダサダサな観光客アイテムを買いながら
ヒナに着せて行くすばる。
ダサい格好を見事にダサく着こなすヒナ…。
一緒に観覧車に乗ったり、
プリクラを撮ったりして楽しむ二人。

■即興コント
もじもじくんスタイルで二人登場。
後ろには数々の衣装や小道具が並んでいる。
その中から好きなモノを身につけて、
10分間で表現しろと指令が下る。
ヒナの選んだのは緑のジャージに麦藁帽子。
小学校の先生という設定らしい。
そしてすばるの選んだのは全身赤タイツ。
白タイツの上に赤タイツを着たすばるをヒナ二度見…。
すばるの役は線香花火の炎。
線香花火にまつわる思い出を語りながら
花火になりきり燃え尽きるすばる。
最後の最後…残り1秒まで引っ張って言ったすばるのセリフ
す「花火は…お好きですか?」

■ミニコーナー(VTR)
お絵かきコーナーではすばるくんが似顔絵に挑戦。
亮ちゃん・山Pと描いて、今度は誰を描いたかヒナが当てるコトに。
途中、無数の点をトントン描きまくるすばる。
大方の予想通り答えはヒナ。点はヒゲですね。
言葉遊びのコーナーでは、ヒナちゃんが出した言葉を
すばるくんがよく似た言葉に言い換える。
ヒ「東京特許許可局」
す「豊胸ちょっと破壊力」

■会社コント
ヒナが堅物風な上司、すばるがちょいキモい部下。
でも二人は出来てて、密かにメールのやりとりをしたりしてる。
ヒナの営業相手にヤキモチを妬くすばる。
すばるのお見合いの話を聞き悲しむヒナ。
ヒ「おい!企画書はまだか!」
す「出来ました」
『二人だけのハワイ(?)ツアー!』という企画書。
す「これにハンコお願いします」
二人の婚姻届。
ハッピーエンド?

■もぅエエやろ!(VTR)
普通に話をしようとしてるヒナの周りを
放課後電磁波クラブ(検索のコト…動画もあるよ)の
衣装を身に着けたすばるが
ただ「もぅエエやろ!」とだけ言う。
ヒナちゃんが何を言っても「もぅエエやろ!」

■関口信五のいってらっしゃい
ヒナちゃんはスタジオで、すばるくんが楽屋などを訪問。
ヒナちゃんが長きにわたりメンバーをどついてるという
犯罪者扱いをするテイ。
ヒナちゃんの楽屋潜入。
UFOやでっかいオロナインなどと一緒に。
「週末店主」という本を発見!
ヒ「やってみたいんだよ!」
その後観客席にすばるくん登場。
誰のファンか訊いて回る。
ヒナちゃん赤い服のヒトばかりを選ぶために
全員すばファン。
す「あの…赤い服のヒトはボクのファンかと…」
ヒ「そこを敢えて選んでんねや!」
オトコマエ。

■インタビュー(VTR)
「舞台にかける意気込みは?」などの質問に真面目に答えるヒナ。
続いてすばるくんにも同じような真面目な質問がくると思いきや
「しぶたにですかしぶやですか(ちょい忘れた)?」とか
「車のスバルとの関係は?」とか
全然関係ない質問。
真面目に答えてるすばる。

■ヒナ落語「フリーマーケット」
真面目に落語やってました。
愛してる。

■エンディング楽屋コント
最初と同じ楽屋風景。
すばるくんからヒナちゃんへダメ出しがはじまります。
とりあえずケンカ…。
ヒナちゃんが昔を思い出したり…お涙頂戴の場面。

■エンディング
オープニングと同じく宝塚のようなセットの中に立つすばる。
そしてフライング…で、ハゲヅラ…。

■エンドロール
「ズッコケ男道」の「ワン・ツー・ワンツー!」と流れた後、
「呑んで〜呑んで〜呑まれて〜呑んで〜!」と
「酒と泪と男と女」の替え歌が流れる。
「呑んで〜」を「飛んで〜」と歌い、フライングの様子が映ったりする。

■MC
大阪で演れてうれしい。
ウチのスタッフは皆おかしい。
オープニング楽屋コントで、ヒナちゃんのケータイを取り上げ、
それを隠すようにお腹をおさえて「月1回…お腹痛い」
如何にも女性の月のモノという感じでハケたすばるくんに、
舞台そでの女性スタッフが「ホントにキツいですか?」とマジで訊いたらしい。
マネージャーもおかしい。
ヒナすばと一緒に焼肉に行ったマネージャー。
遠慮せんと食べたいモン食べやと言ってもらいそこそこ食べた様子。
その後ヒナちゃん、これからもっと上のヒトと食事に行ったり
するコトもあると思うと…気を利かせて動けよと…いう話をし、
丁度カラになりかけたすばるくんのグラスを指して「ホラ」と言うと
「あ〜!ボクもぅ食べられないっすわぁ!」と答えた天然マネ。
他にも数々の逸話が。
結婚願望のないすばるくん。
一夫多妻制がエエと。
外国へ行け…いや、日本人がエエ…などなど。

以上です。
書きだしたらホント長くなっちゃうんで、
流れだけ大まかに書きました。
こんだけ読んでもあんま面白くないかもね。
でもこれがホンマに面白かったんだからぁ!
続いて「ハイテンション編」と「ローテンション編」をエントリする予定です。
予定は未定ですけどね♪
posted by AYA〜♪ at 16:47 | Comment(0) | 生エイト

2007年09月16日

短かった夏…城ホ2days

なんやかんやと色々ありまして
なかなか書く気になれませんで
放置しとりましたが…
少なくともヒナソロについては書いておかねば…と思い、
今更ですがエントリ。
もっちろん、ほぼ忘れております!
なので、ど〜〜〜うしてもってコトだけ書きますかね。


いやぁ…実に半年振りの生エイト!
しかも今までなかった2日連続の参戦。
そして立見…そしてファンサ…と。
なんだか初めて尽くしの2日間でした。
と言っても1日目は流れをなぞるのがやっと。
感想らしい感想は…あまりないかな。

当時の気持ちを思い出し、
ヒナオくんのビジュアルについて書きますと…

バッサカッコエエ!!

この日のヒナオくん

デコ出し耳掛けお嬢さまスタイル♪

だったんですよ〜!
あまりにカッコイイんで
マルヤス倉亮と何回も見間違えたよ〜。(←どゆコト?)
…んな感じでビジュアルはサイコー!
AYA〜♪は何度となく「カッコイイ…」と漏らしちゃってました。

そしてヒナソロ…半年待ったヒナソロ♪
いやん…

ヒナくんカッコイイ〜〜〜♪♪

エビバデスクリ〜ムだよ〜!

してAYA〜♪の評価は…?

95点!!

えっと…
「どこが5点減点なの?」と思った方…
実はそうじゃないんですよ。
決して100点から5点引いたんじゃないんですよ。
ワタクシ…どヒナ担としましては
常に盲目・贔屓目が作用しておりますので

ヒナオってだけで既に持ち点70点獲得済み

なのですよ。
え!?じゃあひょっとしてダンスは25点〜!?
その通りっ!(By.児玉清)

ウワサによると他の担当の方々は結構絶賛してたけど
ヒナ担はそ〜〜〜〜ぅでもなかったと。
一生懸命踊るヒナくんがいじらしくて愛しくて
思わず皆『母の目』で見てた感じのようですね。
感動して泣いたとしても、それは『萌え』ではないのです。

ヒナちゃんのダンスの特徴は、
良くも悪くも『カクカク』…そして時々『しなしな』。
今回の屋良っちの振り付けは
『しなしな』(『くねくね』かな)もしつつ『カクカク』って感じ。
まだまだその両方を兼ね備えたダンスにはなってなかったと思うんですよ。
一拍一拍ビシビシとキメて踊る今までの振りとは違って
三拍ぐらいくねくねくね…ビシッ!って感じで
力を入れまくって踊るヒナちゃんには結構しんどかったんじゃないかしら。
ビシッ!の余裕が無く、終始くねくねって感じでした。
いやでもすんごくカッコ良かったのよ〜♪
白い衣装も手にはめたグローブもステキやったのよ〜♪
でぇ〜も…25点。
AYA〜♪さん正直…

文ちゃんか屋良っちでこのダンス見たかった

何度か文ちゃんに目を奪われてたからねぇ…実際。

でもね、この振りが完璧になれば
ヒナちゃんのダンスは怖いモノなしになると思うの。
いつでもMAに入れると思うの。(←いや、入らいでも…)
その記念すべき第1歩って意味ではかなりイイ仕事やったと思います。
今後のヒナソロにも大いに期待です!

トークはやっぱヨコやね。
まず第一声が…

4キロ痩せました

客席ドッカ〜〜〜ン!
どんな掴みやねん。

次の日の第一声…

お気に入りのネックレスを家に忘れて来て少しブルーです
でもそんなの関係ねぇっ!
(By.小島よしお)

ヨコブラボー!

MCでは『飲酒検問』の話
初めて飲酒検問に遭ったヨコ。
アルコールチェッカーを向けられてもどうしていいかわからず

思わずパクッ!

警官…またまた〜!やて。

もひとつは『水が出ない』話
久々に家に帰ってシャワーを浴びようと思ったら水が出ない!
どうも水道料金の支払が滞ってたようで…。
ストックしてあったペットボトルの水を使って
なんとか全身を洗い終わり、やれやれってトコで気が付いた…

歯ァ磨いてない!!

しょうがないので近所の公園の水道で歯を磨いたとか…。
その時「ドームで3万人動員したアイドルやのに…」と切なくなったと。
あぁ…想像するだけでも凹むねぇ。

エイトレンジャーのヤスくんは超かわいかった♪
あんだけかわいこぶってんのを見て歯が浮かんのはヤスくんやからかもね。
ナスに「触んな〜〜!汚い!」ってアドリブも良かったわぁ。
「子供もたくさん見てるのに、そんなイジメを連想させるような…」って
言うヒトもおったみたいやけど、
そのセリフで方向性決まって皆アドリブ出しやすかったみたいやもんね。
ナスも上手にいじめられてたし。「オレあかすりしてきたばっかりや!」とかね。

ソロはワタシ、うまいコト全員のが見れたんですよ〜。
でもなぜあの組み合わせ?
いろいろ演出の都合ってモンがあるんかもしれんけど、
とりあえずヨコとマルちゃんのは分けても良かったんちゃうかしら。
そしたら1回で「歌う」タイプと「見せる」タイプの両方を楽しめるように。
ヒナすば亮倉で、ヒナちゃん以外3人とも「歌う」タイプでしょ?
まぁ…ヒナオくん自身は歌い上げてるつもりかもしれんけど。
マルちゃんと亮ちゃん辺り入れ替わっても良かったんちゃうかな〜。

アンコールは前に書いたとおり…ファンサ貰って大感激っすよ。
あ、そうそう…ヨコが上半身裸で出てきて
「脱いじゃった!」って言ったのが面白かった〜!
ちょっと恥ずかしそうにソロ〜ッと出てきてね…めちゃ可愛かったわ。
観客全員、ヨコがどんな気持ちかわかってるってのがエエよね〜。

え?印象に残ったのってコレだけ!?
なんだなんだ!半年待ってコレだけなの!?
まぁほぼ忘れたってのもあるんやけどね…ははは。

んっとね…後はちょっとしたグチ。
まだまだコンサート慣れしてないAYA〜♪が
ぜいたくワガママなコト言うてるだけなんですが…。


スルー可
posted by AYA〜♪ at 08:06 | Comment(3) | 生エイト

2007年09月05日

子・丑・寅・卯…立っち見〜! −HOW TO 立見席−

もぅ名実共にすっかり全国区…
押しも押されぬ人気となったエイトのコンサート。
昔のコトを思うと、ホンットにチケットが取りにくくなったようですね。
そうなると今後『立見席』も当ったり前のように出てくるかもしれません。
そこで、AYA〜♪が体験した立見席の実態をココでお伝えし、
いざ自分が立見席に当たっても困らないような
ある程度の心構えをあらかじめ身に付けておいてもらいたいと
…こぅ思うワケです。
「ワタシ今までアリーナしか入ったコトないし〜」とか
「初日やオーラスは狙わないから〜」とか
悠長なコト言っててはダメですよ〜。
ホントこれは…

明日は我が身

と思っていて頂きたい…!

さぁ皆さん…

覚悟しぃや〜!

まず手元に、待ちに待ったチケットが届きます。
ワクワクドキドキしながら開封…そして

はぁっ!!??

『立見 4番』
「意味わかんないんですけど〜」と、一瞬めまいがします。
これが俗に言う『立見くらみ』です。(←言わない言わない)
今回城ホでは整理番号順に入場ってコトになっていました。
でもこの時点ではまだはっきりどの辺で見れるのかはわかりません。
あまりに立見客が多いため、
スタンド12列と13列の間の通路にイスが並んでたコトもあったとか。
まぁそんなラッキーってなかなかないよね…と、諦めつつ過ごすコト数週間。

いよいよ当日です。
コンディションはいかがですか?履き慣れた靴履いて来ましたか?
会場に着くと、『親子席』と『立見席』はこちらです…と、
にぃちゃんが叫んでるのでそれに従います。
子供を連れてるか連れてないかで勝ち組と負け組に分かれる瞬間です。
思わず足早になったりします…。
行くと、1〜100・101〜200…のように整理番号で仕切られてて、
そこに並ぶんですが、この日はとりあえず〜600まではあったと思います。
開場時間には並んでおかないと後回しにされるそうなんで要注意。
仕切られてる中はまだ番号順にはなってないんですが、
チケットの番号を確認しながらの入場なんで
「あなた何番?んじゃ私の後ろね」みたいなコトまでは必要ないみたいです。

今回入場は30番ごとでした。
番号順に入場し、『H』の扉の前で少し待機。
ココで「立見席は最後列22列目の後ろです」と発表が…。
やはりそうか…ココでミラクルはなかったな。
ココまできたらもぅ整理番号は意味ないじゃんです。
今並んでる30人が第1陣となって客席へ…ココから早いモノ勝ち。

と言っても、どこが良席なんてわかりゃしない。
とりあえず次の日の席がMブロックなんで、反対側へ。
そして私がモニターも見たいと条件を付けたため、
A〜Bブロック付近(忘れた!)の通路横に決定。
モニターも、向こう側は照明と被るけど、近い方はギリギリ見れる位置やし
そん時は悪くないな…と思ってたんですけどね。

立見席の何がイヤっつってねぇ、
前の22列目と段差がないコトですよ。
ずっと立ってないとイケナイから…とか
最後列やから…とか
そんなんじゃない!
問題は段差にあるんですよ!
「いちばん後ろの席やったら立見と変わらんやん〜」

全っ然変わるから!!

私ら可愛そうなコトに結構なおチビちゃん♪
前に背の低いヒトが来るのを祈るだけでしたよ。

『立見 4番』なんてすんごく聞こえがイイんですけど、
コレがそんなでもないんですねぇ。
そりゃあ500〜600番代なんかに比べたら確実手すりゲット出来るんですけどね。
あぁそうよ…番号も後の方になると、
場所によっちゃ立見のヒトの後ろから重なって見るコトになるからね。
んでも、ある程度スタンド席の方々が着席されてからの方が選びやすい。
私らの前の方々は開演ギリギリにやってこられて(グッズ長蛇やったからね)
見たら二人ともめ〜っちゃ背ェ高い!!うひょ〜!
いざ始まったら彼女たちの背中しか見えね〜〜!ひえ〜!
そう思うと、ステージの位置より前のヒトの背の高さの方が重要かも。
あ、それと…Jr.担の子の後ろも結構狙い目。若くて気合いの入ったウチワの子ね。
Jr.がバックに付かない時にはとっとと座ってくれたりするのよ。ふふふ。
コレ結構な裏技でしょ?ゼヒお試し頂きたい。

最初に陣取った場所でも、見えやすい方見えやすい方って
なんやかんやズレちゃったりするから…
「押さんといてよ!」みたいに、譲り合えないヒトと一緒やと結構キツい。
隣りに並ぶヒトたちがイイヒトなら仲間意識が芽生えたりするのよね。
自分とは違った担当のヒトやったら、ソロの時とか譲りあったりしてね。
まぁ、始まる前から仲良くしとくにこしたコトないわ。

結局私が見えたのは、ほぼメインステージとセンターステージだけかな。
外周は手前が全く見えないから、
最初のバイクで登場するトコ、ヒナちゃん見分けられず…。
どこから出てくるのかわからんし、一瞬見えたとしても
見えてない時間の方が長いから、どこを走ってるのかも把握できず
気が付いたら真ん中でキメポーズしてました…んが…!
乗り遅れ感バリバリ…。

後は必死で背伸びしたり…
前のヒトがウチワ上げた瞬間に見たり…
まぁ、横のヒトは手すりに乗っちゃってたけどね。
正直不完全燃焼だったですよ。
ヒナソロが見れたのだけが救いですよ…。
しかしコレに付き合わされるコトになった相方ちゃん…
ホント申し訳ないっす。

「立見席やったらあるけど行く〜?」
んーと、私やったらあまりオススメしません。
「エイトと同じ空間に居るだけでいいねん☆」とか
「すばるの(←ちょっと限定してみた)歌だけ聴きたいねん♪」とか
「全滅やった〜〜〜!!」とか
そんなんじゃない限り、正規の値段では入らない方がイイと思います。
だってホント次の日「見えた」ってのがすんごい嬉しかってんもん。
同じ値段払ってアレはないわ…せめてお茶ぐらい付けてほしい。

『立見席』とは立って見る席に非ず!
時々見えるし…そこやったら立っといてエエよ〜の席
と解釈すべし!
「イヤ、私はよく見えたよ♪」
「背ェ高いから気にならへん」
なんて方もいらっしゃるとは思いますが、
AYA〜♪はもう二度とゴメンでありやす。
せめて「半額で立見券をご用意出来ますがいかが致しましょう」みたいに
ワンクッション置くってのはどうかねぇ。
それぐらいの手間やリスクぐらい負ってくれてもエエんでないかなぁ。
ジャニーさんってばよぅ!
ヒトの足許ばっか見てると、
今に足をすくわれまっせ〜!(←消極的脅迫)
posted by AYA〜♪ at 15:21 | Comment(2) | 生エイト

2007年09月02日

自分で開こう!ミラコー! −ファンサゲットへの道程−

コンサートの最後の最後の出来事なんで
本来後回しにされるべきこの話題…。
でもしっかり前振り済みだもんね。
通りすがりの旅のお方でも
「ファンサだって!?気になるじゃねぇか!」って
思わず佐野実になっちゃうわよね〜。
なぁんて、それほど大したコトでもなかったらゴメンよ。
AYA〜♪にとってはホント…ミラコーな出来事だったんだもん。

「エイト!エイト!」の掛け声の後、エイト登場!
最近ヒナちゃんはアンコールの時、
サッカー選手のよく着けてるヘッドバンドを着けてるようで、
この日も例にもれず着用。
そしてサッカー用の赤黒ストライプのユニフォームを着ておりました。
「アンタも好きねぇ」のような気持ちで見てると、
背中の番号は『13』でなく『8』。
あ〜エイト仕様なんや〜なんて思っておりました。

あ、そうそう…ワタシの座席は舞台向かってちょい左のスタンド。
昨日の立見席とは打って変わってよぉく見える8列目でございます☆
ヒナちゃんはファンサしながら時計回りに外周を回ってます。
2つのドームを体験した後の城ホール…
狭く感じたためか今回、ヒナちゃんのファンサは
一人一人の持ち時間が比較的長め。
あっちではジャンケンやってるし
こっちでは出し惜しみしながら腹筋見せてたり、
すんごく丁寧に回ってます。
サイン色紙は持ってらっしゃらないご様子ですね。

さぁていよいよヒナちゃんがワタシのブロックに!
ヒナうちわ(恋音さん作)とペンライトを持った手を振りながら
満面の笑みをたたえ「ヒナちゃ〜ん!」を連呼!
そしたらヒナちゃんこちらの方(←ワタシの方ってワケではない)を向いて
いきなりクルッと背中を見せ、
着ているサッカーシャツの背番号付近を指差して何やら目で合図!?
むむむ…?コレは何を言いたいんや??
自分がACミラン(のユニフォームに似てた)に入ったとでも??
充分テンパってる頭で出したおぼろげな答えが
今は「ヒナ」じゃなくて背中に書いてる名前「SHINGO」やと言いたい…のかも。
…んなワケないか。ムリがあるよね。
でもとりあえず「SHINGO…うんうん!」と口パクで大きく頷いてみました。
もちろんノリノリの笑顔で。
で、「エイト(背番号ね)」に関しても何か言うた方が…と思ったけど、
とりあえずわかりやすいリアクションをしようと、両手の親指立ててウ〜イェイのポーズ。
すると同じようなタイミングでヒナちゃんは片手ウ〜イェイ!
それを見てワタシ、「おっと!ココは片手が正解なのね!」と思い片手にチェンジ。
そしたらヒナちゃんは両手ウ〜イェイにチェンジ!
あらら〜!エライてれこてれこで噛み合わないぞ。
でもヒナちゃんは満足気に行ってしまいました。
…以上がコトの顛末でございます。


さぁ!コレどう思います〜?
ワタシの前の方にヒナ担さんらしき方はいたんですよ。
んで後ろにもきっと数人いるでしょ?(←きっとて!数人て!)
だからワタシとしてはイマイチ半信半疑やったんですよ。
先天的にはネガティブ思考の持ち主なんで
「ワタシに…ってワケじゃないよ」
「誰かが『背番号見せて』とか書いてたんやで」
「タイミング良く同じポーズしてるヒトがいるんやで」
…などなど、とっても悲観的。
でも隣りのあゆみちゃんは「すごい!すごい!」って言うてくれるし、
偶然ワタシたちの少し後方に座ってたあゆみちゃんのお友達のAちゃんも
あれはワタシに対するファンサやったと言うてくれるし、
もぅ、そうやと思うコトに…素直に喜ぶコトにしました!
てれこてれこのやりとりも、考えようによっちゃとってもリアル。
ワタシはヒナちゃんに、ヒナちゃんはワタシに合わせようとした結果かもしれんもんね。
んで、そうやって思い込んだところで誰にも迷惑かからんしね。
どこからともなく現れたヒトが「アレ…ワタシにくれたファンサですよ」
なぁんてイケズ〜なコト言うてきたりせんやろしね。
…ってなワケで、あん時ヒナちゃんと繋がってたのはワタシってコトで一件落着!
後天的ポジティブ思考を遺憾なく発揮するコトにしました〜!

コンサート…特にジャニーズのコンサートに行ったら
やっぱファンサは欲しいよね。アピールしたいよね。
一目で「あなたのファンですよ♪」なんてわかる出で立ちは
向こうにとっても一目瞭然で楽チンよね。
んでも、諸々の事情でそれが出来ないワタシにとって
小道具だけがささやかなアピール!
今回やっと念願の紫マジカルバンドが出来て嬉しかった!
それと何より恋音さんが作ってくれたヒナうちわ!
蛍光黄色の「ヒナ」の文字が暗くても結構浮かび出る感じでね。
しかもワタシ、ペンライト振らずになるべくうちわ照らしてたしね。
ははは…完全に間違った用法ですよ。

んで、ホントに自分に向けられてるのか確信が欲しいよね。
ウチワにアレしてコレしてって書くのも分かりやすくてイイよね。
ワタシ今回…あるコトを決めて臨んでおりました。

目が合ったと思った瞬間、こっちから投げCHU♪してやる…。

えぇえぇ…わかってますよ、イタイぞって。
そらモチロン恥ずかしいですよ…エエ歳こいて。
でも反射神経の良いヒナちゃんやし、見てたら何らかのリアクションありそうでしょ?
避けるも良し…
受け入れてくれるも良し…
返してくれたら尚良し…
スルーなら別のトコを見てたんや…
みたいなね。
その覚悟をしてたモンやから今回、
いきなりヒナちゃんの方から仕掛けてきた(誰にか知らんで)のには
えっ!ホンマ!?ビックリ!!でしたよ。
…のでなかなか確信持てなかったんですよ。

でも、アレがワタシへのファンサやと思えるようになってからは
もぅ思い出すだけでにやけちゃう感じ。
コンサートはモチロン楽しかったんやけど、
あのほんの30秒がとてつもなく楽しかった!
それまではキラキラヒナちゃんが眩しくて眩しくて…
何度となく「カッコイイ…」と溜息が出てたのに、
こん時だけは、それまでのドキドキが消えて、
昔からの友達としゃべってるみたいな
すんごく対等にやりとりしてる感じが
ホント楽しくて、すんごく嬉しかった!
あぁ、コレでしばらくは生きていけるなって思いましたよ。(いやマジでマジで)

最後に…
「ウチワは持たない主義です!」と、
可愛くないコトを豪語するワタシに
「自分が作りたいだけだから…」なんて言いながら
とってもステキなヒナうちわを作ってくれた恋音さん。
あのウチワがなかったら、こんな幸せな気分は味わえませんでした。
ホントにホントに感謝してます!
ありがとうございました。
これからも、ウチワをペンライトで照らすという姑息な手段を使いながら
AYA〜♪はヒナ愛ゲットのために頑張ります!

ミラコーは自分で開こう!

こっちから投げCHU♪してる、
明らかに立場を間違ってるヤツがいたらそれはワタシです…。
温かい目で見守って…ってか、無視してやってくださいマセ☆
posted by AYA〜♪ at 08:59 | Comment(4) | 生エイト

2007年03月01日

あな嬉しや!オーソレ番協

ドームコンも無事大成功に終わり、
今度はシングルだ〜全国ツアーだ〜言うて
朝からWS張りまくって…
ホントに忙しい…でも浮かれ気分の1日の始まり。
そんな浮き足立ったAYA〜♪をさらに浮かせるイベント…

『モモコのOH!ソレ!み〜よ!』番協

あぁん♪待ってたわよ〜関テレさぁん!
4ヶ月ぶりのオーソレ番協…ありがたき幸せ〜!

今回の番協は、今までと違うトコが多々ありました。
まず、「急きょ中止」の後のネット応募。
そして当選番号が初めて2ケタ台。え?マジ?
これって中止のお詫びを兼ねてめっちゃ大勢当選してるんちゃうん…。
なぁんてコトを思いつつ、電車に揺られて関テレへ。
すると、いつも並んでるのと反対側にズラ〜っと列が出来てる…。
あれ?こっちはファンクラブ枠で当選した人が並ぶトコじゃん…。
にわかに不安に。
ひょっとして今回、全員ファンクラブの人たち?ぜ…全員ヒナ担?
上から下まで全身ムラサキのヒトとか、
ドームコンの帰りっぽい若いヒトばっかりが目に付いてしまう。
うぇ〜ん!怖いよぉ…!素知らぬ顔してチキンハートなAYA〜♪
そして集合時間、その中からやっぱりファンクラブ枠の10数人が違う列に分かれた。
ホッ!良かったぁ…ドキドキ焦ってた私は完全に手が震えておりました。
どうも、いつもの会場で関テレさんの就職試験をやるらしく、
そのため並ぶ場所もいつもと反対側になってたみたい。
というワケで今回は別のスタジオでの収録でした。
エレベーターで6階に上がり、セットの裏で待機。
見覚えのあるようなないような書き割りや
「痛快!エブリディ!」なんて書いたワゴンが置いてあってめっちゃTV局〜!
そこそこ退屈しのぎになりました。

さぁ、いよいよスタジオ内へ。
今回の席は、担当の方がわりと 大ざっぱな 大らかな 感じの方で
端から番号の若い順に詰めろと…。え?いつもと逆やん…。
なので、倍率の高い難関を突破してゲットしたファンクラブ枠の人間が
ヒナちゃんを背中からしか見れないようないちばん端の席に座らされるハメに。
私も前から4番目やったんで、今回は真正面からヒナちゃんを見れる〜!って
ドキドキしてたのに、またもや藤本アナが被ってしまう席だよぉ。
おねぃさん…も少し気ィ遣って下さいよ〜?ココ重要よ〜!
でも近くで見れるだけで幸せよね!恵まれてるよね!…と言い聞かせる。

さてさて今回の前説…今まででいちばんのメジャーどこ『スマイル』です。
やっぱ若い子には結構人気でキャーキャー言われてましたわ。
でもツッコミのコまだまだ慣れてない感じ…。
3分程の間に「もぅ後ちょっとで始まりますけども…」って3回も言うたはりました。
まぁ生「ウーイェイ!」を見たから…記念にはなったかな。

そこそこ盛り上がったところで本編に。
今回のテーマは「カフェ」、ゲストは阿藤快氏です。
はぁん♪今日もヒナオさんはオトコマエ〜短髪王子に再会だよ。
最初のVTRを見た後の「カフェとか行く?」の質問に
「ボク〜〜〜、ノーカフェですねぇ」と答えるヒナオくん。
しかも、オープンテラス席に座るか否かの質問にも「ノーオープンです」と。
さすが昭和のオトコ!むしろ喫茶店の方がよく行く…とイメージどおり!
私も小洒落たカフェなんて苦手やけど、ドームコンの前に心斎橋で行ったなぁ。
ケーキを頼むとそこそこイケメンのギャルソンがこの中から選べと
サンプルケーキをテーブルまで持ってくるんですねぇ。
そんなん見たら全部食べたくなるんだなぁ…。なんだかなぁ…。(←ゲストに便乗)

ところで今回の座席…イマイチかなぁと思っておりましたがコレが意外と良い!
いつもはテーブルに隠れて見れない足許までバッチリ見えちゃうの〜♪
でね、まぁみんなとしゃべる時はやっぱり藤本アナとチラチラ被るし、
あっち向いてしゃべったはるわぁ…って感じしたけどね、
藤本アナとしゃべったり、話を聞いたりする時、思いっきりこっち向くのよ!!

きゃ〜っ!!くりくりおメメがこっち見てる〜〜!!

あの話し手を見る時の僅かに下から見上げた目で…
右ヒザに手首の辺りを乗せ、体重かけてちょっと右肩下がりの体勢で…

藤本アナ越しに見つめ合うヒナとAYA〜♪(←妄想)

いやん☆ドキドキする〜〜!
コレってガン見してもおかしくないよね…う、うん!おかしくない。
自問自答しながらうっとり…。はぁ…神様ありがとう!

本日スタジオには豆乳プリンとサンドイッチが登場。
今のところ毎回食べ物の出るテーマに当たってるわ。
嬉すぃ〜い♪ヒナちゃんが食べてるトコ大好きなんだも〜ん♪
たまにポロッと落としたり、
それをつまんでパクッと食べたり、
落としたトコをチョチョッと拭いたり…
あぁん!なんて可愛いのかしら〜!

プリンの器を持つ手も
紅茶にレモンを入れる手も
サンドイッチを掴む手も
おしぼりを使う手も
今でも脳裏に焼き付いているわ。

食べながらぼちぼち収録も終わり。
ピンマイクのコードを巻き取る姿も麗しいヒナオさん♪
私たちに軽く頭を下げて去って行くのかと思いきや
なにやら観客席を見渡してる…。
「今日ねぇ…ボクのお母さんの妹が来てるんすよ…」
えぇ〜?それって『七人のおかん』のヒナコに似てるという?
どこどこ〜!?ざわつく場内。
モモコさん気を遣って「どの人かわかったらなんやし…」と
誰を見るともなく「お世話になってま〜す」って言うたのに、
おばサマそれに答えて頭を下げられましてバレバレ〜。
私の席からは残念ながら見えなかったわ。
あぁ…向こうから4番目なら見えてたのに!ちっちっ!

その後ヘレンさんと並んでお話しながら帰って行かれました。
並んで歩くとやはりヒナオさんの背の方が高く、
ヘレンさんを少し見下ろすような感じで話していたのに
なんかす〜んごくオトコを感じてドキドキ〜!
あぁっ!横に並びたい!母親としてでもいい!と思いました…。

先日のドームコンでは手の届かない所で
歌ったり踊ったりするキラキラアイドルだったヒナオさん。
そして今日は手を伸ばせば届くような距離で
食べたり笑ったりしゃべったり…25歳の普通の青年 村上信五くん。
AYA〜♪はこの短い期間で両方の姿を見るコトが出来たよ。
どっちも大好きやけど、やっぱ普通な感じの村上信五くんがいいな♪
だからオーソレ…やめられまへんな!
posted by AYA〜♪ at 09:47 | Comment(4) | 生エイト

2007年02月27日

萌えすぎちゃって「ドームすみません!」 −ドームコン初日参戦記−

はぁん!行ってきましたよ〜!おっきなおっきな京セラドーム!
人が多いからグッズの列も長いワケやけど…
会場が広いから移動の時間も長いワケやけど…
ステージ構成が今までのコンサートと同じ感じなんで、
見た目は何の違和感もないような〜♪

そんな中、始まりましたよ…
回を重ねるごとに手の込んでくる『コンサート前の諸注意』
いよいよ映像化ですよ。
しかもキャストはお馴染み『七人のおかん』
関テレさんの全面協力といった感じかしら。
設定は自分たちの息子がドームコンを行うってコトになってるけど…
まぁそれも大して意味はないよね…ただの取っ掛かりよね。
「あれしたらアカン」「これしたらアカン」ってのを
コント仕立てで説明するなんて…今までに類を見ないわ!
ってか、そんなバカバカしいコト誰もしようと思わんかったってコトやろうけど…。
いろいろ説明をする間にだんだんハメをはずしてっちゃって、
すばるくんなんかが自分勝手に「ほんばにぼ〜」(←板東英二)言うたりするんやけど、
それもヒナちゃんがツッコミ入れて「係員の指示に従って下さい」ってコトを伝えたりね。
きちんと大事なコトを押えててエエ出来でしたよ〜。
ただバカやってるように見えるけど、実はちゃんと地に足付いてるカレららしく…
なぁんて…親バカかしら〜おほほ〜♪

コンサート前のクダリが長くなりましたが…実はですねぇ…
今回なんと…
AYA〜♪にとって初めての…

短髪王子コンサート!

…だったんですねぇ。
初めてのコンサートがFTONコン…魔のエクステ時代でねぇ…。
そん時そん時でもちろんカッコ良かったりもするんやけどさ、
おばちゃんパーマンとか落ち武者くんとかじゃなくって
全編短髪王子のヒナオさんは初めて!

もうねぇ…

普通にカッコエエ!!(←大賛辞)

ヒナオ王子くるくる回っちゃったよ〜。
AYA〜♪はカレの高速回転に弱いのよ〜。
ヒナオ王子腰振っちゃったよ〜。
いやぁん!AYA〜♪をイかせる気〜!?

ホント激ヤバですって…奥さん!

『ヘブンリ』で余裕のかけらもないピアノの弾きっぷりとか…
『未来の向こうへ』のソロパートでガクッと声量の落ちる歌いっぷりとか…
鳥獣戯画のかえるのような跳びはねっぷりとか…

あぁ…そんなカレの全てがスキ♪(いやマジでマジで)

さぁそして、恒例となりました『エイトレンジャー』
今回は『エイトレンジャー誕生秘話』と題して、
時代をさかのぼり、みんな幼稚園児に変身!
ヘルメットを通園帽に、バイクを三輪車に乗り換えてスタンバイよ。
それぞれ胸に名札を付けてまして…
「きみくん」とか「りょうたん」とか可愛く書いてんのに
ヤスくんはやっぱり

「安田」

…という小ネタも仕込みつつ。
「ヒーローにとって必要なのは力ではなく愛や!」(←アバウト)って
気付いたコトで、やっと真のエイトレンジャーが誕生したんだと。
まぁその間にボカスカやったりもするんやけど…そん時の、
怖がる亮ちゃんがか〜わいぃ〜!
やられるマルちゃんにぞくぞく〜!
すばるくんはエエ声〜♪(By.おかけんた)やし。
私の嫌いな『生着替え潜入レポ』もあってんけどね、
アドリブボケ満載やったから大ウケやったわ〜。

いやいや、歌や踊りの成長は1年位ではあんまり変化がわからんけど、
格段に違うのがアドリブに対する反応やね。

ヨコの振りでコントはいきなり『寝起きドッキリ』になり、
「ココが錦戸亮さんの寝てるお部屋です」って言ったら、
亮ちゃん、あたかも打ち合わせ通りみたいにステージに横たわるのよ。
んで、部屋に入り辺りを物色。
「あぁ!錦戸さんの使った歯ブラシです…どんな匂いがしますか?」って
ヤスくんに振ると… 「納豆の匂い…」ヒナ「臭いやろ!」と。
そんなんあかん!アイドルやで!とやり直しさせられるワケですな。
んで、引っ張って引っ張って溜めて溜めて…
3回とも「納豆」と素の顔で天丼をくり返したヤスくん。
技としては安直かもしれんけど、エエよ。良かったよ。
あんだけの数のステージをこなしただけあるわ!ホント成長やわ。

MCは今回めちゃ良かった♪
広島コンの時がイマイチやったから余計ね。
ほぼヨコの話でさ…
ヨコが風邪引いて初めて『ほんじゃに!』の収録を休んだ時の
メンバーからの深い愛…の話だとか、
ヨコがこの日のコンサート前の円陣を、『諸注意』のVTR見ててブッチしただとか…
もぉ〜〜〜〜書き始めたらキリがないので割愛。
ただ!ヨコヒナ冴えてましたよ☆

構成自体が関風コンと同じやったんで、
あの時気に入ったモノをもう一度見れて良かったって気持ちがすごく大きい。
DVDを見倒してからってワケじゃないしね。
『Who's foods?』も
『Fantastic Music!』も(今回は時夫&一平のVTR)
『High Position』も
改めて聴いてめっちゃ満足出来ました!
それと、すごく嬉しかったのは、
ヒナちゃんがクレーンで私の席の近くに来た時、
大好きな『桜援歌』がかかったの!
前回歌わなかったけど、今回は歌って欲しいなぁって思ってたから
す〜ごい興奮した!
しかも目の前にはヒナちゃん!
私、ヒナちゃんと向かい合って『桜援歌』を踊っちゃったわよ〜!
勝手に「カレとAYA〜♪はひとつだ!」って感じちゃったわよ〜!

実は私、今回1曲目から泣きそうになっちゃってね、
相変わらずヤスくん(が座席近くに来る)率が高いワケやけど…、
最初の曲でギターを弾いてるヤスくんが目の前でグングンせり上がって
結構高い所まで上がってるのに、天井はまだまだ上〜の方なのね。
そんなトコで大勢のエイターを前に、激しくギターを弾いてるヤスくんを見て
オレたち、こんな大きなトコでコンサート出来るようになってん!って
言うてるみたいで…なんかグッときちゃってさ…。
気持ちいいやろなぁ…あなたの幸せは私の幸せよ♪(←もちパクリ)
って気持ちになったわ。
んでその後、一人一人の挨拶の時に大倉くんが
「今日はオレたちの成長を見てやってください」的なコトを言うたんで、
あぁやっぱカレらも実感してるんや…と思って今日の姿勢が決まったのよ。

それからはずっと笑顔で見るコトが出来たの。
相変わらず外周を全力で走ってるヒナちゃん
ドームの隅々に響き渡る声で歌ってるすばるくん
ロングタキシードがマジかこええマルちゃん
確信犯的な笑顔の大倉くん
気持ち良さそうにソロ曲で弾けるヨコ
いつもの調子でエイターをあおるヤスくん
自分の「ちょっといい話」をされて照れてる亮ちゃん
いつもなら泣きそうになる場面も、
なんとなく温かい気持ちになって
思わずニコッと笑ってしまう自分がいてね…。
今まであった辛かったコト、しんどかったコト、
それを全部乗り越えて、
今、この空間には「幸せ」しかないんやって思えたの。
(内くんのコトも既に乗り越えて次のステップに行ってると信じてるよ)

私はまだまだ初級者程度のエイターなんで、
ヒナちゃんがトラウマに感じる程、お客さんの入らなかった時代を知らないんやけど、
でも、いろいろ見聞きしてるから大体のコトはわかってきたつもり。
なので今回のドームコンはちょっとした「お祝い」みたいな気持ちやったの。
いつもは持たないペンライトも、今までにない程のキラキラを見せてあげたくて持ったよ。
持ち慣れないヒナうちわ(恋音さん作)もちゃんと振ったよ。
関風を踊って欲しそうなヒナちゃんに答えて、アピールやめて踊ったよ。
『無限大』もそりゃ大声でね…。
もちろんそれはわざとやったんじゃなくって、極自然にそうしてたの。
いつもわりと「楽しませてもらおう」って気持ちで臨んでたけど、
今回はなぜか、エイトに楽しんでもらいたかったのよ。
「今まで頑張ってきたご褒美」的な感覚があったのよ。
まぁ私ごときがそんなおこがましいコト考えんでも、
エイトは自らが楽しみながらエイターを楽しませてくれるんやけどね。
でもこれがすばるくんのよく言う「一体感」ってヤツなんかなぁって…。

そう思うと私は断然「初日派」やって思った。
エイターは「エイトが何を仕掛けてくるか」をワクワクして臨み、
エイトは「エイターがどんな反応をするか」をドキドキして臨む。
一緒に作り上げてるって感じられるのよね。
それに比べてオーラスなんかは、
いろんな試みを重ねて辿り着いた最後の総仕上げで、
それを全部見て来た人もたくさんいるワケで、
出来上がった輪の中に入るのが苦手な私にとって
暗黙の了解で進んでいくように思える流れに
早く乗らなきゃ!って焦りの気持ちが働いちゃって
出来上がってしまった「一体感」の蚊帳の外にいる気分になっちゃうって感じかな。
完全な私の「邪念」なんやけどね。

まぁ私がどんな気分で臨もうと、
この広いドームの中は
エイトとエイターの温かい気持ちでいっぱいやったと思います。
あんなにバカ笑いして
あんなに大声で叫んで
あんなに踊りまくったのに
心の中はすごくホッコリしてて、ホント良いコンサートでした。

最後にどヒナ担を名乗るAYA〜♪の
ヒナちゃんがいちばん輝いて見えた瞬間を報告しておきます。

園児に扮したしんちゃんが鼻をほじってヤスくんに突っ込まれてたトコ…

珍しく品を落とした弾けっぷりがステキだったわ!
スキよ!AYA〜♪の王子さまぁ!
posted by AYA〜♪ at 10:20 | Comment(4) | 生エイト

2006年12月27日

まさかまさかの『よこやまつり』 −広島コン参戦記−

広島コンの夜の部に入ってきました。
す〜んごく温かい感じのコンサートでしたぁ!
どのコンサートに行っても終始興奮状態でほとんど覚えていないAYA〜♪。
もちろん今回もレポなんて出来ないよ。
セットリストなんてとんでもないよ。
なので感想のみUP!

まず気に入ったのはヒナマルヤス…ソロコン3人組の曲。
『WHO’S FOODS?』っての?
このダンスがカッコ良くってねぇ〜。
って言ってもほぼヒナオさんしか見てないんすけどね。
なんでも自分の歌うパートは自分で作詞したとか…
へ〜〜ぇ…

聞き取れてねぇよ!!

あぁ…不甲斐ない。
聞けたか聞けてないかも危ういよ。
私ってば…最低2回は入らんならんヤツやって実感しました。

すばるくんのソロ『Everyday Music』もステキでしたよ〜。
やっぱすばるくんにはず〜っと歌ってて欲しいって思った。
すばるくんはね、すぐ前をトロッコで通ったんよ。
すんごくきれいでね、振ってる手がちっちゃくてかわいくってね。
めっちゃ感動したわ。
それとすばるBANDの新曲はすごく気に入った!
やっぱヤスくんの作曲なんやろか…?エエ感じやったよ〜。

それでですねぇ…
今回何が良かったって…

横山 裕

エイトレンジャーでは常に主役のような立場なんで
目立つのは当たり前ですが、
今回のヨコのソロがめ〜〜っちゃエエ!!
かわいくて
カッコ良くて
もうサイコ〜〜!!!

前にSMAPファンの友達に聞かせてもらった中居くんのソロ曲…
中居くんがやりたいコトをぜ〜んぶ入れた曲ってのがあってんけど
それと同じ感じかな。
ヨコが言いたいコトを全部詰め込んだみたいな明るい曲でしたよ。

んで途中スクリーンに女装したヨコが映るんやけど
これが…

ハンパね〜美人!!

『ほんじゃに!』のおかん以上に美しかった!

ついでにヨコのダーリン役でヒナちゃんがジャージ姿で登場。
無意味に上着の前は開けてらっしゃる…はいはい。
「オマエと会う時はいっつもジャージや言うたやろ!」
…なぁんて、完全な「輩キャラ」です。
怒声を浴びせちゃったり…
ヨコのスカートめくってみたり…
実際のカレは絶対そんなコト出来ないと思いつつも

はぁん…黒ハート

私の中のMの血が騒いでしまいましたよ…いやん!ダーリン。
あ、でもこのダーリン役、エイトメンがそれぞれ演じてて
回によって違ってたらしいんよ。
いやぁ〜!ヒナオさんバージョンに当たるなんて私ってばなんてラッキー♪

今回のコンサートは、前回に比べていろいろ盛り沢山やった気がします。
前回はエイトが手を振って歩いてるって印象があまりにも強く、
ファンサのためのコンサートって感じがしたんやけど
今回はちゃんと魅せてくれたように思いました。
それと、ソロコーナーがすごく充実してて良かった!
エイトメンそれぞれがそれぞれのやりたい曲をやってる感じ。
それぞれの個性が強く出てて、
で、エイトレンジャーでは一つのまとまりを見せる。
すごく魅力的なグループやと再確認!
中でも、タイトルにもあるように、
ヨコの存在ってやっぱり大きいって感じたコンサートでした。
今回実は私、ヒナ熱に完全にヤられきってたようで、
一生懸命「ヒナオはみんなのモノ…(←でも呼び捨て)」と自分に言い聞かせ
感情をコントロールして臨んだ結果
珍しくヒナちゃんが2番手に降格しちゃいまして…。
その代わりにヨコがバ〜ンッ!と最上位に仁王立ち☆
はっはっは!コントロールしすぎさ!
…ってなワケで、
ヒナソロコン参戦記タイトルの「ごめん!」に繋がるんですけどね。
「三日天下」ならぬ「一日天下」でございました。
ヨコ…申し訳ない。
AYA〜♪にとってヒナの存在はそれ程大きなモノなんだよ。

しっかし…
今回はみんなをまんべんなく見たと思っててんけど

見事に三馬鹿の感想だけでしたなぁ。

どんだけ好きやねん…。
posted by AYA〜♪ at 09:46 | Comment(0) | 生エイト

2006年12月24日

ごめん!やっぱりヒナが好きっ!! −ヒナソロコン参戦記−

AYA〜♪にとって、楽しみでもあり、試練でもある…

ヒナソロコンに行って参りました!

あぁ!イブイブさ!

もうねぇ…出発前から動悸がしてね…。
松竹座に着くと挙動不審になってね…。
だってさ、あっちもこっちもヒナ担ばっかよ。
誰見ても負けてる気がして、
自信喪失…凹みまくりで倒れそうよ。
もぅステージ上のヒナオさんしか見ないと決心していざ出陣。
運良く3階最前列…他の座席がほとんど見えなくて良かったよ。

あと少しで開演…
会場ではヒナオさんを呼ぶ掛け声…なしで(!)手拍子が。
なんだ?「エイト!エイト!」みたいなのはないの?
これじゃあヒナオさんの勢いが付きゃしない!
ココはいっちょAYA〜♪が一肌脱ごう!と思って気合い入・れ・て〜叫んだよ。
「ヒ〜ナ!!ヒ〜ナ!!」って。

めっちゃ恥かしい…。

いやいや、そんな小さなコト気にするヒナオさんじゃないとは思うんやけどね。
でもやっぱしっかりとお膳立てしてさしあげたいじゃないの…せっかくの晴れ舞台。
そしたら掛け声は「信五!信五!」ってコトになってたみたい。
ははは…そんなん知らんがな。
今さら変更するのも余計に恥かしいんでそのまま勢いで突っ走る。
複数の掛け声がコダマし、かえって妙な感じにしてしまったAYA〜♪。
良かれと思ってやった結果がこぅ…ヒナオさんごめんなさい!
「ヒナヒナ言うとるヤツおるで…」って思った方…すんませんそいつぁ多分ワタクシです。

さて私の羞恥心も限界に近くなったところでいよいよ開幕!

ヒ…ヒナオさんだぁ〜〜〜!!

うわ〜ん!今日もカッコいいよぉ!
とりあえずココでAYA〜♪の想いはピークに達してしまいます。

元気に飛び跳ねるヒナオさん
大勢のファンに囲まれたヒナオさん
たくさんのジュニアを引き連れたヒナオさん
そしてこのセリフ…

オレ勝手に楽しむから!

涙どっばぁ〜〜〜!!
ヒナオさんが素で楽しむんや!
ヒナオさんがやりたいコトいっぱいやるんや!
良かった!カレは今日も幸せだ!
もぅ嬉しくて嬉しくて
涙が止まらなかったよ。

オープニングの勢いも一段落し、お芝居のコーナーに入ります。
いや…あの、B.A.D.のお二人…ちょっと間違うてない?
う〜〜〜ん…これって『芝居』って言うのかな?
たぶん巷では…

『コント』言うんですぜ!

そう…こっからは延々と『コント』と『トーク』。
おいおい、これがアイドルのコンサートかい?
これじゃ…

ちょっとコジャレた新喜劇だよ

オープニングとエンディングを歌やダンスでキメたスタイルのお笑い…。
『レビュー』とも言えるかどうかビミョ〜。
吉本主催の『村上信五でホーリーナイト』なのか?
まぁ、それほどコント部分の完成度が高かったってコトやねんけどね。
専属の構成作家でもおるんちゃうか…って思ったよ。
もちろんトークも相変わらず流暢!
大勢のジュニアをツッコミまくり!いじりまくり!
本人さんシュールや…とか言うてはりましたが
いやいやベタで良かったっすよ。

あ…歌とダンスの話もしとかんとね。
『オトコマエ芸人』と間違われたら困るからね。
歌は、すばるパートを歌う時に若干
「あぁ…グレードがぁ…」って思うコトもあったけど
良かったよ〜。声好きやし。
んでダンスは、いつもよりもステキやったと思う〜☆
『フリ』じゃなくて『ダンス』を見れてすんごく良かったわぁ。

不安いっぱいやった『大阪太郎』さんもアンコールで登場。
思ったとおりの盛り上がりの中、
カッコ良く歌いあげ、
でもヘンに引っ張るコトなく、
サラッとテンポの良い引き際だったんでイヤじゃなかったです。

でもね…一つだけ私気に入らなかったコトがあります。
今までエクステや〜Bガタンや〜チャラ上や〜
言うて「エエ加減にせぇっ!」って思ったコトも何度かありましたが、
それでも「ヒナオさんが望んでやったんなら…」って、思ってきました。
でも今回はホンット!嫌いになりそうなぐらいイヤやった。
それは…

スクリーン越しの生着替え

ヒナルの野郎!どこまで『自信』のオーラ放ってんねん!
初めてヒナオさんを「しばきたい!!」って思いました。
言うとくけど、今のAYA〜♪の前蹴りは殺人技やで!
まぁ…
彼なりのサービス精神なんでしょうけどね。
コントまでの間をつながんならんB.A.D.のため二人に
身体を張った小道具を提供したんでしょうけどね。
なぁんて、結局アマアマなAYA〜♪
でも、ヒナ手ヒナ足…大好物にもかかわらず、
唯一ココだけは下向いてて見ませんでした。

AYA〜♪的にはそこを除けばもぅ完璧!
何よりもヒナオさんがのびのびとやってるのが良かった!
エイトのおかん『ヒナ』じゃなくて、
一人の『ヒナ』がフリーダムにやってる姿を見て
AYA〜♪はホントに嬉しかった。幸せやった。

ファンサを求められ過ぎると絞りきれん八方美人さんで…
「オチがない」と前置きしながらムリヤリ自分を落とし込んでオチつけたりして…
しかもそんなオチに限ってウケへんから焦ってすぐ次に進めちゃって…
「いちばん楽しかったんはボクでした」ってへりくだるようなコト言うて…
まだまだ誰にも嫌われたくないって感じが抜け切らんような気がするけど
でもでも…
限りなくカレの「コア」に近いであろう部分のたくさん詰まった
すんごく楽しいコンサートでした!!

たくさんのファンに見守られ
たくさんの後輩に慕ってもらい
たくさんのスタッフにお世話になり
感謝する気持ちを忘れたらいかんと思うけど
それもこれもあなたが今まで
何事にも手を抜くコトなく
一生懸命やってきた結果だよ。

エイトサンタさん
ハゲサンタさん
そしてジャニーサンタさん
もしも願いが叶うなら…

これからも、
カレの頑張りが形になって表れるような場を…
カレが愛されてるコトが目に見えてわかるような場を…
いっぱいいっぱい
カレに与えてあげてください!

それが今のAYA〜♪の願いです。
posted by AYA〜♪ at 13:58 | Comment(4) | 生エイト

2006年10月30日

秋の全国ツアー オーラス日記

行って参りました〜。神戸オーラス。
はっちゃけて参りました〜。踊り狂って参りました〜。
楽しかったよ。うん。
順番むちゃくちゃかもしれんけど、思うたコトなど…。

まずは、恒例になってんのかな…場内アナウンス。
今回はかみ気味の大倉くんが担当しとりました。
それから、スクリーンに楽屋裏を撮ったVTR(オンタイムじゃないよ)が流れまして
コレが結構面白かった。
ギターを弾いてテンション上げる人や
歯を磨く人(←ヒナちゃ〜ん♪)…に便乗する人(←乗っかりキングすばるくん)
の、合間合間に
ヨコがひたすら麺を食べてるショットが映るのに大ウケしました。
やっぱエイトはオフショットだね。

さてはじまりはじまり〜!
曲はほとんど『Heat up!!』と同じ。
歌いましたよ。踊りましたよ。

さぁ!そしてヒナオさんの『The Detective』
踊る踊るヒナオさんをオペラグラスでガン見!
きゃ〜!やっぱカッコイイ〜〜〜!
…ねんけど

髪の毛長すぎて顔が見えん!!

もぅ〜、なんとかしてよ〜マイケル〜!!

そして出ました!コンサートの目玉(?)『エイトレンジャー』
何が面白いって、ヨコすばのギャグ合戦ね。
「なにぃ!?」って言うだけやねんけど、
その言い方を各々シュチュエーションを設定して言うんですわ。
のれんをくぐりながら…「なに?」
起こされて…「なにぃ?」
…と、互いのハードルを交互に上げていくヨコすば。
ステキ♪
センターステージで見てるヒナちゃんも、たいそう誇らしかったに違いありません。
まぁその後はいつもの展開ですわな。
で、今回の必殺技は『エイトバブルアタック』。
大量のシャボン玉をすばるくんの口から出して(るように見せて)攻撃する秘技ですわ。
合体したエイトレンジャーをそのままスタンバらせといて、ヒナちゃん
ステージ上に置いてある大きなシャボン玉メーカーを取りに行きます。
それを取りに行く時の「ちょと待っててや…」と、
取って帰って来た時の「はい、言うて!」がツボ!
「準備OK!」とか「ええで〜」とかじゃなくて「(掛け声を)言うて」ってのがめちゃ気に入った。
ヒナちゃんのセリフ…時々ツボにずっぽしくるのよね〜。

んで、ザーッと歌って踊りまして。

今回のMCはグダグダしてなくて面白かったわ。
とりあえずヨコがスネてます。
亮くら…オロナミンCのCM
ヒナマルヤス…ソロコン&ドラマ
すばくら…ライブ
みんなピンでやってるのに自分だけオファーがないと。ホンマやね。
そんなこんなで見た目年齢の話。
ヨコは大倉くんとしゃべってる時、大倉くんより年下に見られたらしい。
まぁ黙って聞いてる大倉くんの方が
べらべらしゃべってるヨコよりは落ち着いて見られますわな。
ヒナちゃん、それはしゃあないと…んで、
自分も、ちょっと挨拶するぐらいやったら28歳に見られると言うと、
大倉くん、しゃべったら30過ぎに見えるて…。
はっはっは!あるある〜〜!!
いやいや、そんだけしっかりしてて落ち着いてるってコトでっせ。

すばるくんは今回もあんまりしゃべりませんでした。
歌姫やモンね。ノド労わらんとね。
でも、ジュニアの新ユニットの紹介の時、
神ちゃんが着てる赤い衣装を見て
「それオレの衣装やんな」って言うてました。
おぉ〜関ジュでもお下がりがあるのね!
エイトの魂がジュニアのコに脈々と受け継がれてるようで
すんごく嬉しかったわ。

途中からヒナちゃん、あまりに我がの髪の毛がうっとうしかったんでしょう…
ポンパなヒナちゃんになってました。
あぅあぅ…いよいよ萌えないよ。
そういえばヒナちゃん…痩せた?
はっきりわからんけど、なんかすごく「いろは」の頃のヒナちゃんに見えた。
いや、サマスペの舞台稽古してる頃の目が落ち窪んだような顔よりはいいけどさ…
「いろは」の頃って、私にとっては「リス」やねんモンな…。

先日のレンジャーで、ヨコが『おにぎし』完璧やったって書いてたよね。
今回…ひょっとしたら…ヒナちゃん…ズレてたかも…最初の方だけね。
私も一緒にハモって、気持ち良かったわぁ。

えっと、今日のDJはマルちゃんでした。
ヒナちゃんが後ろに控えてるってのは万が一の保険でしょうか…。
まぁ、マルちゃんやからね…何が飛び出すかわからんからね…。
でも、こ れ がマジ…めっちゃ面白かった!
やってる内容の空っぽさと、
「やるぞ!」っていう気構えの表れた表情とのギャップがたまりません。
スクリーンに映るマルちゃんの顔はめちゃめちゃオトコマエでした。
んで、中身のないのはマルちゃんも重々承知で、
何も考えるなと…考えると頭がおかしくなる…と言うてはりました。
私も忠実に…何も考えてなかったんで何も覚えてまへん…。

アンコールは3回でした。
早速お脱ぎあそばしてたヒナオさん…いいよ、これは許すよ。
肩に掛けたタオルからはみ出した腕のラインがステキ…。
背中が光ってるよ…。カコエエよ…。
私の脳裏にくっきりと焼き付いてるのはこん時の背中っすわ。

私実は、ヤスくんとの縁がえらい深い感じで。
今までのコンサートや舞台、いっつもヤスくんが近くに来るんですわ。
んで今回もヤスくんが投げたサイン色紙…私の隣りのコが取り合いしてました。
それがヒナちゃんの色紙やったら
「お願い!ヒナちゃんのちょうだい!!!」って
泣き叫んでもゲットしようとするかもしれんけど…
かわいいかわいいヤスくんやけど…
命が大事なんで、スルーしときました。

まぁまぁそんな感じで楽しいひと時は終わったのでした。
エイトのみんな…ホントお疲れ様でした。


まだちょっと語ろうかな…
こっからはAYA〜♪にアマアマ〜な人だけ読んでね。
ポジティブやけどガラスのハートなモンで…

怒んないでね…
posted by AYA〜♪ at 17:29 | Comment(7) | 生エイト

2006年09月26日

オトナなAYA〜♪の『OH!ソレ!』番協レポ

今回、ココでは大々的に報告しておりませんでしたが…
実は私…

『OH!ソレ!』番協に行っておりました!!

はい!拍手〜!!パチパチパチパチ!

まぁ、コメント欄まで読んでくれてる方には承知いただいてたと思いますが、
見事ファンクラブ枠で当選し、2回目の『OH!ソレ!』です!感涙!
…なので、忘れないうちにレポ。
ラジオレポもバースデー企画も後回しでレポ。すんまへん。

まずは事前のみゆうたんからのメール

「髪型も戻ってるみたいやし」

えぇっ!!マ…マジっすかぁ!?

私の苦手とするポンパなヒナちゃんを覚悟して
低めに設定してたテンションがココで一気にMAX!!
あぁ…動悸が…
あぁ…手足のしびれが…
完全に酸欠状態のAYA〜♪
関テレに着いても出るのは溜息ばかりなり〜。
隣りに並んだ方に「髪の毛切った」って聞いて、
にわかに自分の身を案じてしまう。
うっわぁ…泣いてもたらシャレにならんかなぁ…。

そしていざ出陣!
今回も最前列の5番め。
ふふふ…コレがですねぇ、前回の1番よりもやっぱ良かった!
丁度真ん中!!モニターの後ろ!
うぅわ!ぜぇったいヒナちゃんの視界に入る〜〜!!
運動会とキャンプでキズだらけになった足を隠せ〜〜!!(←隠れた♪)

説明しよう!
この『OH!ソレ!』の観覧にはファンクラブ枠と関テレ枠があって、
ファンクラブからは1回の収録につき10人程度しか入れない。
関テレ枠当選の場合は先着順に席が決まるのに対し、
ファンクラブ枠は当選はがきにあらかじめ番号が書かれてあり、
その番号順に座席が決まるようになっている。
例えばファンクラブ枠当選者が10人いたら、
セット側から見て最前列右から10席がファンクラブ席となり、
この場合10番の人がいちばん右端の席になるというシステムなのだ!


ってなワケで今回は藤本アナが被らない分ヒナちゃんが良く見える〜〜!
うわぁ…!ドキドキドキドキ…!
前説はお笑い好きの私も知らない若手芸人
『ソラシド』(baseよしもと出演中)がソツなくこなし、
いよいよ出演者登場!!

キャ〜ッ!ヒナちゃぁ〜〜ん!(←心の声)
…ん?髪切った?(タモリ)き…キレてないっすよ?(小力)
先日の『ほんじゃに!サッカー』でしてたようなカチューシャで
前髪をがっつり上げてるって感じやけど
後ろ髪もクリクリだし、切ってはいないみたい…。
この時点で私のテンション1割減に…お陰で「萌えしろ」が生まれたよ。
私の中では短髪黒髪、妄想的にお堅くキャスティングされてたヒナちゃんが
まだまだチャラけ気味やったから安心したって感じでさ。
最早その方が普通になってるのが残念やけども…。
いやいやでもすごく良かったのよ。
コカコーラCMのKREVAみたいな感じで、
多少チャラついてはいるモノの、やっぱカッケェ!!
ライトの当たったヒナオさんは顔色も良くお元気そうでなにより♪
おそらくコンサートの影響で、より一層ステキなハスキーヴォイス♪
どヒナ担にとっては申し分のないビジュアルです!

さて今日のお題は『焼きそば』。
前回の『鍋焼きうどん』といい、なぜか麺類だな。
VTR明け、モモコと藤本アナが行ったSMAPのコンサートの話題から。
そっかぁ…モモコってブレイク前からのSMAPファンやモンねぇ。
んで「木村くんと目が合った!私しか見てなかった」と言い張るモモコに
ヒナちゃん「そんなヤツおんねん〜!」と…。
「あ、はいココに…」と思った人間、何人いたでしょう。
んで、カメラ止まった時にモモコ
「キムタク全然こっち見てくれへんねん…!」ぼそっと言うてはりましたけど。
わっはっは!!本日モモコさん、めちゃ面白いです。
このSMAPネタで、ヒナちゃんココだけの話をしてくれました。
それは…あのね、あのね…

言えな〜〜い!!

だってヒナちゃんが言うたらあかんって言うねんモ〜ン。
ヒナちゃんとのヒミツの約束やモ〜ン。
なぁんて…ただTVでは言えない容ってだけで、とっておきニュースってワケじゃなかったよ。

焼きそばは『塩派』というマイノリティーヒナちゃん。
ココで私も『塩派』やったらおいしかってんけどね〜。
会場ほぼ『ソース派』やとわかり、ヒナちゃんちょいショック!
何をおっしゃいますやら…
あなたサマのその一言で、何人の女子が『塩派』に寝返るコトか…。
おそらく7割の人間は「今度塩も食べてみよ〜♪」と思ったに違いありますまい。

場所は替わってキッチン前。あ〜!こっちもエエ席!
移動前、立ち姿のヒナちゃんの足を見て思わず
「あぁ〜めっちゃカッコいい…」ともらしてしまうAYA〜♪
ちょっと恥ずかしく思ってしまうあたり、
『OH!ソレ!』番協では、適度に理性が働くオトナなAYA〜♪に成り得ると判明。
コンサートや舞台の「Heat up!」した感じもいいケド、
こういう目線で見られるってのもなかなかグーよ。

さてココではVTRで紹介された『すき焼きそば』を、お店のご主人がその場で焼いてくれます。
牛肉をたっぷり入れ(1人前100gらしい)、割り下で味付けした『すき焼きそば』。
場内め〜〜っちゃいい匂い!!
座ってる所からは鉄板が高すぎて見えないんで、時々モニターでチェック。
普通のすき焼きみたいにタマゴを絡めて食べたりもするらしく、
ホンマすんごい美味しそうでしたよ。
さて、試食タイム。
ゲストの有坂来瞳ちゃん…お肉をガバ〜ッと取っちゃって若干恥ずかしい感じ。
ヒナちゃんは「ボク麺が好きなんで」と言いながらその後から取ってたけど…
お肉ほとんどなくなってたとか…。(←憶測)
んで一通りみんなの様子を見ながらヒナちゃんずるずる〜♪

ばっさウマイ!!

はい出ました。最上級の生「ばっさ」っす!
タイミングを見計らって叫んだ後の
ちょっと恥ずかしそうで
ちょっとやったったみたいな顔…

ばっさカワエエ!!

生ヒナちゃんに会えたって実感できましたよ。
やっぱ食べてるヒナちゃんサイコー!
私にとっては食いキャラのヨコや大倉くんよりもステキさ!
目指せ!太一ポジション!!

そして最後は場内をくまなく見渡しながら両手でバイバイ。
目は合ったような合わんかったような…。
うん!でも満足よ。
今回は2回目という余裕と、
隣りの人と仲良くなったっていうのがあって、
前回より『視聴者』っぽく楽しめたかも。
ヒナちゃんに「あぁ…あの人楽しんではるわ」って思ってもらって
明日への活力にしていただければ本望でございます。

放送日は10月14日。
この回はトークも面白かったし、ゼヒ見てくださいね〜!
よぉし!また頑張ってはがき出そう!
posted by AYA〜♪ at 08:56 | Comment(7) | 生エイト

2006年08月28日

じっくり見れたよ! 『サマスペ』沈着冷静編

やはり2回入ると違うねぇ。
多少心の準備が出来てるんで、モレがなく見れたと思います。
っつってもやっかしショータイムはヒナオさん以外の記憶があまりございません。
なのでお芝居の感想をちょこっとだけ…。

最初、船が漂着したシーン。
舞台の前の方ではヨコや亮ちゃんが演技してて、
薄い幕の向こうでは他のメンバーがスタンバイ。
そん時、すばるくんが何かごそごそしてるなぁって思ったら、
幕が上がったときに慌てて持ってたモノを手放して気を付け!
顔は照れ笑いっつーか、なんかニヤけてました。
あなた一体何してたのさ…キャラに合うてないコトしてたんちゃうん。
わかってる?あなた「リンタロウ」なのよ!
このシーンで気に入ったのがヒナオさんの演技…あれ?またひいき目か?
裸足でしゃべりながらうろうろして、
船体なんかな?ちょっと高い所にひょいと飛び乗って座るんやけど、
自分の足の裏と足の裏同士でパタパタと砂をはらうんですね〜。
その後も靴をひっくり返して、中に入ってしまった砂を出したりね。
いいねぇ、なかなか!芸が細かいよ!よっ!いぶし銀!!

それから、マルちゃんが食料をガメるシーンではオレンジをころころ転がしてしまい、
なかなか手に入らんかってんけど、カバンをバサッとその上に投げて捕まえたり、
とにかく必死で…めっちゃ時間くってました。
んで、必死なマルちゃんを泳がすだけ泳がして、ヨコの一言
「ごめん、今めっちゃ見えてもてんけど…(←アバウト)」。
ちょっと焦った感じのマルちゃんが良かったです。
んでその後ろで亮ちゃんは「早い者勝ちや」と、さっさと取ったバナナを食べてんねんけど、
半分以上ヤスくんの口に押し込んでました。
マルちゃんが笑いを取ってる後ろで、密かに口からはみ出るほどのバナナをくわえてるヤスくん。
思わず笑ったよ「あ…チンパくんできあがってる♪」
出すに出せず、飲むに飲めず、めっちゃ苦しそうでした。
しかも最後まで誰にもいじられませんでした。ははは。

花道にはユウキくん(この日は神ちゃん♪)の身に着けてたシャツ。
大倉くんは駆け寄り手に取って、にわかに信じ難い現実にショックを隠せません。
花道の丁度セリの横に座ってた私は「はぁはぁ…!」いうナマ息を聞いてしまいました。
ナマ声はマイクを通した声と被るから聞き取りにくいけど、ナマ息はよく聞こえたよ〜。
とりあえず自慢しとくか…って感じです。

マルちゃんが好きな音楽について話すシーンは毎回アドリブみたいでした。
もぅココはホントマルちゃんフリーダム!
突っ込みのヤスくんとヒナオさん相手にイキイキと好きなコトやってます。
今回は『マーカ』(←って聞こえた)。
ロックは嫌いで、有名な作曲家2人ほど(←誰やったか忘れた…)の曲は好き…。
「あと『マーカ』が好きです。民族クラシックなんですけど…」と
謎の言葉を残し、ちょっと高くなった舞台の上を飛び跳ねながら、
『裸族の儀式』みたいに「あ〜あ〜」って歌うんです。
それがもぅ、マルちゃんらしくてめっちゃ面白い!!
ヒナちゃんに「ほとんど『民族』やんけ!」って突っ込まれてました。
ホント、とにかくマルちゃんスベり知らず〜!

申し訳ない!ヨコの演技って、私あんまり得意でなくって…。
でも、島の男の子を火事から救った時のヨコはすごくカッコ良かった!
普段はみんなに対してキツイことを言うヤなヤツやけど、ホントは優しく頼りになる…
なんか実際のヨコとちょっと被って、ホレちゃいそうでしたよ。

ユウキくんのお墓を作るシーンの大倉くん、エエ演技してはりました。
涙をこらえるかのように向こうを向き、
悲しい表情を浮かべるヒナオさんも良かったんですが、
大倉くんは…泣いてましたねぇ。
おメメうるうる…ライトが当たってキラキラ…かわいかった。

ヒナオさんがもう一人の自分と戦うシーンは…前に言うたとおり迫力ありました。
膝立ての状態から後ろにバタッと倒れて、そのままス〜ッと起きてくるトコがあるんやけど、
それが「取り憑かれてるが故のパワー」って感じですごく不気味。
コレってしんどいよ〜。腹筋いるよ〜。
後ろに手を付いてたとしても、左右ブレなく真っ直ぐ起き上がってくるのって結構大変。
さすが!鍛えた腹筋はムダじゃなかったね♪

2回目のショータイムでね…実は私、亮ちゃんと目が合ってんねん。これはほぼ確実。
花道から舞台に帰る亮ちゃんがチラッとこっちを振り返った時、
私もたまたま亮ちゃん見てて、パチッと目が合うてん。
ほんで…あら〜、せっかくの亮ちゃんやから右手でも差し出すか
(左手はあくまでもヒナオさん用)、と思ってんけど、
なんか「結局は誰でもエエんや…」みたいな自分になりたくなかったんで、
軽くニコッぐらいにしてたら、亮ちゃん私の顔を見て

くすっ…!

鼻で笑われた…!!

…うっく!
あ、あれはどう見てもニコ♪じゃなかった!
中原翔太が美咲洋子を小バカにする時のような表情やった!
んが〜〜!
まさか「あのおばちゃん、村上くんしか見てへんで」って思われてたとか…
「あ、確かこの人ショータイムで踊りまくってたおばちゃんや」って思われたとか…
まぁ…たまたまよね。自意識過剰よね。
亮ちゃんファンの方!どうか
「いえ、それは亮ちゃんの愛情溢れる笑顔なんですよ」って言うて下され…。

最後のMCでは、1列目ど真ん中のお客様がフィーチャーされてました。
っていうのも、手作りのウチワに
「村上信五は日本一」とか
「ファンタジスタ村上」とか
書いてあって、それにメンバーが食いついた!
亮ちゃんはショータイム始まってすぐ目に飛び込んできたそうで、
シリアスナンバーの「悲しい恋」であるにも関わらず、
ラップの時点でヨコに「村上信五は日本一!」って耳うちしてたらしい。
そっからヨコが「村上信五は日本一〜!」って叫ぶ叫ぶ。
何のコトかと思ってたらこのコトだったのね。
ヒナオさんは恐縮しながら有り難がり、最後彼女と握手してました。
もちろんめっちゃ羨ましかったけど、彼女のお陰で遠いはずの
ヒナオさんの立ち位置が舞台真ん中になったんで、嬉しかったっす。感謝!
コレもヒナオさんの左手を2回もゲットしたっていう心の余裕よね〜。

ってな具合でした。
やっぱお芝居って面白いね。松竹座っていいね。
また来年も入れたらいいなぁ。

ではでは関ジュについてはコチラ!良かったらどうぞ!
posted by AYA〜♪ at 10:56 | Comment(4) | 生エイト

2006年08月25日

想いは願えば叶います!!『サマスペ』失神寸前編

ホント!ホントやったよ!ヒナオさん!!
あなたが言ってた「想いは願えば叶います」という言葉…
昨日、その想いが叶いましたよ!!

行ってきました「サマスペ」!!
座席は1階3列目花道横!
しかも周りはほぼマル担!(←それってスゲェ…)
敵が全くいない私の独壇場!
なぁんて素晴らしい立地条件なんでしょう〜。

さて、まずはショータイム!
今回も同様、スクリーンに映ったヒナオさんに向かって「ヒナオさ〜んっ!!」と叫ぶ。
ははは…どうだ!たっちょん!びっくりしたかぁ!…と無意味に勝ち誇るAYA〜♪。
そしてエイト登場!ぎゃ〜〜っ!ち、近い〜〜!!
んでヒナオさんは…

いや〜ん!めっちゃカッコいいよぉぉぉぉ!!

前髪が伸びてて、ふわふわパーマもエエ感じでこなれててワイルドになってる!
良かった!ヒナおばちゃんじゃないよ!
イタ度、テンション共に120%のまま突っ走れるわ〜〜っ!

ってなワケで歌いまくり踊りまくり☆
周りは意外とおとなしく、そんなに踊ってる人っていなかったみたいやねんけど、
んなの関係ないね!
『悲しい恋』のヒナオさんラップでは思いっきりキャーキャー叫び、
『桜援歌』〜『いろは』〜『好きやねん』〜『ロマネ』〜『おばちゃん』と踊り狂い、
『F・T・O』ではみんながバルコニーの方を向いてるにも関わらず、
舞台から出てくるヒナ待ち♪
そしてこの後…私の想いが叶う…

ヒナオさんの左手ゲット〜〜!!

きゃ〜っ!触っちゃったよ〜っ!
厚くてしっかりした温かい手のひら!
私…私…嬉しくて!感動して!泣いちゃいましたよぉ!
あんまり泣いてるとヘンやし、涙で何も見えなくなったらイヤなんで必死で噛み殺したけど。

『いつか、また』でヒナオさん…丁度私の前、舞台奥の方に座ってサビ部分を待っててんけど、
その間…

めっちゃ目が合ってた!

…と思い込んでます!!
ブサイクな顔して泣いてるヤツを不思議に思ったからか…
ただ単に真正面向いてただけか…
それは定かではありませんが、
確かにこっちの方は見ていました!
その何十秒もの間…私はヒナオさんと見つめ合ってたと思いたい!
それぐらいの妄想いいよねぇ。

お芝居の方でも、この良席を活かして邪道な見方をしちゃいました!
いやぁ…ありがとう!露出大好きタンクトッパーくん!
ヒナオさんご自慢の割れる生腹筋見ちゃったよ〜。
背中にもホクロがあるの発見しちゃったよ〜。
左腕にBCGの跡があったよ〜。
下から八重歯他の歯並び確認しちゃったよ〜。

いやぁ…松竹座って怖い…。
こぉんなにも近くに感じられちゃったらホント…

ヒナオは私だけのモノ!

って勘違いしちゃうよね〜。

最後、エイトが船に乗って島の住民に送り出されるシーンでは
大きな目を輝かせ、
清々しく、力強い真っ直ぐな視線で遠くの未来をじっと見つめるヒナオさんを
私も視線を動かさず、じっと見つめてきました。
その表情はすごくかわいく、とっても美人さんでした。
あぁ…私、やっぱりこの人を愛してます。

それからお芝居の後の軽いショータイム…
ココでも私ヒナオさんの左手に触らせてもらったんです〜〜!
ホント幸せの絶頂!
「もぅ、このまま死んでやりますよ!」
んで背後霊になってヒナオさんにずっとくっついてたいよ。
オーラの泉で「キュン死にしたファンが憑いてます」ってなコト言われたいよ。

ずっとずっと触れたかったヒナオさんの左手…。
今回その想いが叶いました。
ヒナオさんにとってはその他大勢でしかないAYA〜♪ですが、
あの一瞬はヒナオさんと私だけがつながっていたんだよね。

「想いは願えば叶う」

これからもずっとあなたを想い、
あなたとつながるコトを願って生きていきます。
いつかあなたの中に「AYA〜♪」というカテゴリができますように。
posted by AYA〜♪ at 09:35 | Comment(7) | 生エイト

2006年08月12日

愛情の再確認 『Another’s ANOTHER』

行ってきましたよ〜!観てきましたよ〜!
良かったですよ〜!『サマスペ』

今回私、とても落ち着いております。
テンション低めです。
それはなぜか…

ヒナちゃんパーマあててん♪

…やからです。
いや確かにシャープ過ぎるヒナオさんより、多少丸い感じのヒナオさんが好きですよ。
前髪も少し長めでイイんですよ。
でも…でも…ふわふわパーマはいらない!
だっておばちゃんやってんモン。
ってなワケで約2割の萎え〜。

でもね、コレが良かったかもしれない。
春のコンサートでは、ただただ興奮状態で…
今回もそんな調子やったら、芝居の内容が全然頭に入らんのちゃうかと、
実は密かに心配してたんよね。
もちろんSHOW TIMEはノリノリで歌って踊ってしてきましたけどね。
めちゃめちゃヒナちゃんガン見してきましたけどね。
でも2階席ってのもあって、私にしたら全体を結構見てた方やったように思います。

そのお芝居の内容なんですが…
私の解釈で簡単に紹介しますと。
人間的にどこか少し弱さを持った青年たちが、船で遭難し、
ある謎の島に辿り着いたコトで強く成長していく…といった感じ。

すばるくんはしゃべるのが苦手で、自分の気持ちは歌でしか表現できない。
ヒナちゃんは二重人格。普段はごく普通の青年やけど、不意に裏人格に身も心も支配される。
マルちゃんは間違いでついて来ちゃった世間知らずのボンボン。後悔のかたまり。
亮ちゃんは仕事嫌いの女好きで、現実から逃げてきた感じ。
ヤスくんは普通の子っぽいけど、弱虫で友達がいない。
大倉くんには父親の違う弟がいる。
そしてヨコは、彼らのような弱い青年たちを強くするために航海に誘った感じ。

これらのキャラをみんな理解して、各々しっかり演じてる感じでした。
みんな良かったけど、中でもホントええキャラしてたんがマルちゃん!
芝居の中のユーモラスな部分を担当してて、コレがホントスベリ知らずで大ウケ!
最後、意外としっかりした成長を遂げててなかなか良かった。
それと、好きやったのがすばるくんのキャラ。すごくかわいらしい!
人としゃべるのが苦手やけど、人のコトが大好きで、
前向きに性善説を信じてる感じがすごく温かい気持ちになったわ。

さてさて…そろそろヒナオさんについて語らせていただいてよろしいでしょうか。
ヒナオさんは今回、二重人格という難しい役どころ。
普段は普通にしゃべってて、ライトと音響の効果を合図に、裏人格に切り替わるっていう演出。
コノ裏人格、人間が建前で隠してるような汚い部分を次々に言い放ち、
周りを混乱させたり、ケンカをあおったりするとってもキケンなヤツ…。
でも、ある意味いちばん人間らしいのかもしれません。
コレを一瞬でON・OFF切り替えんとあかんってのはしんどいと思うよ〜。
まぁ考え様によっちゃビミョ〜な表現が少なくて、2つのキャラの違いがはっきりしてるから、
意外と楽なんかもしれんけど…。
でも、あの迫力であの役を演じられるのはエイトの中ではヒナオさんしかいないと思ったわ。
ヒイキ目かなぁ…でもあの迫力だけはホンモノよ。
最後の方で、表の自分が裏の自分と戦う場面があるんやけど、ココはすごいよ…。
ヒナオさんが普段は絶対に見せないような表情を見せるの。まぁ、これが裏キャラでね。
あまりに奇妙なキャラで、オーバーアクションなモンやから、
見てる方が気恥ずかしくなるっていうか…笑い声が聞こえたりするワケやけど。
私はヒナオさんの演技を見ててすごく嬉しかったんよ。
日頃、私はヒナオさんのコトを、自らを抑え込むことなく解放してほしいと思っててね。
ほら、エイトメンがみんなで示し合わせてポーズとる時も、
一人「このコらすんません」みたいな役回りになったりするでしょ、
ホントはヒナオさんもみんなと一緒にバカやって欲しいのよ。
悪ノリし過ぎのBガタンな時はまた別として…。
常々言うてるように、私とヒナオさんの性格がそっくりやと仮定したら、
自分を解放するより抑制する方が楽なんよ。
でもそれが実は隠れストレスの原因になってたりするから、
私は放たれたヒナオさんを見たかってん。
この役に成りきり、入り込んだ演技を思いっきりやってる姿を見て、私はホントに
ヒナオさん良かったねって思ったの。
ヒナオさんの扇子に書かれてる言葉「かなぐり捨てて」は、
テンションの高い時にノリで書いたそうやけど、
私はこの全てをかなぐり捨てた演技に掛かってると思ってます。
ただ、その心無い方々の失笑がヒナオさんの耳に届き、
100%自分を捨てられなかったとしたらそれはホントに悲しいコトやね。
最後に新曲の『サムライブルース』を歌ってるヒナオさんを見てるとき、
あぁ、私、ホントにヒナオさんのコト愛してるなぁ…と再確認しました。
ヒナオさんがずっと前を向いて、一生懸命生きて行ける場があって良かった。
そう思うと涙が出てきた…今思い出してもね。
この日の『レコメン!』、なんとなくヒナオさんのテンションが低かったみたいと、多々耳にします。
Webでもマナーについて書いてたけど…
私も良い客やったかどうかわからんけど…
毎回毎回100%解放できる舞台になるように祈ってますよ。

これからもずっとずっと私はあなたを応援しつづけるつもりです。
たとえおばちゃんパーマでも…。
たとえ扇子の売れ行きがいちばん悪くってもね…!
posted by AYA〜♪ at 17:15 | Comment(10) | 生エイト

2006年05月06日

フトンツアー参戦報告

はぅっ!!行ってきましたよ…

ジョニー村上ソロコンサート!!
…ってそりゃあんたがヒナオさんしか観てねぇからだよっ!(←ツッコミ長っ!!)

いやいや楽しかった〜!

私と違い、テンションの上がりが表面化しないシラ〜ッとしたムスメとの参戦…。
見慣れているはずではあるのに、改めて隣りのバカな親を目の当たりにしてどん引きしたのか、
異空間にいるかのようなムスメに何度となく水を注されるという
劣悪な環境の中負けずに応援!
親子席やというのに…多分そうとはわからないぐらいノリノリで踊ってきちゃいました!

んで…
みんなかわいかったっすよぉ〜黒ハート

中でも今回はどなたの予想も裏切らず…
マイダーリン

村上‘エクステ&ハスキーヴォイス’ヒナオ

に案の定殺られて帰ってきました!感無量!!
先日より物議を醸してる例のエクステも、コンサート向きのワイルドヒナオで超かっけ〜〜!!
加えて本人さんはしんどかったかもしれんけど、声がかれてエエ感じのハスキーヴォイス!!
私曰く「声に感情が乗ってない歌(←超シツレー)」も
見た目には力強くていっちばん感情がこもっててバリやば!!
どヒナ担にも関わらず失笑してしまった『悲しい恋』の「no,no,no,恋は悲しすぎて…」に至っては
ヴィジュアル込みで、もぅ立派な殺人兵器!あぁ〜!!
おにぎしのタンブリンもすんごく大人な雰囲気でステキ〜!めろめろパ〜ンチ!
もうね、会場中がヒナオファンになっちゃいやしないかと気が気じゃなかったわよ!
お願いだからステキに踊らないで!
お願いだから裸体を晒さないで!
完全に具合が悪くなってしまった超ヤキモチ妬きのAYA〜♪
ここで死ねたら本望よ!そん時はヒナオさん…献花してね!(←ばか)

松竹座を知らないAYA〜♪は大阪城ホールは思ったより狭く感じて…なんかかえって嬉しく
親子席も残念ながら結構後ろの方で、ヒナ手(左手)に触るコトはできなかったものの、
彼らがよく見えて良席でした!
でも丁度私たちの席の下の辺りにカメラがあったんで(スクリーン用?DVD用?私には謎)、
こちらを見るというより、カメラに近寄ってアップで歌ってるコトが多かったんがちと寂しかったわ…。
最後のアンコールではみんながサイン色紙を投げたんやけど…
なんと来ましたよ!ヒナオさんが!!
私は思いっきり両手を出して満面の笑みで「ヒナちゃ〜ん!!」を連呼!
しかぁし!明らかに亮ちゃん担であると思われる左隣の奥様も「ヒナ〜!!」と…。
な、なんだよ〜〜!
どっちも譲らん女の戦い!ま・さ・に『∞SAKAおばちゃんROCK!!』(隣りの人すんまへん)
ヒナちゃん困ったような笑顔でこちらを見ながらヒナパソコンをセットアップ!
「ココに投げたらこりゃ大変なコトになるわな…」とでも思ったんでしょう…
長々と考えた挙句、目をつぶってスロー!!
そしたら私の2〜3列前の方が受け取られました〜!よよよ〜あせあせ(飛び散る汗)
ホントはダ・ダ・ダ・ダ〜イヴ!したい心境やったけど、出入り禁止になったらイヤやし…
何よりそこまで見苦しい姿をヒナオさんに見られたくないんで泣く泣く辛抱…。
「売ってくれ」とお願いするのも辛抱しますたわ。
でもでも!こっち見て笑ってくれた、あのぴかぴか(新しい)キラキラ笑顔ぴかぴか(新しい)もぅ絶対に忘れないわ!!

そろそろ…エイトコンであったというコトを思い出すために復習。

うっわ!ヤスくんかっわいい〜〜!と思った回数2回。
大倉氏が一言発する毎に湧き上がる歓声に笑った回数3回。
さすがヨコ!面白いわぁと思った回数1回。
「ほらほら!マルちゃんやで!」とムスメを叩いた回数数回。
しょぼんとスネる亮ちゃんめっちゃかわいい!!と思った回数2回。
すばるくんのエクステすんげ〜カッコいい!!と思った回数2回。
ヤスくん結構面白いやん!腕あげたなぁって思った回数2回。
あまりにステキなヒナオさんを見て涙した回数3回。
完全に声がつぶれて高音が出ないすばるくんの歌を聞いて
「あ〜!音下がってる…」と思った回数3回。
あ、ヨコまた亮ちゃんに持ってかれた…って思った回数1回。
ムスメの「あれ誰?」の質問に「大倉くんやん!」って答えた回数2回。

などなどあっという間で、時の流れがすんごく短く感じたコンサートでした。
しかし私は、今回のコンサートはこの1ステージでほぼ満足…
グッズもほとんど買わずという、こんだけハマってる割には特異なヤツ。
そんな自分を「オリジナル」やと捉えて良しと思ったりもするんやけど、
エイトに反映しないんで申し訳ない。
その分私はココでエイトの良さを叫び続けるよ!
ってなワケで今回の生エイトは以上。ごちそうさまでした!
posted by AYA〜♪ at 10:23 | Comment(13) | 生エイト

2006年03月31日

タッキーのお城

今朝、高速バスに揺られて帰ってまいりました。
そう、『滝沢演舞城』観てきました〜〜!

感想…

タッキーすっげぇ!!

え〜っと、忘れるトコでした…これってタッキーの舞台やってんよね。
周りがみんなヨコ倉のファンと思ってたけどスッカラ勘違いやった…。ははは〜。
「ロマネ」踊ってる人なんてほとんどおらんもんね。
私はモチロン踊りましたよ「ロマネ」!…まぁ「Venus」も「夢物語」も踊ったけど…。

そんなタッキーの舞台ですが!

タッキーほとんど観てません…。

いやモチロン花道通った時は間近で見たよ、目で追ったよ。
そうねぇ…舞台全体の4割…?3割ぐらいかなぁ…見たのは…。

え?誰を見てたかって?
そりゃあモチロン…
あのお方ですよ…

ヨコ?

んじゃなくてもう少し若い…

倉氏?

ん…ん〜っと…もうちょっと背の低い…





JOYさんピンポ〜〜ン!!

ごめん!私、舞台の6割方

トッツー(A.B.C.)見てました!!!

あの大勢のJr.の中でトッツーを見分けられるようになってしまいました!
タッキーがバンジーしてるのにその上でスタンバってるトッツー見てました!
「Venus」で…タッキーはもちろんヨコ倉も見ずにトッツー見て踊りました!
花道で、めっちゃ近くでこっち見て踊ってるトッツーに「トッツー!!」と叫んで
両手振ってしまいました!

帰りの電車で一人大反省会…。
イケナイ…これ以上は踏み込んではイケナイ領域だ…。
まぁ…マッスーも小山っちも仁くんも好きやけど、
それ以上でもそれ以下でもないし…大丈夫よね…。
でも…ヨコ倉差し置いてガン見やもんな…。

その後みゆうたんにいっぱいエイトのDVD見せてもらっていちおうエイター復活。
やっぱ私は基本ジャニーズでは異色の(安っぽい)関西テイストが好きみたいです。
だから残念ながら演舞城の壮大なセットやきらびやかな演出にはあまり魅せられませんでした。
いや、でも素晴らしかったですよ!
ヨコも思ったとおりカッコ良かったよ。 エエ顔してたよ。
倉氏の演技も良かったよ。彼って舞台向きよね。フリ大きいし声張って感情込めれるし。

でも…でも…

やっぱトッツー最高にカッコ良かった〜〜!!
posted by AYA〜♪ at 10:57 | Comment(10) | TrackBack(0) | 生エイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。