2008年12月28日

やはり書かねばならねば…!

どうも〜!
偶然通りがかった『チケットぴあ』で
『If or...』のチケットは完売とダメ押しされたコトより
『関ジャニ∞ 村上信吾 主演』と書かれてたコトの方が
切なくて、思わず笑ってしまったAYA〜♪ですけども〜。
あぁ…その信吾さんとやらを見に行きたかったよ!

最近めっきりエイト離れ…なんて言いながら
エントリしようとしてるのは、他でもないダーリンのあのウワサ。
ワタクシな〜んにも知りませんで、
朝のワイドショーをかけながら出勤の準備をしてますと
「ムラカミ…」と聞き慣れた名前。
顔を上げてTVを見るとそこにはオヒゲのない
かわいい葉山虎太郎くんの写真。
ぎょっ!なんだなんだ!?
一瞬焦りはしたが、ダンナもいたため
「え〜っ!?マジショック〜!」と軽く発しただけで
取り乱すコトもなく用事に戻るという…
その新聞記事も、あまり大きく感じなかったんで
大して気にもなりませんでしたな。

つーか…
つい先日、もうひとりのダーリンが話題に上ったトコじゃん!
何?何?キラキラジャニーズは他にもいっぱいいるのにナゼこの二人!?
ワタシに対するイヤがらせっすか?
忙しい自分にご褒美♪って…甘いモノばっか食べてる罰なんすか?(←明らかに違う)
そうこうしてますと、
あちこちからワタシの見解を求める?メール…
うぅーむ…ワタシの気持ちはどうなんでしょ。

正直この記事が去年の今頃なら、えらいコトやったでしょうね。
っていうより、去年の記事の方がワタシにとってはしんどかった!
今、結構想いが冷めてるってのもあるとは思うけど、
その冷める原因となったのが去年の記事だからね。
コレ以上のショックはもうないかも…。
まぁ結局は根も葉もないウワサやったんやけどね。

去年のウワサと今年のウワサ…
ワタシの中で何が違うかと言うとギョーカイ度の高さ。
ヒナちゃんにはギョーカイ関係者は合わない…ってか
手を出さないって思ってるから。
去年のウワサのお相手も一応はギョーカイ人やけどね
極々平民って雰囲気でしょ。
お付き合いの仕方も肩書きなしって感じがするから
すんごくヤだったのよ。
それが今回はビッグでしょ。
バックには事務所も控えてまっせ〜
何かあったら黙ってまへんで〜
…って、いかにもギョーカイが絡んできそうでしょ。
だから、ヘタにお付き合いはしないんじゃないかなぁと。
まぁ何してるのかは知りませんよ。
朝帰りも今に始まったコトじゃないでしょうしね。
別のギョーカイのおねぇちゃんとの目撃情報もあるしね〜。

この話題をエントリするにあたり、ワタシも少し調べましたよ。
すると彼女、なかなかの社交家で、時間の使い方の上手な
まるで『オンナ村上信五』といった感じ。
こりゃあ気も合うワケだ。
しかも、ちょっと前からいろいろな不審火がポッポッと発生してるみたい。
でもワタシは…

そんな目立つ関係ってのはあまり深くない証拠

と思うな〜。
邪推しますと…オトナの事情的なニオイも感じるしね。
とにかく、今回のコトはあまり気にしておりません。
気になるコトがあるとしたら、
あのヒナが持ってるバッグ…アレが誰のかってコト。
ヒナの?…にしたらあまりにも可愛すぎるし。
持ってあげてるの?…だとしたら、オトコとしてガッカリですよ…アレっぽっちの荷物。

嬉しかったのはヨコの存在。
この報道後の『レコメン!』にて…
ヨコがトークのお題『スイマセン』をヒナちゃんに振る時
いきなり「スイマセンって言え!」って言ってみんなで笑ったり
「いろいろあるがな…お騒がせしてスイマセンとか」と半笑いで言ったり
で、迷ってなかなか話し出さないヒナを見かねてか、
この時期ありがとうは言うコトがあってもスイマセンはなかなか言わない…と、
コレは逆にイイ機会やと…言った後に「ものっすごぉフォローしたぞ…」とボソッと言ったり
ワタシは久々にヨコの愛を感じちゃいましたよ。
ヨコ…ヒナちゃんがおバカなコトせんように、ちょいちょい見張っててね。

しかし…こんなにも微動だにしないワタシ…
免疫出来ちゃってたみたいですねぇ…。
posted by AYA〜♪ at 10:23 | Comment(3) | 超私的エイト考

2008年12月05日

愛と恋との逆転劇! RealからDreamへ

どうも〜!
仕事を始めて毎日お疲れ気味のAYA〜♪ですけども〜!
うたた寝して『レコメン!』を聞き逃すなんざ…
ありえへん∞世界にきたもんだ!

ってなワケでワタクシ
最近めっきりエイト離れしてしまっておりました。
こっちでは『CANジャニ』(←正式な名前も知らね〜)も放映してませんしね…えぇえぇ!
そりゃレギュラー番組は録画しておりますよ。
でも見る時間もあまりないし…
わちゃわちゃ楽しいロケがあるワケでもないし…
なかなか見る気にならないという…。

NEWS福井コン参戦ちょっと前からワタクシ
聴いてるのはずっとNEWSのCD
『無責任ヒーロー』を購入するもお預け状態。
まぁコレはアリよね…気持ちがブレるからね。
で、その後もコンサートの感想をブログにUPするため
その時の感情を持続させようと、またNEWSを聴き
アルバムリリースってコトでまたNEWSを聴き
京セラドームも行くしなってコトで継続してNEWSを聴き…
ついつい無責任なヒーローたちを放ったらかしにしておりました。
ちゃんとケータイに入れて持ち運んでるのに
なぜかなかなか聴く気がしない…なぜになぜに。

通勤の時に聞いてるNEWSのアルバム…
ある日たまたま、もう少しで会社に到着するって時に全曲聴き終わり、
さて…あと数分間何を聞こうかなぁと考えまして。
それじゃあ(予約時は)めっちゃ楽しみだった
『ケムリ』と『∞ o’clock 08』でも聴いてみるか!
ってコトで聴いてみると…

うひょ〜っ! テンション アゲアゲ〜!

ぅわっ!やっぱエイトすげぇ!
こんなにもパワーを感じるなんて
さすが最高で最強
これから仕事って時には勢い付くし最適じゃん!
バリバリ働けそうじゃん!
でも仕事終わりはどうか…

NEWSを聴くとホッとするんですね。

そう思い、改めて考えてみると…
ワタシにとってのエイトはパワーの源…原動力。
気合い入れたり弾けたり
発散出来るだけのパワーを自分に注入させてくれる…
カレらの持ってるパワーは無限大なんですよ。
ではワタシにとってのNEWSは…

癒し

なんとなく身体がフワフワして心地よい感じ。
1日の疲れが取れて気持ちよく眠れそうな…
辛いコトとか苦しいコトを忘れさせてくれる…
そんな感じなんですよ。

エイトは現実社会を生き抜くための力を
NEWSは現実から解き放ち、新たな気持ちで向かうための力を
それぞれ与えてくれてるんだと思います。
でも今は…
働く主婦エイター1年生の今は
さぁ!今日も120%の力で頑張るぞ!という余裕はなく
その日その日をこなしていくのに精一杯。
エイトのパワーを自分に注入出来る程、
自分に体力がなく…完全に力負けしちゃうんで、
必然的にNEWSに癒されたい気持ちの方が大きくなってるのかも…。
現実を見るより夢を見ていたい…
RealよりDreamを求めたくなる精神状態なのかもしれません。

そしてその気持ちを増幅させてるモノがですねぇ…

ヒゲ!

だろうなぁとも思うんです。
最近確信した事実…

アイドルに必要な毛はサラサラヘアーだけだ!

ワキ然りスネ然り…くるくるパーマも必要ないんだ!
ましてやオトコっ気ムンムンのヒゲなんてもってのほかだ!

ぃやね、ついこの間まではワタクシ、よりRealなカレを求めてたんですけどね
こうも忙しいと、現実世界にカレをお招きする余地はなく
遠い世界の…夢の中でのカレで充分なんです。

今ホシイモノハ…実像ではなく偶像という名の虚像

なのに…!
カレはより現実的に…
より生々しいオトコになってしまった!
あぁ…あのクリクリおめめも
可愛い八重歯も

あのヒゲで台無しなんだよ!

しかもあのヒゲ…
ワタシの苦手なオリラジあっちゃんのヒゲじゃないか!
それにパーマて…ダメ押しだよ。
そんなカレがワタシからエイトをより一層遠ざけているんです。
TVを見ても萎える…グラビアなんて見る気もしない
…ワタシってこのままカレを応援しなくなってしまうの!?

今では、
ワタシ好みの髪形になり
コンサートで目を見て手を振ってもらい
プレミアムで期待を裏切らない話しっぷりを見せてくれた
別のカレの方がワタシの中を占めています。
そう…バカスカ打ちまくるホームランバッターだったエイトのカレは一線を退き
コンスタントにヒットを放つNEWSのカレの方がスタメン入りしたんです。
しかも最近では時々ホームランを打ってくれるんですもの。
頼りになる不動の四番バッターとして君臨しそうな勢いなんです。
でもね、そんなスタメン落ちしたカレでもね、切っても切れないナニかがあってね
ココ一番ではやっぱりカレ!…的なね

代打の神様!

としてワタシの中に残ってるのよ!八木なのよ!桧山なのよ!
さすがねキャリアもあって場数も踏んでるだけあってね
ココ!って時には確実に逆転満塁サヨナラホームラン打ったりするんですよ。
もう諦めて帰りかけてた試合でも一発で戻ってってしまうんですよ。

ちょっと前まではどうだったか分からないけど、
最近思うのがね、
エイトのカレの存在って、結構パワーいるんですよ。
期待をイイ意味で裏切るからドキッ!とするコトが多いんですよ。
たぶん一緒にいても(←あり得ねぇけど)ドキドキしっ放しだと思うんですよ。
そんなトコロに強く惹かれちゃうんですよ。
で、NEWSのカレはね、ドキドキしない分、すごく安心していられるんですよ。
期待どおりに動いてくれるから心地イイんですよ。

まぁ…歌唱力は二人ともヒヤヒヤさせてくれますけどね。

たぶんそれって
『愛』と思ってたのが『恋』
『恋』と思ってたのが『愛』
なのかなぁって。

1年近く経って
愛するヒトと恋するヒトが入れ替わったようです。
そして、癒しが必要なAYA〜♪
少しエイターとしての活動が控えられがちになりそうです。
当然ブログのエントリも偏りがちになると思われます。
そんな結論に達しました。
それでも…

ジャニヲタであるコトに変わりはない!

AYA〜♪を今後ともヨロシクお願いします。
posted by AYA〜♪ at 09:24 | Comment(0) | 超私的エイト考

2008年10月08日

【バースデー記念企画】ウチの内でもよその内でも

内くん22歳のお誕生日おめでとう!

最近やっと内くんを見ても
ドキッ!としなくなったよ。
目頭熱くなったりしなくなったよ。

ドラマで演じてる内くんも見た。
ドラマの番宣でおしゃべりしてる内くんも見た。
シゲ猫日記にも登場してたね。

でもなんとなく違和感…。
まるで雑誌で読んでいたマンガの主人公が
アニメ化によって想像と違う声を当てられてたような…
どこかしっくりこない感じがしてた。

元々ワタシは
内くんがソロで活躍している姿をあまり見たコトがなく
頭に残っているのは
NEWSのメンバーとして歌ってる姿と
『がんばっていきまっしょい』のクールな役柄ぐらい。
その頃は無機質な感じがしてあまり好きじゃなかったんだけど
その後エイトの内くんを見てビックリ!
おにいさん連中に囲まれてのバラエティ…
あまりにも末っ子!あまりにも可愛い!
内くんってホントはこういうコなんだ…
もっともっとこんな内くんを見たい!
そう思ってから、ずっと内くんがエイトへ戻るのを望んでたよ。

そして念願の復帰。
可愛い末っ子くんのイメージで止まってた
ワタシの元に戻ってきた内くんは
しっかりした大人になっていた。
最初はただただ嬉しかったけど
だんだんその成長に対して
何かを言い聞かせる自分がいて…
一生懸命納得しようとしてたみたい。

いつの間にか
仲間がいないと何も出来ないコなんじゃないか…と
気持ちが過保護になってたけど
元々ドラマ出演も多かった内くん
ひとりでも立派にやっていけるんだよね。
逢えない間に自分の描く内くん像がドンドン膨らみ
今の内くんの姿からかけ離れていってたんやろね。

エイトの中で可愛い可愛い内くんを見れる日を
ずっと心待ちにしてたけど
最近ではその気持ちもだいぶ落ち着いてきたよ。
だってグラビアみたら、一人で写ってる内くんは
エイトの誰よりも大人っぽいんだもの。
これはもう末っ子卒業なのかな…なんて思っちゃったよ。

今では前ほど「お兄さんたちが守ってあげなきゃ!」
っていう気持ちも治まってきた。
もぅ、エイトの内くんじゃなきゃ…!なんて思わない。
どこにいても内くんは内くん。
たとえ内くんがエイトに所属してなくても、
何のこだわりもなくメンバーと絡み、
当たり前のようにその姿をを見ていられる…
そんな日が早く来るコトを願ってるよ。

22歳になったこの1年も大切に過ごし
もっともっと大きく成長してね。
posted by AYA〜♪ at 03:53 | Comment(0) | 超私的エイト考

2008年07月16日

敢えてタブーに触れようか…

昨日…エイターみんながビックリしたよね。
今日もまだまだ不安やよね。
楽しかった福井コンについて語りたいし
エイターと面白い話もしたい。
そうなるとやっぱスルーは出来ないんで
今ワタシの思ってるコトを軽く述べておきます。

最初この記事を見つけたのは
確か、福井コンの余韻を楽しもうと
チョコチョコ覗いてる掲示板で
コンサート記事を探してた時。
最初話が見えなかったけど読んで行くうちに分かった。
あぁ…例のアンチジャニ雑誌とガセ新聞か。
内容を確認すると、エイター達が言うよう、確かにカレらしくない。
あんなに人に対して警戒心を持つカレがそんなコトするだろうか。
でも、別のエイター達が言うよう、思い当たらないワケでもない。
レンジャーの内容、コンサートのMC、レコメンの電話
なんとなくつじつまが合ってるような気もする。
酔って別人になるというのも一般的にはあり得る話。
ワタシは正直「そんなコトはない!」と言いながらも
どっか「でもひょっとして…」と思ってしまう
後天性ポジティブ・先天性ネガティブ人間…
一介の小市民なんで
昨日は1日、この記事が頭から離れなかった。

今朝のワイドショーでは
種明かし的に表れた別ネタのみ取り上げられており
夜中にはCMも流れていた
ソロコンの情報も復活した
フォト販売も何ら問題なく行われている。
100%を信じるべきではない記事だというコトは明らかになった。

でもあの話が全部でっちあげとは言い切れない。
ホテルの一室を借り切って飲み会をするコトもあるやろう
ハメを外して泥酔状態になるコトもあるやろう
ワタシは、それをベースにして
カレが発信した断片的な言葉と
カレの行動とを照らし合わせながら
巧みに作られた記事なんやろうなぁと思っている。
だから、ファンにとっては辛いコトかもしれないけど
決して悪いコトをしたワケではないと思っている。
もし仮にこのコトがホントやったとしても
ワタシは、
美味しい話にのこのこ付いて行って
扱いが悪かったから週刊誌に売るという
卑劣極まりない人間の方が咎められるべきやと思う。
ホントに訴えたいのなら、もっと正当なやり方があると思う。
こういう場合、恥ずべきはむしろオンナの方やといつも思う。

ドラマが決まったら待ってましたとスキャンダルに見舞われるとか
良いイメージが付きそうになったらそれを落とそうとするとか
火のない所に煙は立たぬとはいうけれど
この業界はあらゆるモノを火種にして
煙を立たせるコトぐらいなんてコトないから…。
金のためなら何でもする人間はいくらでもいるから…。
それは去年の秋頃からこっち…身に沁みて分かったコト。
今回のコトはその最たるモンではないかと…。

でもそれにしてはコトが大きくなり過ぎた気がする。
ワタシが心配するのは記事の真偽ではなく
カレが
この記事によってエイターを不安にさせ、
一生懸命推している後輩達を巻き添えにしたであろうコトに対し
必要以上に責任を感じてしまわないかというコト。
精神的に荒れてしまわないか
人間不信に陥ってしまわないかが
とにかく心配。

最近仕事が楽しそうで
毎日幸せそうで
今まで会った全てのヒトに
今まで起こった全てのコトに
真っ直ぐ感謝出来る今の自分を
嬉しく感じてるようで…
そしてワタシは
カレがそんなカレでいるコトに
温かい気持ちになっていた。
自分もそういう自分になれるよう
日々頑張らなくては…という気持ちにもなっていた。
今年後半のオレを見てろと
期待しててくれと
そう言ってる矢先にこんなコトあり得ない。
いろいろあってココまで来たカレがこんなコトするはずない。

きっと大切な仲間たちが助けてくれるよ
中でもずーっと一緒にいた二人が力になってくれるよ
エイターはどんなコトがあっても付いて行くから
気持ちしっかり!仕事に集中して頑張って欲しい。
自分のためにも。エイターのためにも。
posted by AYA〜♪ at 14:54 | Comment(2) | 超私的エイト考

2008年05月27日

【バースデー記念企画】親愛なる大倉忠義サマ

大倉くん…
遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。

ワタシにとっての大倉くんは
エイトのメンバーというより、
大事なみゆうたんの
大事な担当サマ
といった位置付けで…
どうしても一人の「大倉忠義」
として見れません。

どうしても彼女を絡めて考えちゃうし
彼女のおメガネに適うヤツかどうか…
必要以上に厳しく見ちゃったりします。
と言ってもワタシの評価なんて
所詮素人の域を出ないんやけどね。
(基本ヒナちゃんしか見てないし…)

ワタシが言いたいのは
夜遊び(?)はほどほどに
暴飲暴食はほどほどに
頑張っていって欲しい
というコト。

チェックがスキだとか
食べるのがスキだとか
たいこがスキだとか
結構好みも被ってたりするし
何よりワタシは
大倉くんの殺伐としたツッコミがスキなんで
簡単ではございますが
今後の一層のご活躍をお祈りして
お祝いの言葉に替えさせていただきますわ!
posted by AYA〜♪ at 18:32 | Comment(2) | 超私的エイト考

2008年05月26日

エイットここでニュースです…

すっかりご無沙汰してしまい恐縮です!
なぁんて状況にも関わらず
エイト春コンレポも
大倉くんへのバースデーコメントも
そっちのけで何のお知らせかと申しますと…
先日からずーっと自問自答しておりました
ワタクシの浮気問題の件…
ようやく答えが出たようです。

ワタクシAYA〜♪は

ヒナをこよなく愛し、シゲにとことん恋するコトを誓います!

あ〜!言っちゃった!
なぁんて言いながらすぐ気が変わっちゃうかもしれんけど…
常に自分がどこへ向かおうとしてるのか
確認しないと気がすまないAYA〜♪が
とりあえず辿り着いた結論にございます。

そう…
もはや浮気とは言えない現状。
日を追うごとに熱くなる感情。
平等に注がれるカレらへの愛情。
ヒナシゲ担AYA〜♪ココに誕生。
…はい、RAPでお願いします。オウイエ♪

実は今ワタクシ…
ヒナちゃんよりも圧倒的にシゲの方がスキになっとりまして
頭の中はほとんどシゲでいっぱい★
それでもシゲがヒナちゃんに取って替わったりするコトはなく
ワタシの中にヒナちゃんは必ずいるし
ワタシの心のベースとなってるのはあくまでもヒナちゃんなのでございます。

で、このよくわからない中途半端な感情について
ワタシなりにいろいろ考えた結果…
思えばワタクシ、

最初からヒナちゃんのコトを母親のような目で見てたのかも…

という…ココにきてそーなの!?な仮説が浮かんだのです。
とはいえ、ジュニアのお子チャマたちを愛でるように
かわいいねぇ♪早く大きくおなり!
なんていうのとはちょいとワケが違いましてね…
そらもぅ何かにつけ萌えまくりますし、
エロい妄想を繰り広げたりもしますしねぇ…えぇえぇ。
確実に一男性として見てはおりました。

でも、やっぱヒナちゃんが楽しそうやと良かったねぇ!って思うし、
ピアノ弾いてると頑張ったねぇ!って思うし、
肌がツルンとしてると、きれいに塗ってもらったねぇ!って思うし…
大体、生まれて初めて「カレのためなら死ねる」って思ったんやもん。
ワタシの中の母性を呼び覚ました
唯一の人間であるコトは確かなのよ。

大きくなった我が子を、
まるで自分の恋人のように思ってしまう母ゴコロっつーのもあるやろし。
ムスコの彼女に、姑根性全開で意地悪しちゃう母ゴコロっつーのもあるやろしね。
そう思うとワタシは立派な成人男性やという認識はありつつも、
「ヒナちゃんは永遠に自分のモノ」と、勘違いしてる母
のような目で見てたのかもしれないなぁと。

去年の秋からこっち…
自分の中で、ヒナちゃんに対する見方が変わったなぁ…とは感じてたけど
それは決してヒナちゃんへの想いが冷めたんではなく、
キチンと子離れが出来たってコトなのかもしれないよね。
彼女がいたとしても、結構な遊び人やったとしても
そんなお年頃…そんなコトもある…と動じない、
自立した母に成長したのかもしれないと、
ココにきてようやく気付いたみたいです。
当時、そんな状況のワタシに対して
『1つ上のステージに上がった』かのように言ってくれた方がおりましたが
ワタシは正直、そんなエエもんかいな…?
と、なかなかそうは思えませんでした。
でもやっと、素直に受け入れられるようになりました。

ワタシの想いは落ちていったのではなく昇華されたんだ!

損得勘定を抜きにした、母親のように深い愛…
ジャニヲタ続けていられるヒトたちは、多かれ少なかれ
そういう感情でカレらを見てるんやろうなぁと思います。
キャリアのせいか…はたまた年のせいか…
ジャニーな戦略にまんまとハマった感のあるワタクシ
今後もずっとヒナちゃんを見守り続けていくのでしょう。

そしてシゲですが…
今のところワタシはシゲに
ヒナちゃんに抱いてるような想い入れ…
気持ち良く仕事をさせてあげたい…とか、
美味しいモン食べさせてあげたい…とか、
何があっても守ってあげたい…とか、
そういう類の感情はありません。
ただ…子離れをしていく過程で、
徐々に空きつつあった心の隙間にスルッと飛び込み
グングン増殖して子離れの進行を早め(←通称シゲ菌)
キラッキラの恋ゴコロを埋め尽くしていったのがカレなんでしょう。

そんなキャピキャピ感情であっても、
シゲのコトは今まで気になったジュニアのコに比べたら
ダンットツにスキなんです。
ヒナちゃんと同じで突っ込めるしね♪(←うんうん)
ヒナちゃんと同じでナルシストだしね♪(←ん…ん)
ヒナちゃんと同じで歌がヘタだしね♪(←おぉ〜い!)
まぁ…カレのコトは別ブログで語るとしましょう。

年齢や雰囲気から考えると対象が逆って感じで妙ではありますが、
それは多分カレらのキャラがそう思わせるんやと思います。
しっかりしてそうで意外ともろかったり、世間ズレしてるヒナちゃんと
そこそこしっかりした主張をし、そこそこしたたかに要領良く立ち回れるシゲ…
きっとヒナ担の多くの方が母の目でカレを見守ってるに違いないと
最近になって気付いた次第です。

『生涯一ヒナ担』であるつもりやったのに
なぜココにきて感情が二分されてしまったのか…
一途にヒナ担やってる自分が結構スキやったのに…と、
少し残念な状況ではありますが、

ホントの浮気じゃあるまいし★(←結構重いよ…この言葉)

気にせず楽しくやっていこーかと思います!
エイターであるコトに変わりはありませんので…
ふぅ!これでスッキリ次の記事が書けるわ♪
こんなAYA〜♪を今後も愛してください!
posted by AYA〜♪ at 03:16 | Comment(0) | 超私的エイト考

2008年03月22日

改めて三馬鹿トライアングルについて考へる…オマケつき

どうも〜!
『OH!ソレ!』番協連敗記録更新中のAYA〜♪ですけども〜!
もぅ1年もご無沙汰だよぉ…ダーリン。

さてさて…話はまたまたヨコソロコン☆
ヨコソロ感想のエントリには書いてませんでしたが、
実はこの日、ヨコヒナマニアにはたまらん出来事があったそうなんです。
それはレンジャーコーナーでのコト…。
この日ヨコはジュニアのコに

エイトでいちばん好きなのは誰?

と訊かれましてですねぇ…
想像通りテレまくり、
困り果てた挙句ボソッと…

(恋人にするなら)ヒナちゃん…ポッ(←見てないけど)

と答えたそうです☆
キャー!グッジョブ!
キラーパスグッジョブ!
その後ヒナちゃん、別の場面での去り際に
 
選んでくれてありがとうな…フッ…(←コレも見てない)

という言葉を残しオトコマエに掃けていったとか(←ヒナ担妄想)
ヨコのバツ悪そうな表情が目に浮かびます。

なるほどー!とも思うけど
あらそうなのー?とも思うこの結果。
ヨコはなんやかんや言うても最後はヒナちゃんなのね♪
なんて思っていたところ、
近々DVD−BOXを出すという西川きよし氏がTVで
やすきよの関係について語ってるのを聞きました。

肉体関係をも超越した関係

…であると。
その時ワタクシ思ったんですよ
あぁ…きっとヨコヒナもそんな関係なんやろうなぁと。
スキとかキライとか
あぁしたいとかこぅしたいとか
そんなコトなぁんも考えんで良い関係。
ヨコはそういう楽さを気に入ってヒナちゃんを選んだんではないかと。
そういった意味では…

ヨコヒナはジャニーズのやすきよだ!

などと思ったりするワケですよ。
さすがの熟年夫婦なワケですよ。。

いつもは「ヒナ→ヨコ」に向いてる心のベクトルが
思いがけず「ヒナ←ヨコ」に向く瞬間を見せた今回の出来事…、
この機会に三馬鹿についても考えてみようじゃないかと。
いやいやワタクシ…何が好きって

『三馬鹿片思いトライアングル』の逆流

がたまらんのですわ。

以前にも言いましたように
三馬鹿内で発生する

「ヨコ→すば→ヒナ→ヨコ…」

…の片思いベクトルが

「ヨコ←すば←ヒナ←ヨコ…」

に向いた時めちゃめちゃ興奮してしまうんですねぇ!
要は両思い…気持ちに答えてるってコトっすからね。

本当は両思いやけど、逆の想いの方が強くて
なかなか表に現れてこない貴重な逆のベクトル…。
今回のように、ヨコが恥ずかしながらヒナちゃんに告ったり
「未定」壱で、ヒナちゃんがすばるくんにヤキモチ妬いたり
ヨコのボケにすばるくんが「ヨコめっちゃ面白い…」って言うたりした時
そのラブラブっぷりに思わずドキドキしちゃうAYA〜♪なんでございます。

でもこの、切っても切れない3人の関係…
3つのベクトルの意味は各々少しずつ違うと思うんです。
AYA〜♪の見解はコレ…

ヨコ  ⇔  ヒナ  信頼
ヒナ  ⇔  すば  愛情
すば  ⇔  ヨコ  尊敬

この3つの微妙に違った意味を持つベクトルが
それぞれ競合せず補い合い、絶妙なバランス保ってる♪から
三馬鹿はきれいな正三角形でいるのだと思います。
この3つが揃えば完璧な円満夫婦だモンね!
うん…やっぱスキだ!三馬鹿!

そしてココでヒナ担AYA〜♪のオマケの考察…

いつもヨコに言いたいコト言われ放題のヒナちゃんが
恥ずかしい告白をしてしまったヨコに対して
上目線で「ありがとうな…」と言い、
さらに恥ずかしい想いをさせるこの場面…

ものっすごぉそそられますなぁ!

ヒナちゃんがたま〜に形勢逆転してヨコをいぢめる瞬間…!
三馬鹿逆ベクトルと相まって…
異常なまでに

萌え〜〜!!

なAYA〜♪でございます。

思うんですよ…
ヒナちゃんは、Mに対してはSでない「ドM殺し」
Sに対してそれ以上のSになる「ドS崩し」

究極のドS男だと!

いやぁ〜ん!くやしいけどドチドチするぅ〜〜!
そしてそんなワタシは…

そのヒナちゃんをいぢめてみたくなる…

至上最強のドSかも!?
アッハッハー!ワッハッハー!ウワッハッハー!
以上!ここテストに出ま〜す!(←ウソ)
posted by AYA〜♪ at 04:57 | Comment(6) | 超私的エイト考

2008年01月28日

【バースデー記念企画】最高で最強に愛してる大バカ野郎に捧ぐ

あぁん!めでたい!うぅん!めでたい!
年の差が1つ縮まったよ!
…と、数ヶ月の喜びを噛み締めるAYA〜♪ですけども〜。
えぇ、ただ今ヒナ愛復活キャンペーン中なんですよ!
誕生日に合わせたのか、誕生日だから合っちゃったのか
その辺は定かでありません。
大体キャンペーンって何!?

マイダーリンことヒナちゃんに関しましては
他のメンバーと違って、逐一自分の思うところを述べているのと、
昨年秋頃からのヒナ離れのため、
実のところ何を書いてよいのかわかりませぬ…。
しかも今まで、確固たる自信の元
ヒナちゃんを分析していたAYA〜♪ですが
最近ではカレの言動1つ1つを疑ってかかるクセが付いてしまい
自分がした分析に対しても「イヤちゃうて」と否定して
下世話な分析をあてがってしまうので
非常に書きにくい…いやホント。
でもせっかくのダーリンのバースデー、
エエ方の解釈でカレについて書こうかと思います。
だってやっぱりスキなんだモン♪

さて、この1年でヒナちゃんは
今までにない顔をたくさん見せてくれたように思います。
メンバーが驚くほどはしゃいでみたり
変顔率が高くなったり
ボケにも歌にも今まで以上に自信満々!
その全てをAYA〜♪は

肩の荷が下りた

からではないかと思っています。
ひょっとしたらAYA〜♪が知らなかっただけかもしれませんが。

一昨年のヒナソロコン以来、
AYA〜♪はヒナちゃんの変化を
あのコンサートで弾けるコトが出来たからだ!
と思っていました。
好きなコトを思いっきりやり、
そういう自分を慕ってくれるたくさんの後輩がいる、
そういう自分を応援してくれるたくさんのファンがいる、
それが自信につながり、
自分というモノを飾らず出せるようになったんだと。
でもヒナちゃんだけでなく、他のメンバーを見つめてる間に
実際はそれだけじゃないんだ…と思うようになりました。
他のメンバー…特に三馬鹿以外のメンバーの成長が著しかったからではないかと。
自信を持ってしゃべるようになったマルちゃん…
かなりのむちゃ振りの場数を踏んだ大倉くん…
彼ら若いチームがぐっと頼れるようになり
ヨコヒナがいなくても、ロケやPR活動をこなせたりするコトで
ヒナちゃんの使命感が少し軽くなったんではないかと思うのです。

そして全国ツアーの成功。
このツアーで毎日のように
メンバーひとりひとりの実力と自信を確認するコトで、
メンバーに対する信頼感も増し、
ヒナちゃん自身の心にゆとりが生まれ、
たがを外しやすくなったんではないかと思います。
少し失礼な言い方をすると、
子どもが手を離れたんで、好きなコトが出来るようになった
って感じでしょうか。

肩に力が入り過ぎと言われていたヒナちゃん
ハメを外してほしいなぁと思っていたヒナちゃん
そのヒナちゃんがネクタイを少し緩め
より楽しく思える仕事を
より理想の形で出来るようになればいいなぁと
結局はヒナちゃんに骨の髄までヤられてしまっている
AYA〜♪は思うワケであります。

ヒナちゃん…スキだよ〜!愛してるよ〜!
ハメ外し過ぎんなよ〜!
オンナ遊びはほどほどにしろよ〜!
歌は間違ってもウマくないぞ〜!
オンナまとめてイイ気になんなよ〜!
空気ばっか読んでんじゃねぇよ〜!
そんなどうしようもないヤツなのに…

AYA〜♪は命捧げられるんだよ〜!

大好きだよ…大バカ野郎!
愛するヒナちゃん
Happy Birthday☆
posted by AYA〜♪ at 02:15 | Comment(0) | 超私的エイト考

【バースデー記念企画】裏マル悪マル二重マル!!

AYA〜♪的にはこの1年でいちばんの成長を遂げた感のあるマルちゃん。
マルちゃん自身もそれを感じてるかな?

このマルちゃんの成長には、やはりピンでのお仕事
『痛快!エブリデイ』のお仕事を除いては語れません。
元々ピンで活動するマルちゃんが好きなAYA〜♪
歌・演奏・ダンス・演技、どれを取っても、
マルちゃんは1人の方が活き活きしてると思っていました。
でもトーク中心のバラエティの仕事については話が別。
なぜこの番組にマルちゃんなのか…
マルちゃん1人でちゃんとやって行けるのか…
初めはホントに心配でなりませんでした。

でも、いざフタを開けてみれば、
緊張しながらも優しい先輩たちに囲まれてすくすく成長し、
ピンでのロケであっても
生放送であっても
立派にこなすマルちゃんがいました。
そして次第に番組に溶け込み、
優しくゆったりとしたマルちゃんの良さが
自然と表に出るようになったように思います。
それがマルちゃんの大きな自信に繋がったに違いないと思います。

さてさて…で、このタイトルなんですが、
ワタシが書きたいのはそんなほんわかしたマルちゃんでなく
ダークな部分を隠し持ったちょいワルなマルちゃんのコトなんです。
最近のマルちゃんは、その自信とともに
裏側のダークな部分を小出しにしてくるようになったと思うんです。
それがよく表れてるのがラジオ。
今ヒナちゃんに対するツッコミのいちばん鋭いのはマルちゃんだと思います。
元々仲が良いというのもあるでしょう
ヒナちゃんがイイ意味でくだけてきたというのもあるでしょう
でもそれ以上に、
マルちゃんに
対等に話せるくらいの自信がついた
のではないでしょうか。
今までは若干の遠慮や
いざとなったら守ってもらおうという気持ちからか
あまり強めの口調で突っ込むコトはなかったように思うのですが
最近は結構しっかり、
地雷の埋まってそうな所でも臆せず突っ込んでるように思います。

そして、ズッコケ特典DVDで見せたあの狂気の表情。
あれは正にマルちゃんが隠し持っているもう一つの顔ではないかと。
稲川淳二が好きだったり…
パワースポットに興味があったり…
自らお祓いをしてみたり…
マルちゃんには、
ただただテンション高く明るい表情とは別に、
人の隠れた暗い部分や
科学では解明出来ない現象などの
目では見えないモノに興奮を覚える、
妖しい裏の表情があると思うのです。
実はマルちゃんのそういった部分が
AYA〜♪は物凄く好きなのです。

AYA〜♪は今後のマルちゃんには
好青年や、真面目な美少年だけでなく
恐ろしい殺人鬼の役や
未知の能力を持ち苦悩する役
お酒や薬に溺れる役など
とてつもなくダークな役にチャレンジして欲しいと思っています。
そうして幅を広げるコトで
より一層マルちゃんが光り輝くのではないかと思う次第です。
マルちゃん!AYA〜♪はすんごく期待してるよ!

まさかまさかの年またぎ…
マルちゃんお誕生日おめでとう!

さて、マルちゃんにはどんどん強くなってもらって
かえってその存在をダーリンの癒しにしてもらいましょ。
はい…お次はダーリンのバースデーだよ。
posted by AYA〜♪ at 02:07 | Comment(0) | 超私的エイト考

2007年11月10日

【バースデー記念企画】スター錦戸の向こう側

亮ちゃん23歳のお誕生日おめでとう!

元々は亮ちゃんのビジュアルが好きになってハマッたエイト。
でも、程なく見えてきた『スター錦戸』像。
全てプラン通りにコントロールされたような
抜け目のないその姿に
ワタシは人間らしさをあまり感じ取れず、
「可愛い!」「かっこいい!」と思っても、
それ以上の感情が湧くことはありませんでした。
むしろ表面だけをなぞるような見方しかしていませんでした。

それが最近、なんとなく亮ちゃんの素顔を垣間見たような…
温かい気持ちになったコトが何回かあり、
嬉しい気分も手伝って、
亮ちゃんバースデーを記念したこのエントリを作成するにあたり、
ワタシは今までにないくらい熱心に亮ちゃん観察をしておりました。
ワタシの見た亮ちゃん…素顔の錦戸亮とは。

まずは、音作りにハマってるトコ。
新しい機材が出たら飛びつくように買ってしまうという亮ちゃん。
冷静さを欠き、自分が制御できなくなるなんてよっぽどのコトでしょう。
きっと、音楽を作ったり
自分が拘った音について語ったりする時、
亮ちゃんの素の部分が出てるんやろうなぁと思います。
そう思うと、ギターを弾きながら歌ってる亮ちゃんの笑顔って
なんて気持ち良さげで可愛いんでしょう。
見ているこっちまで幸せな気分になります。

もう一つはNEWSにいる時。
ホントはエイトの中にいる亮ちゃんの方が
素に近いんだろうとは思います。
その方が極々自然だと思います。
でもワタシには、
NEWSを引っ張らなくては…!という使命感で、
苦手なトークもテンションを上げて乗り切っているという感じ…
なりふり構わず頑張ってる感じが…
亮ちゃんの「見せたくない隠れた一部分」という意味で
素顔に近いんではないかと思うんです。
その一生懸命な姿を見ると
今まで亮ちゃんには抱いたコトのない感情が…
亮ちゃんをとても愛しいと思ってしまいます。

照れ隠しから毒舌を吐いてみたり…
返答に困って上目遣いで甘えてみたり…
一見、素の部分であるように見えますが、
ワタシにとってはそれもまだ
『スター錦戸』の一面としか見えません。
と言っても、演じてるというワケではなく、
あくまでもそれは、『スター錦戸』として
表に出すコトを許されたキャラであると、
素の部分ではあるけど、
『スター錦戸』として見せても良い範囲内であると
認識しているのです。
同じ線上に『スター錦戸』と亮ちゃんがいて、
仕事の顔とプライベートの顔を
巧みな線引きで使い分け
『プライベートの顔』という名の仕事の顔を見せる『スター錦戸』。
年下でありながら三馬鹿と共に
厳しい世界を渡ってこれたのも
この頭の良さ、抜かりのなさがあったからこそだと思います。

そんな中、ちらっと覗かせた亮ちゃんの弱点のような一面。
ワタシにはそれが凄くキラキラの宝物に見え
錦戸亮という人間を一層魅力的に感じるようになったのです。
スター錦戸の向こう側にいる亮ちゃん…
これからもっともっと見つけられるといいなぁと思ってます。
posted by AYA〜♪ at 00:00 | Comment(2) | 超私的エイト考

2007年10月21日

ベリショート★ヒナオ『あるなし大辞典』

萌えにくい姿を見せ付けられることで
逆に萌え体質に戻りつつあるAYA〜♪ですけども〜。
それって喜んでいいのか…!?
逆境に身を置かれると燃え上がる
典型的なO型気質ですな。

さてさて…
若干引っ張り気味かとも思われる
ヒナちゃんの髪型ネタですが〜
すばるくんの短い髪型がほぼみんなから絶賛されるというのに…
亮ちゃんの金髪がほぼみんなから非難されるというのに…

ヒナちゃんの髪型だけ、どうしてこうも賛否両論巻き起こるのか!

いえいえ、全て調べたワケではございませんぜ。
でも、なぁんとなくヒナちゃんの髪型に関しては
意見が真っ二つに分かれるような気がするんですよ。
さぁ…!

『髪をばっさり切ったヒナちゃんありかなしか!』

髪をベリショートにしたヒナちゃんを見た最初の印象…
ワタシは「なし!」でした。
ワタシの周りにいるヒナ担さんも結構な確立で「なし」と。
だって坊主やで!
あれじゃあ萌えへんでしょお。
でも、ヒナ担以外のヒトたちは結構「あり」なんですよ。
似合ってる〜!とか
かわいい〜!とか…
本人さんも言うてはりました
大人たちにはさわやかなった言われた…と。
そう…そうなんですよ。
別に似合ってないってワケじゃないからね。
盲目ってのもあるかもしれんけど、
ワタシもすでに、可愛いじゃん!って思えるようになってるんですもの。

んで、気づいたのが、
「あり」と思ったヒトと「なし」と思ったヒトでは
基本的にヒナちゃんに求めてるモノが違うんですよ。

ヒナちゃんの周りにいるヒトたちや
ヒナちゃん以外の担当のヒトたちは
ヒナちゃんのコトを
明るく前向きで元気なイメージ
頼りになるお兄さん的なイメージ
地に足ついたしっかりモノのイメージ
で見てるんじゃないでしょうか。
あくまでも「恋愛対象」ではなく「友達」なのよね。

それがヒナ担さんとなると
上のイメージを持ちつつも
「恋愛対象」って気持ちが強い。
ヒナちゃんに「色気」を求めてるんですよね〜。
だから元気なだけじゃダメなんですよ。
スーツの似合うデータマンじゃ物足りないんですよ。
ワタシなんかいつでもカレに…
イかせてもらいたい…濡らしてもらいたい…
って思ってるんですから。(←またもや20禁)
元々ヒナちゃんの手に色気を感じて堕ちたAYA〜♪
カレに色気を感じなくなったら、
他のエイトメンに対する感情と同じになっちゃうんですよ。

じゃあロン毛はどうか…
これも賛否両論あるんですよね。
ヒナちゃんの場合、色気ばかりを追求するのもNG。
チャラチャラ感の強いロン毛が好きなら
最初からヒナ担にはならないのよ。
お堅い部分もちゃんとある容姿がベストなのよ。
清潔感もあって尚且つオシャレな感じじゃないとダメのよ。
だからヒナちゃんって難しいと思うのよね〜。

堅さと色っぽさ…どれぐらいの長さならどうやってのは
もぅヒトそれぞれの感覚の領域に入ってくると思うけど、
AYA〜♪のオススメは

前髪長めのショート

ワタクシがよく言うところの『まんまるヘアー』なんですね〜♪
色はあまり重たくならない方がイイよね。
この髪型なら
サラサラっとしてサッパリ感もあるし
前髪で目が隠れるコトでなんとなく色っぽいしね。

ワタシの場合、この『まんまるヘアー』を『0』として、
これより短いと「堅いヒナちゃん」
短すぎると「キラキラじゃねぇ〜〜!」で、
これより長いと「チャラいヒナちゃん」
長すぎると「うっとぉしぃ〜〜!」
って感じになるんですよね。
んで、今の状態は残念ながら「キラキラじゃねぇ〜〜!」
せっかく今回「これぞジャニーズ!」って曲を貰ったってのに
今まで以上に芸能人オーラの消えてそうなヒナちゃん。
あぁ…もったいないったらありゃしない!

それに引き換え、他のエイトメンのビジュアルって今すんごく良いと思うのよ。
すばるくんのショートなんてすごく可愛いし。
ヨコの優等生ヘアもステキ!
大倉くんもすごく似合ってると思う。
それをさ…なぁんか

足引っ張ってる

よな気がするのよね。
だって一人だけキラキラしてないじゃん!
オシャレ度がすんごく低いじゃん!
その昔の裸にオーバーオールのように、
全員がオシャレじゃないと思われたら申し訳ない気がするのよ。
んで、思ったんが

ヒナちゃんも帽子被っちゃえ!

ってコト。
ヒナちゃんどうもあんまり帽子って好きじゃないみたいでさ
ラジオの時のニット帽くらいしか見た覚えないんやけど
この際いろんな帽子にチャレンジしたらイイんちゃうかなぁ。
ウェスタンな感じなんてすんごく似合うと思うんやけど。
今回のPVの衣装も、すばるくんや大倉くんみたいに
上手く着こなせたりするかもしれんしね〜。
拝啓…ん時のヨコのマネをしろってんじゃないけどさ、
バンダナでもターバンでも、
頭部の物足りなさをカバーしてもらいたいモンやね。

でもヒナちゃんね、
最近ほっぺの赤いプツプツ目立つでしょ。
ワタシは好きやからイイけど
やっぱアレ、前髪がほっぺに擦れるってのもあるかも…
って思ったりするのよ。
いくら清潔にしてても髪の毛って汚れ吸ってるからね。
ワタシも前髪伸びてきたらちょっとプツプツ増えるもん。
そんなコトもあって切ったんかな〜なんて。
それじゃ致し方ないかな〜って。
いろいろ大変なのかもね。

カレに何があって…
どんな理由で…
バッサリいっちゃったのかはわからんけど、
どんな髪型になろうが全て許容範囲なのよ!
ちょっとぐらい逸れても、脳内で軌道修正できちゃうのよ。
惚れたモンだから仕方ないのよね…やっぱ。

ヒナ担になったら永遠に逃れられないこのテーマ…

カレの髪型の変化に付いて行く

今後も要所要所で振り回されるコトにはなりそうですが
持ち前の盲目愛をフルに生かして、
あなたに付いていく所存です。
…あ!そうそう、コレだけは確実に言えるコト

この髪型もカレにとっては決して失敗ではないのだろう

あぁ…ヒナポジ万歳!
posted by AYA〜♪ at 11:50 | Comment(2) | 超私的エイト考

2007年09月29日

【バースデー記念企画】巣立てよすばる!すばるの巣から

初めてワタシがすばるくんを見た時、
まさかカレが極度の人見知りさんやとは思いませんでした。
テンション高いか斜に構えてるか…
人との付き合いなんてバカバカしくてやってらんねぇ
といった感じでした。
でもそれは一生懸命取り繕った態度やったんでしょうね。
そう構えないと居たたまれなかったんでしょうね。

ワタシは他のグループのコトはあまり知りませんが、
エイトというグループは、見た目のテンションとは裏腹に
なんとも人見知り率の高いグループやなと思います。
それもエイトの肝…グループを引っ張って行く年上3人のうち
2人が人見知り…それってどうよ!
でも人見知り二大巨頭のこの二人…言わずと知れたヨコすばは、
同じ人見知りであってもちょっとタイプが違うんです。

ヨコの人見知りは、一見そうとはわからない程度。
気合いを入れてテンション上げて…
そんな状態なら全然普通にしゃべれるし、
しっかり笑いを取ったりも出来るんです。
カレの人見知りは、人目を気にするトコからくるモノ。
「急に話し掛けてヘンに思われんかなぁ」とか
「話し掛けたはイイが、続かんかったらどうしよう」とか
「逆に話し掛けん方がヘンに見えるかも」とか
いろいろ気にしすぎて疲れてしまうんです。
だからとりあえず自分が何でも言えるヒトを
最低一人は確保しておきたいんです。
誰かがガッツリ自分に付いててくれたら
いくらでも前へ行けるんです。

一方すばるくんの人見知りは対人恐怖症の域に達します。
なぜカレがそうなったのかは分かりませんが、
人目を気にする度合いが、ヨコに比べて大きく
恐らくいろいろな物事に敏感な神経を持ってるんでしょう。
感受性の強い芸術家肌なのかもしれません。
すばるくんの場合は、何が何でも
自分の言いたいコトを代弁してくれるヒトが必要なんです。
自分が前へ出なくても大丈夫なようにしておきたいんです。

さて、その2人の底辺となるのがヒナですね。
ヨコが前へ出やすいように後押しをしつつ
すばるくんの代わりに前へ出て、要所要所で引っ張る。
ヒナはその両方が出来るんですね。
そして二人の暴走を止めるコトが出来るのもヒナなんですよね。
こう聞くと、二人とも
ヒナにおんぶに抱っこ状態のようにも思えますが、実はそうでもなくて
ヒナはその時その時での立ち居振舞いはわかるけど
ヒトの精神状態には結構疎いんです。
それはカレが人見知りしたコトがない性格だからです。
ヨコはあぁ見えて結構ヒトのコトを見てますよね。
自分がどう見られてるか気になるからです。
すばるくんはそういったコトを肌で感じ取れるタイプですよね。
だから、たまに確信を付くコトをズバッ!と言ったりしますよね。
ヒナちゃんは元々ヒトからどう見られるかあまり気にならないんで
そういうコトに気を遣うヒトがいるというコトにも無頓着。
ヒナちゃんにとって2人は
ヒトの心の機微を教えてくれる大事な存在なんです。

こうしてヨコすばヒナの『三馬鹿トライアングル』は
誰もジャマするコトの出来ない
ガッチリ組まれた三角形になっていったのでしょう。
そしてその結束の固い3人が肝となり、ドンと構えるエイトも
向かう所敵なし!といった感じなのでしょう。

でも最近…すばるくんはすごく変わったように思います。
保護者抜きで行動してる話をよく耳にするようになりましたよね。
連休には一人で友達に会いにニューヨークまで行ったとか…。
ヨコとつるんでたという話も、結構な驚き。
今までカレら二人が一緒に行動してた話って
釣りの時ぐらいしか聞いてなかったような気がします。
お互いを認めてるからこそ気を遣い合ってしまうので
今までは常にワンクッション置いてたんじゃないでしょうか。
ワタシはこれらの変化を
すばるくんの人見知りが、ヨコ程度の
軽いモンになってきたからじゃないかなぁと思うのです。
元々一人が寂しいというタイプじゃないすばるくん
自分に自信さえあれば、単体で何でも出来るんです。

その自信となるモノ…すばるくんにとってはやはり『歌』。
アイドルらしからぬその歌声は、カレの心の叫びそのものなのだと思います。
でも今までは、その歌で自分を表現しようと思っても、
なかなかそのような場が与えられなかったりして
自分はこのままでイイのか…と悩み苦しんだりもしたでしょう。
それが去年のすば倉コン以来、もの凄い回数のコンサートをこなし
たくさんのエイターたちに生の声を届けるコトが出来、
たくさんのエイターたちの生の声を聞くコトが出来、
自分の声に必ず答えてくれるエイターがいる…
エイトとエイター間違いない…
自分の選んだ道も間違ってない…
と確信したんだと思います。
その自信がすばるくんの背中を押してるんだと思います。
そしてエイト…中でも『三馬鹿トライアングル』という
帰る場所があるからだと思います。

すばるくん…お誕生日おめでとう!
26歳のすばるくんはどんな顔を見せてくれるのかな。
1つクリアになったすばるくんはどんな声を聞かせてくれるのかな。
あなたがどこに進もうが、エイトの絆は決して壊れないから
エイトの肝『三馬鹿トライアングル』を中心に
どんどん冒険して行って下さい。
エイターはあなたを信じてどこまでも付いて行きます。
あなたが思う道を…
あなたの思うように…
今よりもっと広い世界へ。
posted by AYA〜♪ at 17:19 | Comment(3) | 超私的エイト考

2007年09月18日

初心に返り、ヒナ愛を語る

はぁ…最近めっきり萌えなくなったAYA〜♪ですけども〜。
でもねでもね…
やっぱりヒナは好きなんですよ。
先日の『レコメン!』を聞いて思い出しました。
ワタシ、ヒナちゃんのこんなトコが好きやったんや…と。

初めはきっと一目惚れやったんやろうと思います。
だって上から下まで、
どこを取ってもワタシの好みですもん。(注:当時短髪)
でも相性最悪の「水瓶座+ABガタン」と聞いて
あ…コレはきっとヤなトコがあるに違いない!
そんなに好きになるワケがない!
…と気持ちをセーブしておりました。
それが手フェチのAYA〜♪、ヒナ手を一目見た途端
今までせき止めてたモノがド〜ッ!と流れ出るように、
ヒナへの想いが一気に溢れてしまったんですね。
まぁきっかけなんて何でも良かったんでしょう…すでに。
それからずっとヒナ担を名乗っておりますが
本格的にハマったのは『OH!ソレ!タイSP』頃から。
あのロケを見て、あまりに自分と行動パターンが被ってるのに気が付き、
以来やるコトなすコト愛しく感じるようになったんですよ。

最近では、ヒナちゃんが変わってきたのか
ワタシがヒナちゃんのコトをより分かってきたのか
あぁやっぱ違うな…ってコトも結構増えました。
(元々ワタシは根っこがヨコ似なんで…)
でも自分にない一面というのも
憧れであったり、尊敬であったり
一層想いが深まっていく要因となってたんです。

いろんなヒナちゃんを見るにつれ、
前は「同じ」であるコトに悦びを感じていたのに
だんだんそれが当たり前のようになり
今ではどちらかというと「違う」コトを見つけて
あぁ、それでも好きだ…と思えるコトの方が
すごく新鮮で楽しいモノになっていました。

それが今回、勝手なネガティブ思考による回路のショートにより
「萌え」という感覚がワタシの中から消え失せ
一挙手一党足にドキドキする盲目度も低下
完全に気持ちがリセットされた状態になってしまったんです。

そして先日の『レコメン!』でのコト。

ヨコが自分たちの所持金がいくらか発表し合おうと言い出しまして、
そのためにヒナちゃんが自分のカバンを取ってきて貰おうとする時に言った言葉

「あちょっとカバ〜ン、取って来てもぉていぃ?」

うぅわっ!この言い回しワタシと全く同じ。
「取って来て!」でもなく「取ってきてもらえる?」でもない。
「本来なら自分で取りに行くところを、
この状況じゃムリなんで
あなたに取って来て貰ってもイイですか?」
というニュアンスを含んでると思われるこの言い回し…。(←考えすぎ?)
この場ならワタシも確実にこの言い方をしますね。

それともう一つ。
リスナーとの電話で「今なにしてんの?」と職業を尋ねたヒナちゃん
勘違いして「今は…電話してます」と答えてしまったリスナーに

「あ、あの〜仕事…とか、学校とか…ゴメンゴメン

この「ゴメンゴメン」ですよ。
こんな状況、今までにも何度となくあったでしょうから
わざわざ「んじゃなくてさぁ…」なんて言葉はモチロン言わんと思います。
でも、緊張してはるわ…とか
間違って受け取ったはるわ…とか、
相手に原因があるんやろうし、
そこはサラッと「仕事とか学校とか」と促すだけでイイところを
「ゴメンゴメン」と謝る…自分の言い方が悪かったんやと自己評価する。
その気の遣い具合が私と同じ位の程度なんですよ。

やっぱ自分がしてもらって嬉しいコトを自分もヒトにしたりするでしょ。
その自分がしてるコトをヒナちゃんもしてるってコトは、
親近感が湧くだけでなく、きっと自分も嬉しいって感じると思うんですよ。
このヒトと一緒に居ると、イヤ〜な気持ちになるコトはないやろうなぁ
っていう安心感があるんですよ。
気を遣われ過ぎても、遣われなさ過ぎてもしんどいけど、
ヒナちゃんやったらこっちも気を遣わんと居れそうってのが
めちゃめちゃ好きになった理由やったんですよ。

それをね、今回気持ちがフラットになったコトで
改めて気付いたというワケです。
だからワタシ、「萌え」は後から付いて来たようなモンなんですよ。
ヒナちゃんの芯の部分が好きなんで、
ドキドキがなくなろうが
「萌え」が減ろうが
ヒナちゃんの人間性がガラッと変わらない限り
ず〜っとず〜っと愛し続けるんやろうなぁと思う次第です。

でもやっぱ萌え萌えは楽しい!
ドキドキときめいて過ごしたい!
ひょっとしたら近々、
一気に萌え体質に戻ってしまうようなブツが手に入るかもしれません!
大丈夫かな〜。萌えられるかな〜。
まぁすでにこんだけ期待に胸を膨らませてるっていうコト自体
下地は出来上がってるって感じですけどね〜。

期待を裏切るなよ!ヒナオ!!
ウソウソ…それでもスキよ!ヒナちゃん♪
posted by AYA〜♪ at 10:06 | Comment(2) | 超私的エイト考

2007年09月13日

【バースデー記念企画】 マルチプレーヤー安田章大!新たなる道

ワタシはヤスくんが大好きです。
エイトが好きになり、最初にハマったのは何を隠そうヤスくんなんですね。
カレのゆる〜い面白さや可愛らしさと
勢いのあるキビキビしたダンスとのギャップにヤられたのです。
しかし丁度その頃、ヤスくんは乙女キャラ全開。
可愛らしい部分の比重が高く、
オトコっぽいところが見えないと萌えない体質のAYA〜♪にとって
もの足りない存在となってしまったのです。
それでも末っ子大好きなAYA〜♪は
可愛いカレの言動に、何かと注目してしまうのです。

そもそもカレの魅力とは何でしょう。
格好良くも可愛くもある容姿。
奇抜でありながらもしっくり見せてしまうファッションセンス。
天然ボケも素早いツッコミも出来るお笑いのセンス。
歌える・作れる・演奏できる音楽センス。
アクロバットもこなすバランス感覚と運動能力。
そしてそのどれもに手を抜くコトなく一生懸命取り組む姿勢。
光り輝くたくさんの要素が
あの小さい身体に(失敬!)所狭しと詰め込まれてるんです。

なのにワタシには気になるコトが…
ヤスくんにはなぜ…

ピンでの仕事が少ないの…!?

そのコトがずっとずっと気がかりです。

こんなにもいろんな才能を持ち合わせながら
それをエイトの中でしか生かしきれてないのがとても残念。
やはりカレは典型的な「器用貧乏」なのかしら…。

エイトはジャニーズ切っての個性派集団。
皆それぞれ何かしらの特徴を持ち、
得手不得手を補い合うように構成されて
上手くひとつにまとまってるグループではないかと。
そんな中でヤスくん…
カレはたくさんの特技を兼ね備えてるが故に、
突出するモノが少ない上級ノーマルタイプ。
トークに関してもアクの強い方ではないのでアピール度も弱め。
いろんなキャラを使い分けられる分
エイトの中では悲しいかな
埋もれた存在になってしまいがちな気がします。

でもヤスくんには、モノを作る才能がありますよね。
どちらかと言うとヤスくんは、
自身の身体を使って自己表現するより
自分が作ったモノで自己表現をする
クリエーターとしての素質の方が大きいのではないかと。
そういう仕事の方が楽しんでやれるのではないかと。
芸能関係の仕事にもモチロンばっちりハマってるんですが、
ワタシ…寡黙に作業を進めるヤスくんの表情がすごく好きなんです♪

個々の仕事が増えてきたエイト。
そろそろヤスくんも、
ヤスくんならではの方向性を見出して
進んで行けたらいいんじゃないかと思います。
作詞・作曲活動だとか〜
舞台衣装やセットのデザインだとか〜
それらを生かしたような番組への出演だとか〜
一見地味かもしれないけど
エイトの活動と合わせると
『静と動』という両方を楽しめて
精神的にも充実するんじゃないかなぁと。

心底「楽しい!」と思える仕事を
ゆっくり…じっくり…
のめり込みつつ…
気持ち良〜くこなして欲しいと思います。

ね、ヤスくん!
あなたの幸せも、きっとみんなの幸せやよ。

23歳のお誕生日おめでとう!

posted by AYA〜♪ at 23:59 | Comment(0) | 超私的エイト考

2007年09月11日

【バースデー記念企画】拝啓、ピンクさま…

内くん…21回目のお誕生日おめでとう。
エイトにいないあなたを祝ったのはこれで2度目ですね。
昔の映像しか知らない私にとって
あなたはカワイイカワイイお子ちゃまでしかなかったのに、
私たちの知らない間に大人になっていましたね。
一段と美しく
一段とシャープに
あなたがストイックに過ごしてきたのがよくわかります。
でも私はまだあなたの声を聞いていません。
あなたの動く姿を見ていません。

何人かの人は舞台で演ずるあなたを見ています。
研究生というあなたの肩書きと
それに見合わぬ出番の多さに
事務所の思惑を感じながらも懸命に演ずるあなたの姿を。
あなたの仕事に対する反省と意気込みを感じたコトでしょう。

何人かの人は思いがけず8人の中にいるあなたを見ています。
恐らくおとがめを覚悟で強行突破した兄たちの中で
申し訳ないと思いながらもイキイキと歌うあなたの姿を。
あなたの今後の居場所を再確認したコトでしょう。

残念ながら私はそのどちらにもあてはまっておらず
まだまだあなたが帰って来たという実感が湧きません。
いまだにあなたの名前に過剰に反応してしまいます。
一日も早くそれが当たり前のコトになり
一日も早く動くあなたを見たいと…
そして一日も早く

「関ジャニ∞の内博貴です」

という声を聞きたいと願っています。

あなたの犯した罪をどうしても許せない人
7人のエイトに愛着を感じている人
この復帰のタイミングに疑問を感じる人
あなたに対する風当たりは
決して弱いモノではないでしょうが、
温かい風が後押ししてくれているのも事実です。

大人になり
新しいスタートラインに立ったあなたの1年が
輝かしいモノになりますように。

屈託のない末っ子の笑顔を楽しみにしています。
posted by AYA〜♪ at 23:49 | Comment(0) | 超私的エイト考

2007年08月26日

イニシアティブ・セールスマン★ヒナオ −ヒナ 甘えの構図−

どうも〜!
徐々に「ヒナのヒゲ」が アリ! になりつつあるAYA〜♪ですけど〜。
んもぅ!ホレたモン負けかしらね。盲目なのかしらね。

『冬休みドラマSP』DVDの特典映像で大倉くんが言った

「村上くんは電話で誰かに甘えてる…」

なる発言がすごく気になっちゃいまして、
男なのか女なのか…
年が離れてるのか近いのか…
身内なのか他人なのか…
芸能人なのか一般人なのか…
いろいろなパターンを想定してシミュレーションするんですが
全く想像つかず!
まぁ甘えてると一口に言っても
内容が甘えてるのか、言葉遣いが甘えてるのか、
それによってもいろいろ変わってくるんですけどね。

元々ヒナちゃんは甘えたさんなんやとは思ってました。
それを封印して、しっかり者キャラで生きてると。
そして信頼できるメンバーに対しては甘えた部分も出すんやと。
でもメンバー以外のヒトにまでそんな姿を見せるやなんて!
ヒナちゃんにとってメンバーは特別な存在やと思ってたのに〜。
ヒナちゃんにとって甘えるコトは特別なコトやと思ってたのに〜。

結構モンモン…。

ヒナちゃんの甘えた様子を想像していくうちにブチ当たったモノと言えば
『ジャニ勉』出川の回でのチャレンジコーナー。
「付き合って1週間の彼女 今日こそ初めて部屋に呼ぶぞ!」…どうする?
この質問に芝居で答え、出川にダメ出ししてもらう…ってな内容なんやけど、
ヨコにいきなり「オマエのも見したれ」と振られて、
ヒナちゃんもやらされるコトになっちゃいまして。
まぁココでヒナオくん…立派なイニシアティヴ・セールスマンっぷりを発揮するんですが…

「今日1日楽しかったね」
「あぁ、楽しかった…お疲れした」

スタートはあくまでも軽いノリで…

「明日仕事何時やっけ?」
「明日…は、9時」
「あ…9時か、今何時?あ〜12時か」
「うんうん…(苦笑)」
「何時起き?」
「5時起き」

徐々にリサーチを続けます

「5時、あ5時!?早いな!あれ?家どこやったっけ?」
「京都」
「きょ…遠いな、ウチ近所やからさ泊まっていったら?」
「え?(困)」

さぁ!ココから提案に提案を重ね、断れないように持っていきます

「んも〜すぐや、だって…ほんなら〜な、
 1時間2時間パッと寝て(押)
 シャワー勝手に使っていいから(押)
 オレもぅ勝手に寝てるから(押)」

「あ…でも…いろいろ…ね!(断)」
「あ、ほなコンビにで買うてったらエエやん(押)
 全然大丈夫…あ!電車ないて」


一気にクロージング…!


この姿を見たAYA〜♪は
完全に主導権を握り、グイグイ押していく
カレは立派なイニシアティブセールスマンや!
カコエエ〜!頼れる〜!
と思ったモンです。
でもよくよく考えると、カッコ良くもなんともない

カレは欲しいモンは何としてでも欲しい

だけなんですよ。
まぁ言ったら、しゃべりの達者なダダっ子って感じね。
そういえばカレがメンバーに対してやってる行動や
彼女との付き合いで思い描いてる場面なんかの話を聞くと、
すんごくワガママなのよね。
でもそれがあまり自分勝手に聞こえないのが
根底に「甘えるダダっ子」的な要素があるからやろうね。

最初AYA〜♪は
「甘える」=「言葉遣いや態度が甘くなる」
と思ってましたが、違ったようです。
ヒナちゃんの場合は

「甘える」=「ワガママになる」

って感じみたいね。
ちなみに前者は亮ちゃんかな?

そう考えると、ヒナちゃんって結構色んなヒトに甘えてるのかもね。
甘えるコトはAYA〜♪が思うほど特別なコトでもないのかもね。
あぁ…コレで結構スッキリ♪ モンモン解消!(←早い)
しかもヒナちゃんが主導権握って欲しいモノをゲットしていく姿を
可愛く感じるようになっちゃったっつーコトは
AYA〜♪は何言われてもハイハイって聞いちゃうんやろうなぁと
っつーか逆にバンバン甘えて欲しいなぁと
これぞホレたモン負けやなぁと思う次第です。

…ま、そんなチャンスないんですけどね〜。
…ありゃあ飛びつくんですけどね〜。

ってなワケで、まとまりのない文章ですんまへん。
AYA〜♪の頭の中がまとまったんで良しってコトでね。
読んで下さってる方々に甘えきってるAYA〜♪でした!
posted by AYA〜♪ at 03:55 | Comment(0) | 超私的エイト考

2007年08月05日

実はワタクシ恥ずかしながら…

このところのエイト業界ではドームや〜なんや〜言うて
すっかりお祭り騒ぎといった感じでしょうが
ドーム不参加のAYA〜♪にとっては
蚊帳の外〜な気分で、ちょびっつ淋しいので
こうなったら完全に無視しちゃいまして
ここ最近のAYA〜♪の関心事について書きたいと思います。
いいよ…DVDで見るからさ…。


最近特に思うんです…!
ワタシ…

ヒナちゃんの身体が大スキです!!

はぁはぁはぁ(←喘ぎ声ではない)
言うてもた…言うてもた…って、今更か!?
いやぁね、今までにもちょこちょこ
「ここがスキ〜♪」「あっこがスキ〜♪」とは言うてたと思うんですよ。
でもきっとAYA〜♪は皆さんが思う以上に
ヒナちゃんの身体を凝視してるに違いありまへん。
それも…

下・半・身!! キャ〜ッ!

場所が場所なため、
恥ずかしくってあまり大っぴらに言うてなかったんですが
ココ最近、その恥ずかしさを超越する程
ヒナちゃんのシルエットがステキなんで
語っちゃうコトにしました…バカなヤツだと笑ってくだせぇ。

元々AYA〜♪はひょろっとした身体とか
ムキムキン!カチコチン!な身体はあまりスキではないんですよ。
血が通ってるのか通ってないのか…
食べてるのか食べてないのか…
動いてるのか止まってるのか…
わからんようなのは苦手なんですよ。
後者のマッチョな身体ってのは一見良さそうやねんけど、
どうも『造作物』って感じで…
かえって生きてるような気がしないのがイマイチなんすよ。
ならばプヨプヨぽちゃぽちゃした方が温かみがあって良いぐらいです。
AYA〜♪の好みってのは、
しっかり食べてます!
張り切って動きます!
汗も思いっきりかきます!
みたいな…いかにも『生きてる!』って感じのヒトなんすよ。
みゆうたんや佐藤珠緒ちゃんの好みとはとは真逆やね。

前置きが長くなりましが、
コレでヒナちゃんがAYA〜♪の好みのタイプに
ずっぽしハマってるってのがわかっていただけたと思います。
ヒナちゃんのように細くてもちゃんと筋肉が付いていて
しかも骨がゴツゴツした感じ…
なんとも言えないんですよね〜。
鍛えた腹筋はAYA〜♪にとっては付属的なモノで
それよりもゴツゴツ感にそそられるんですよ。

パーツで言うと長い腕がすごくスキ。
AYA〜♪は腕が短いのはイマイチでね。
足の短さは気にならなくても、腕の短さには敏感に反応してしまいます。
まぁでもヒナちゃんの腕の長さには後で気付いたんですけどね。
ついでに言うと脇からヒジにかけての内腕のぷにょぷにょ感も
「簡単には見れない部分」って感じがするからか
とっても萌えますねぇ。

さてさぁその下半身ですわ。
皆さんもご存じのとおり
ヒナちゃんは手だけじゃなくて足も長ぁい♪
やっぱカッコエエっすよね〜。
んで最近の衣装…ジャケットの丈が絶妙よね!
『Who's foods?』で
ちょっと腰を落としてレゲエダンス風に踊ってた時の
ジャケットの長さがすんごくカッコイイ!!
ちょっとお尻が覗く感じがね…いいのよ♪
マルちゃんはヒザ辺りまであるフロックコートっぽいのが似合うけど、
ヒナちゃんは断然お尻の辺りまでのんが似合う〜!
『むちゃブリ!』の衣装で、腕組みをした時の
裾のラインがちょっと上がった感じもステキでさ〜

正直…股間ガン見です!

いやはやお恥ずかしい…。
でね、むちゃブリ!ゲストが前の方で座ってたり、
何か品物が出てきたりしたら、
カメラの位置が低くなるでしょ?
こん時によくセンターにいるヒナちゃんの腰の辺りと
持て余し気味の長い腕、そして大好きな手が
バックに映るのよ〜♪あぁん!ステキ〜!
もちろん手前のゲストや品物はほぼ見てません。

夏のロケ仕様なのかな?
あの半袖シャツにネクタイとベストの衣装もいいよね〜♪
やっぱヒナちゃんは基本身体にフィットした衣装が似合うけど
ネクタイは緩〜く結んでる方がカッコイイよね!
レイニーの衣装もステキ♪

それとスキなのは細身のジーンズ!
ダボッとしたのは重い感じがするけど、
細いのはスッキリしててホントかっこいい!
特に裾が靴のところでくしゃくしゃ!ってなってるのがすんごくスキ!
いつになったら『ベストジーニスト賞』くれんねん!
ってぐらいめちゃめちゃ似合ってると思うのよ。
腰自体が結構短いからかな
股上が浅いのでもズッてる感じがなく、キッチリはけててめちゃいい感じ!
んでも、いくら足が細いって言うても、
やっぱ座ると太ももはピチッって感じでさ〜
股間のふくらみと、ムチッとした太もも…
エエわぁ〜♪健康的やわぁ〜♪
あ〜でも『まりもっこり』的な目では見ないでね。
あくまでも肉付き重視なんで。

ついでに語らせてもらうと…
腰に注目といえばエロ腰!!
前にも言ったとおり、ヒナちゃんはホントにエロい腰フリしないのよ。
んふ♪そういうキャラでいてくれるのが嬉しいんやけどね。
『ズッコケ』の「ブンブン!」でも
ヤスくんはやけに『男ヤス』になったりするけど、
恥ずかしいのか、苦手なのか、ポリシーなのか、
ヒナちゃんは全然エロくないのよ♪
すばるくんが腰も表情もエロい時、
ヒナちゃんはどうだろ…と、腰の動きに注目してしまうAYA〜♪であります。

裸になるコトに全く抵抗のないヒナちゃん。
ヌード写真集なんか出たら飛びついちゃうよね〜!
きっとステキなんやろな〜。
きっと美しいんやろうな〜。
でも松潤みたいなセクシーさはないかもね。
うん…ない方がイイ。
鍛え上げられたアスリートの身体を見るような感じで
男のヒトがホレボレするようなんがいいなぁ。(←勝手に出版予定)

最後に念押ししときますが…
AYA〜♪がヒナちゃんの身体を見る目線は

決してエロではない…

ので、『股間』や『太もも』なんて言うても引かないでね。
posted by AYA〜♪ at 17:48 | Comment(2) | 超私的エイト考

2007年06月18日

ウワサの真相(?) AYA〜♪が叩っ斬ってやる!

先日記述しました『OH!ソレ!ヒナオ、景ちゃん呼び事件』以来ですねぇ
ホンットよく『村上信五+藤本アナ』の検索キーでココにやって来られます。
んで、巷では二人のツーショット写真なるモノまで出回ってるとか…。

アホか…それ、まんま『OH!ソレ!』じゃん!

ガクッときつつ、ホッとするAYA〜♪
これぐらいの気持ちは正常な範囲よね?

まぁ前々からワタクシ、コトあるごとにヤッキーモッキーしておりましたよ。
だって3人(1+1+モモコ)でつるんでる話よく聞くやん?
実際仲もイイと思うよ。
同じヒナ担の間でも、「この二人はお似合い♪」って思ってる
とてつもなく心の広いお方がいるようですし…。

しかぁし!!!

世のヤキモチ妬きのヒナ担のため…
そして何より自分に言い聞かせるため…
AYA〜♪は断言します!!

絶対に二人は付き合ってねぇっ! (←次課長河本で)

あぁそうさ!きっと何でもないのさ!
なぜ一般ぴーぽーのAYA〜♪がそんなコトを断言できるのか…。
その根拠となる分析を交えて、ちょいと語ってみたいと思います。
改めて言うとくで〜!
8割方AYA〜♪のために書いてるんやで〜!
独断と偏見やで〜!
ファンの領域を逸脱する妄想を含んだヒナ語り…(←いつもだろ!)
おイヤでなければご覧になって帰ってください。


ヒナ語り…
posted by AYA〜♪ at 16:26 | Comment(4) | 超私的エイト考

2007年05月21日

【バースデー記念企画】大〜倉〜はみんな〜知〜っている〜♪ −大倉忠義−

内くん復帰というBIGニュースに加え
ワタクシのPC不調というBADコンディションのお陰で
すっかり遅くなってしまった大倉くんの誕生祝。
本人さんも当日、せっかくのイタリアンを
すばるくんの
「難しい料理食うのイヤや!」
という、何ともおっさんな一言で台無しにされ
散々なディナーだったとかなかったとか。
いや、いくら遅くなってもあなたへの愛情は変わらないわ。
AYA〜♪の少〜し薄めの愛を受け取って!(←薄いんかい!)


私がエイトを知ってからこれまで、
いちばん劇的な変化を遂げたカレ…大倉くん。
私はその変化の速さに付いていけておらず
その上、ファンが描く様々な大倉像…
いつも食べ物のコトを考えている…
ドSである…
天然である…
などという、結局はどないやねん!…な諸々の発言に翻弄され
実は未だカレを解析しきれておりません…。
ホント…見る人によっていろいろな見解を持たれる大倉くん。
私にとっても掴み所のないヒト…と映っていますが
それでもひとつだけ確信を持って言えるコトがあります。
それは…

カレはみぃんなわかってるんですよ!

どうやったらセクシーに見えるか
このヒトは少々キツく言っても大丈夫
母性本能をくすぐる食べ方とは
このヒトは適当にしゃべっても笑いに変えてくれる
ココでニコッと笑えばみんな堕ちる

みぃんなみぃんな…カレはわかってるんですよ!

クールにすべきところ
かわいくすべきところ
カッコ良くすべきところ
ボォ〜ッとすべきところ

カレはすべて計算できる

TPOアイドルなんだ!

『計算高い』と言ってしまえばそれまでやけど
コレを一見何も考えてないように見せるテクニックってのは
なかなかスゴイと思うよ。

でもやっぱりAYA〜♪は
感動しまくって号泣したり
くやしくてムスッとしたり
ただただ大笑いしてたり
キレて声を荒げたり
計算外の感情に左右される大倉くんを見てたいな。

でもこの先、ピンクちゃんが帰って来ると仮定して(信じてますから)
大倉くんのポジションがいちばん微妙になるよね。
末っ子でもなくなるし
エイトとしてのキャリアも長くなってるし
今までと同じようにはいかなくなるかも。
これからが正念場なんかもね。

要領よく、楽な道もいいけど
いばらの道もイイオトコを作ると思うよ。
めっちゃ遅くなったけど

HAPPY BIRTHDAY 大倉くん!
いろいろヨロシクやで!
posted by AYA〜♪ at 02:58 | Comment(3) | 超私的エイト考

2007年05月11日

【バースデー記念企画】 無限大の父性愛 −横山裕−

またまたやっちゃうコトにしました『バースデー記念企画』の第2弾です。
日頃はほぼヒナちゃんしか見てないAYA〜♪ですが
誕生日の時だけはそのメンバーを中心に見よう!と考えたこの企画。
相も変わらずの独断と偏見で語っていこうかと思います。
で、その初っ端のヨコについてなんですが、
書きたいコトが二転三転してしまい
思いのほか時間がかかってしまいました。
遅れた分じっくり見つめたヨコへの愛です。
それでは、はじまりはじまり〜♪


去年の今頃の記事を読み返してみると、
私はヨコについて、まだまだおぼろげにしかわかってなかったような気がします。
今でもまだちゃんとは理解出来ていないかもしれないけど、
この1年で、はっきりわかったのは
ヨコは『父性愛』に満ちたオトコなんだというコト。
『母性愛』ではなく『父性愛』…
ヨコはやっぱり父親的存在なのです。

『母性愛』っていうのは、
無条件にそのモノを愛し、
そのモノが辛い目に遭わないよう計らい、
時に盲目的にも思えるような愛のコトを言うけど、
『父性愛』っていうのはちょっと違って、
多少の条件付で愛を注ぎ、
そのモノが辛いコトに立ち向かえるよう見守る、
社会的・理性的な愛を言うみたいです。

ヨコがエイトのメンバーに対してとってる態度は正に『父性愛』。
「無条件に」というワケではなく、
自分のコトを愛してくれる
大事にしてくれる
慕ってくれるメンバーやからこそ、愛情を注げるんやろうと思います。
逆に自分のコトをどう思ってるかわからない人は基本的に苦手で、
反応が怖いために、目も見れなかったり、素っ気ない態度をとってしまったりして、
すんごく誤解されてるんじゃないかと思います。
誤解と言えば、その愛情を注いでるメンバーに対する態度も、
端から見たら「とても愛情なんて感じない!」ってヒトもいるかもしれません。
例えば…
ヒナちゃんの落とし込み
大倉くんへのムチャ振り
そしてヤスくんいじり…などなど。
一見いじめて楽しんでいるかのように見えるもんね。
でも実際は、
ちょっとお行儀の悪い生の声を出させようとしたり
いつでも面白いコメントが出来るように場数を踏ませたり
一生懸命で健気な面白さをアピールしたり…
本人があまり気付いていない
未知の部分を引き出してあげてるんじゃないかなぁ。
モチロンその際のフォローもキッチリやってると思います。

ヨコはすんごくみんなのコトを見てるんです。
「コイツは殻を破らなアカン」
「コイツの技術は間違いない」
「コイツは時々言い過ぎる」
「コイツはホンッマに優しい」
「オレはエエからコイツにやらしたって」

いつもメンバーのコトを考えてるんです。

ヒトからどう見られるかをすごく気にするヨコは
みんなの動きに敏感で、
亭主関白で威厳のある父親のような顔をしていても
実際はすごく傷つきやすく、
ないがしろにされると途端にスネてしまうんです。
だから自分がいない時のメンバーの動きが気になるし、
ジャニーズWebだってマメにチェックしちゃうんです。
きっとコレは幼少期の家庭環境の影響やと思うけど
そのお陰で細かい気配りの出来るヒトになれたんやろうね。
ヒトの痛みがわかるヒトになれたんやろうね。

ヨコ…
AYA〜♪はアナタの父親のような大きな愛が大好きよ。
みんなに無理難題ふっかけ、
困る様子を見てケタケタ笑ったり、
わざとキツい突っ込みを入れて
相手がムキになって怒るのを楽しんだり、
それもこれも「このコはここまで大丈夫」と
判断した上でやってるの、よくわかってるよ。
そんなコトをヨコに言ったら
「ちゃ!その方がオモロいやん!」ぐらいに
大らかさを装って答えるんでしょうけどね。

自虐的なネタに便乗されると簡単に凹んだり、
ヒナちゃんに頭を叩かれるのをイヤがったり、
大モノには断然弱かったりするような
AYA〜♪はアナタの小さなオトコ心もカワイイと思ってるよ。
きっと何年か後に、
年頃のムスメさんとどう接していいか
メンバーに相談するパパになるんやろうなぁって思うよ。

大丈夫よ…ヨコのその優しさがあれば
誰もヨコのコト悪く思わないから
人見知りせず、どんどんいろんなヒトに絡んでいったらいいよ。
みんな、なんやかんや言ってもヨコのコト大好きなんやから。
自信をもって、より一層でっかいオトコになってね。
そしていつまでもエイトの心をひとつにまとめていってね。

HAPPY BIRTHDAY ヨコ!

posted by AYA〜♪ at 18:12 | Comment(5) | 超私的エイト考
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。