2007年10月27日

もう一度振り返り整理してみむ…コメレスです

さてさて…早速ですが、
言葉を慎重に選びつつ(だと思うんです)
貴重なコメントを残してくださった
うめさんへ
…と、同じ気持ちの方々へ
お返事を兼ねた言い訳のような補足をさせて下さい。


レコメン…そうなんですよね〜。
エイトが揃うと、いつもみんな口々にしゃべり出すから
何言ってるのかわからなくなったりするんですよね。
でも、ワタシも今回の放送自体は浮かれてたとは思ってません。
調子に乗って…というより、柔らかい言い方をすると、
みんなイイ気分で臨んだ放送やったのに、
企画その他、気分を害するモノが多かったために、
最終的にリスナーが論争を繰り広げるような
事態になってしまったんではないかなぁって思ったんです。
企画とはいえ、「愛のないダメ出し」も含め、
…こう言うとまた語弊があるかもしれませんが、
エイターがエイトの気分を害してる気がして…
むしろエイトは沈んでしまったんではないかと。
でもそれを、プロの仕事としてどうか…と
厳しく捕らえる方も実際いらっしゃるんですよね。

47コンについて…
確かに、今までエイトをなかなか見れなかった地域での
コンサートの盛り上がりは凄いモンだったと思います。
ホントにお客さんが入ってるのか…盛り上がるのか…
半信半疑の不安の中立ったステージで
大盛り上がりの大勢のエイターを目の当たりにし、
安心し、感動し、エイト自身も気合いが入る
というコトも当然あると思います。
当然印象にも残ると思います。
その感動と自信を引っさげてやってきた大阪…
関西エイターの中には、
その彼らの態度に驕りがあったと
ガッカリされた方もいらっしゃるんですよ。
ワタシなんかは城ホの2日間しか行ってないし、
(しかもその1日は立ち見でほとんど見れてないし…)
レポも極力読まないようにしてるんで、
よそとの違いなんてわかりません。
ただ…物足りなかったのは事実ですよ。
100回目の記念の公演やし〜、
何かサプライズでもあるかと思ったのに〜って…。
でもそれはワタシが期待し過ぎやったのかもしれないし、
いろんなヤキモチを含んでたからかもしれないんでね。
ま、それは置いといて…ですよ。
このコンサートで彼らの態度を、ちょっと…と思った方は
その後も厳しい目で彼らに注目してたかもしれません。
新規顧客開拓に一生懸命になりすぎて、
古くからのお得意さんを二の次にしてない?と思ったかもしれません。
「東京東京言い過ぎ〜!」と思ったかもしれません。
でもそれは関西圏にいるからこそ感じたコトなのかもしれないし、
今までずっと見守っていたエイター(ワタシは新参者ですから…)やからこそ
彼らの変化に気付き、警鐘を鳴らしてるんじゃないでしょうか。

そんなコトを思ってる人がいようとは露知らず…!
でもワタシは彼らが調子に乗ってると思いました。
「調子に乗ってる」という言い方がまずかったかもしれません、
「興奮しきってる」といった感じですかね。
そりゃやっぱり、
ジャニーズでは初の快挙!
47都道府県制覇!
5ヶ月にも及ぶ大仕事!
…を成し遂げたんやから、
人間として、若者として
調子に乗っても(興奮しきっても)しょうがないんじゃないかしら?
去年のFTONコンを終えた時も同じような空気でした。
しかも今回は、それよりスケールも大きく、期間も長く、
それに加えて彼らのように、
不遇な下積み時代を経験し
地味な仕事をコツコツと続けてた人間やからこそ余計に
調子に乗って(興奮して)もおかしくないんじゃないかしら?
ただ…!
最後の地、沖縄のリゾート感も手伝い、
真っ黒に日焼けした彼らの姿も手伝い、
必要以上に調子に乗って(興奮して)見えたんですねぇ。
見えたんだから仕方ないんですねぇ。こればっかりは…。
いや、イイんですよ。
滅多にないご褒美旅行ですし、
それも仕事の一環という感じが逆にエライなぁとも思えますし。
でも、ぶっちゃけ温度差ってあると思うんですよ。
こちらは既に通常の生活に戻ってて
はい終わった!さぁ次は何?ぐらいの貪欲さやのに(勝手ですが…)
いつまでもホヤホヤしてるエイトの姿を見ると
「はいはい、もぅわかったから…!」って気持ちになっちゃうんですよ。
どれを見ても同じに見えるグラビアに若干飽きがきちゃってるんですよ。
モチロンこれは完全にワタシ個人の意見ですよ。

そして出た今回の新曲。
この曲はターニングポイントであると言われてるように、
より一層関西色の抜けた感じの仕上がりで
いつまでもベタな関西人を売りにしてるから好きだったエイター
ジャニーズらしからぬジャニーズが売りというトコが好きだったエイター
…たちの中にはガッカリしたヒトも少なくないようで。
これからの動向を考えると自然と焦りも出てくる感じでしょうか。
それを聞くとワタシも「今まで支えてきたエイターの声も聞いたげて!」
と思ってしまうのです。

ワタシのように「え〜!遠くに行っちゃうの淋し〜!」
なんてレベルの人は大して問題じゃないんです。
そういう人は離れません。
若しくは結構簡単に離れてケロッとしてたりするからです。
今回ワタシが気にしてるのは、
「彼らが彼ららしくいられれば、どこでも同じ…
でも、彼ららしくいられないのなら、関西にいても同じ
と思ってる人たちのコトです。
いくら全国で自分達の姿を見てもらおうと思っても、
それが彼ららしくなければ意味がない
と思ってる人たちのコトです。
まぁホントの「彼ららしい」姿ってのは
ワタシたちの知り得るところではありませんが。

関西以外の地域の人たちから見たら
彼らはどこを切っても関西人だと思うでしょうが、
同じ関西人から見たら、かなり薄まって見えたりもするんです。
例えば、関西以外の人たちから見たら、
大阪も京都も神戸も同じに映るかもしれないけど、
関西圏の人間から見るとそれは別モンと思えたり…。
東京で関西弁を使ってる人が関西に戻ると
関西弁が抜けてると言われて驚いたり…。
憶測や偏見なんかを抜きにしても、
ずっと関西にいる人たちにしか見えない、
違いや変化ってモノがあると思うんですよ。
そういう彼らの微妙な変化や
そういう事務所の微妙な進路変更が
関西エイターを不安な気持ちにさせ、
関西エイターしか問題視してない…
という事実となってしまったんではないでしょうか。

ワタシは
「ヒナちゃんが指輪してる〜!」とか
「ヒナちゃん髪の毛切った〜!」とか
そんな次元の低いところで騒いでる人間なんで、
そういう彼らの変化には気付かず、
(チャラけて見えるためにやる気は半減してますが←何の?)
今回の件を通して、
大好きエイターさんがそこまで考えてるのを知って、
今一度振り返ってみた次第です。
でも、ワタシ自身としては
全国区のテレビにどんどん露出して
知名度上げてCD売って…というより
関西で、
ジャニーズの肩書きを抜きに
言いたいコトを言い、
言いたいコトを言われるような
番組に出た方が、
彼ら(ヒナ限定?)らしくてイイように思います。
(そういう番組なら関西でなくてもイイんですが、なかなか無いですよね)
そして、どうせ全国区で勝負するなら、
今まで以上に関西色を出した方が
彼ららしくてイイと思います。
昔から彼らを見てるエイターさんが嘆くのは
「デビューの頃は関西色バリバリで勝負しようとしてたやん!」と
いうコトなのかもしれません。
何をするにしても
なるべくエイトが自分達で選んだ道を歩んで行けたらいいなぁと思います。
どんなオトナの事情があるのかはわかりませんが…。




今回に限らず、いつもワタシは
なるべく不快感を持つ人が少ない言葉選びをしよう…
と心がけております。
小心者の八方美人なモンで…。
それによって、
必ずしも素直な気持ちを
包み隠さず表現してるとは限りません。
誤解・曲解を避けるために、
書きたくても書かずに封印するコトも無きにしも非ずです。
それでもまだなお不快に感じた方…
これ以上はワタシ自身責任は持てません。
色んな捕らえ方、色んな感情、
様々であって当たり前ですから。
かえって、ワタシの文章を読むことで
変な洗脳をしてしまう方に責任を感じます。
公の目に触れるとはいえ、自分のブログですし、
最低限のマナーは守ってるつもりです。
今までと同じスタンス
今までと同じテンション
で、やっていこうと思っております。

コメントを下さったうめさん、
…と、同じ感情をお持ちの方々、
今回ワタシは、うめさんとは同じ気持ちにはなれませんでした。
でも、それはそれ。
いろいろあってイイんじゃない?と思っております。

このブログを始めて2年になりますが、
うめさんのように、はっきり「違うのでは」と
コメントして下さったのは今回が初めてです。
そのため、一瞬面食らいましたが、
申し訳ないとは思っておりません。
イヤな気分にさせたかもしれませんが、
その辺何卒ご了承くださいね。
posted by AYA〜♪ at 09:56 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。